フランス

佐藤健“2万円の写真集”発売決定…「紙だぜ!?」「強気の値段」

俳優の佐藤健が、初のアートブック『Beyond』を発売すると発表した。しかし強気すぎる価格が物議を醸している。 今回、フランス・パリを舞台に2日間にわたって撮影を敢行。いわゆる写真集ではなく〝アート作品〟とのことで、後世に残る作品をコンセプトに制作されたという。 佐藤の公式YouTubeチャンネルでは、撮影の裏側を映し…

つづきを見る

杏の好感度急落…私生活の切り売りに「意識高い系の雰囲気が恥ずかしい」

俳優の杏が11月10日にYouTubeチャンネルを更新。日本に一時帰国していることを明かした。 杏は『日本に一時帰国していたので、またパッキングをしました』と題した動画を投稿。今年8月から家族でフランスへ移住していたが、映画の撮影のため日本に一時帰国した事を報告した。 動画内ではフランスに持っていくものをパッキングする…

つづきを見る

杏が“フランス移住”の理由を告白! 子どもたちに離婚の真相を説明か…

俳優の杏が、10月27日に自身のYouTubeへ新たな動画を投稿し、移住先にフランス・パリを選んだ理由について明かした。 杏は、今年8月にYouTubeチャンネル『杏/anne TOKYO』へ投稿した父・渡辺謙との料理動画で、フランスへの移住を発表して大きな話題に。 以降の動画では、パリの街を愛犬・じろうとともに散歩し…

つづきを見る

『モニタリング』スタッフをパリの外国人がディス「そんな働き方は間違ってる」

6月9日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、外国人がスタッフの行動をとがめた。視聴者は「仰る通り」「もっと言って」と共感している。 フランス・パリに番組が初上陸。日本で放送されてきた「わらしべ長者モニタリング」をパリに持ち込んだ。 同企画は街角でテーブルに物を置き「物々交換してください」と看板…

つづきを見る

仏サッカー代表が猫虐待で大炎上!「フランス代表はやべぇヤツばかり」

革命歌が現在も国歌になっているお国柄か、血気盛んな不祥事が恒例行事のサッカーフランス代表。2月8日にまたしても問題行動が報じられ、物議を醸している。今回問題となっているのは、サッカークラブ『ウェストハム・ユナイテッドFC』所属のDFクル・ズマ選手の兄弟が投稿した動画だ。 この映像は、ズマ選手が飼い猫に暴力を振るっている…

つづきを見る

元論破王・ひろゆきの“マヨネーズ”ディスに冷笑「マウント取るな」

今年の夏に数々の有識者やネットユーザーから論破され、論破王から〝逆張り王〟に称号が変わった〝ひろゆき〟こと西村博之氏。最近では彼を盲信していた〝ひろゆキッズ〟からも見放され、過去の発言までイジられているようだ。 今回話題に上がったのは、ひろゆきがマヨネーズに関して持論を述べる動画。ひろゆきは「貧困家庭が何食ってるかみた…

つづきを見る

論破王・ひろゆき“ピュータン論争”に再び言及「またやりだしたのか」

フランス語に関する知識・認識の大いなる見当違いが露呈し、ブレーク中の勢いに急ブレーキをかけたネット有名人の〝ひろゆき〟こと西村博之。この話題が鎮火しかけていた8月上旬、ひろゆきが自ら〝燃料〟をくべ、再炎上している。 当サイトでも既報のため詳細は割愛するが、ひろゆきは言語学者・F爺こと小島剛一氏から一切の隙がない論破を喰…

つづきを見る

五輪サッカー仏代表の“悪質ファール”が物議「逮捕案件」「日常だと犯罪」

東京五輪・男子サッカーのグループリーグ最終節が、7月28日に行われた。同日は日本対フランスの試合が行われたが、フランスの選手が〝悪質ファール〟を繰り出し、ネット上で物議を醸している。 問題の場面は、日本が3点目を獲得した後半27分あたりのこと。フランス代表のランダル・コロムアニ選手が、別選手とボールを奪い合う日本代表・…

つづきを見る

論破王・ひろゆきのメッキが剥がれた!? 斬新すぎる主張に失笑「恐怖を感じた」

〝F爺〟こと言語学者の小島剛一氏から論破されるも反論を続け、とうとう論破王のメッキが剥がれてしまった〝ひろゆき〟こと西村博之氏。名誉挽回のために自身のYouTubeで野球について持論を展開したのだが、むしろ嘲笑を浴びる結果になってしまったようだ。 「今までは論破王の異名をほしいままにしていたひろゆきですが、SNSが身近…

つづきを見る

論破王・ひろゆきが“ネット民”のおもちゃに…YouTube配信で罠にかかる!

F爺こと言語学者の小島剛一氏から〝論破〟されるも反論を続け、連日ネット中の嘲笑を浴びているひろゆきこと西村博之氏。自身のYouTubeではこの話題を検閲してきた彼が、ついに〝トラップ〟に引っかかったと話題になっている。 「現在のひろゆきは『Putain』の解釈をめぐり、連日にわたって反論するも、その度に小島氏から言論の…

つづきを見る