フランス

浅田真央の「フランスデート」報道余波

浅田真央が、パリのルーヴル美術館でモデルのロマ・トニオロとの仲睦まじくしている様子を、10月17日発売の週刊誌『フラッシュ』で報じられた。 浅田は黒い帽子をかぶり、その後の記者の取材にも堂々と答えていた。ロマは浅田の肩に手を回し、優しい目で見つめていたという。 ロマは2015年に成田空港で『Youは何しに日本へ?』(テ…

つづきを見る

フランス人には理解不能な日本の「不倫バッシング」

フランスの人々は、日本で著名人の不倫が騒動になることについてびっくりしているようだ。フランスでは、有名人の不倫などはメディアもゴミ扱いにする。さすがに大統領やアラン・ドロンのような国民的スター、スーパーセレブともなればティータイムの話題くらいにはなるが、それもプライベートなことが暴露されたことを憐れんでのことだという。…

つづきを見る

サッカー・ブラジル代表ネイマール「290億円移籍」の舞台裏

世界のサッカー界でとんでもないビッグマネーでの移籍が成立した。 今夏のヨーロッパの移籍市場で、ブラジル代表選手のネイマールが、所属するスペインのバルセロナからフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍を果たした。発生する契約解除に伴う違約金は2億2200万ユーロ(約290億円)にも及ぶとみられる。 「移籍金で小さな…

つづきを見る

ペンとポストカードだけを武器にナチスに抵抗した夫婦の実録映画

  映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ヒトラーへの285枚の葉書』 アルバトロスフィルム配給/7月8日よりヒューマントラスト有楽町ほかで公開 監督/ヴァンサン・ペレーズ 出演/エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソンほか 論点が深まらないまま、あれよあれよと成立してしまった『共謀罪』。戦前の日本やナチスドイツのような時代…

つづきを見る

Beautiful couple drinking rose wine

フランスで「ロゼワイン」が定番になりつつある理由

白でも赤でもないロゼワインに対して、日本人が持つイメージは“ワインビギナー向け”、“甘ったるい”というものが多い。ところが、フランスでは、いまやロゼワインの消費量が白ワインを抜くほどの人気だ。席に着き、最初の1本(1杯)にはロゼを頼むのが定番になっているという。どうしてロゼが人気になのか? フランスだけでなく世界のワイ…

つづきを見る

A・ドロン引退宣言で見返したい「トライアングル・ラブ」の名作

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『冒険者たち』 フランス/1967年 監督/ロベール・アンリコ 出演/アラン・ドロンほか 先日、テレビのニュースで「往年のフランスの人気俳優アラン・ドロンさんが…」と聞いたところで、えっ、ドロンが死んだの? と早合点してしまった。実は、「もう、こ…

つづきを見る

スナイパーが標的を狙う凄みに注目!傑作映画「ジャッカルの日」

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『ジャッカルの日』 イギリス=フランス/1973年 監督/フレッド・ジンネマン 出演/エドワード・フォックスほか 新作でも“JFK暗殺もの”のバリエーションであるナタリー・ポートマン主演の『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』もあることだし…

つづきを見る

雲の一種「ケムトレイル」を消し飛ばしたUFOの真意

UFOが『ケムトレイル』を消し飛ばす場面が撮影された。 ケムトレイルとは、飛行機が化学物質を空中に撒きながら飛行することで発生する、飛行機雲に似た長細い雲のことだ。 9月末に、フランスのパリの空でケムトレイルが発生した。UFOマニアは「飛行機雲(コントレイル)だという説もあるが、飛行機雲よりはるかに長時間、空中に残り続…

つづきを見る

フランス観光業ピンチ! テロ余波で『ルーブル美術館』も閑古鳥

無差別テロによって欧州全土を恐怖に陥れる――。どうやら、過激派組織『IS(イスラム国)』の狙い通りの展開になりつつある。 パリを歩けば、拳銃を持った警察や軍がそこら中にいる。至るところで、警察パトカーのサイレン音が聞こえる。観光客はいつもより少なく、人もまばらで閑散として寂しい雰囲気だ。街ゆくフランス人の会話からも、テ…

つづきを見る