ベッキー

ベッキー『志村どうぶつ園』最後まで許されず! 冷徹措置に賛同の声

9月26日、志村けんさんが司会を務めていた冠番組『天才! 志村どうぶつ園』(日本テレビ系)が、16年の歴史に幕を下ろした。グランドフィナーレとあって、過去の放送が総ざらいされる中、完全に存在を消された人物がいる。2016年までレギュラーを務めていたベッキーだ。 ベッキーは番組開始当初からのレギュラーだったが、16年の〝…

つづきを見る

小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感!

〝高好感度タレント〟の代表格であった「こじるり」こと小島瑠璃子が、猛烈なスピードで世間から嫌われ始めている。 「ワイドショー番組はノータッチですが、小島は8月3日発売の『週刊ポスト』で、実写映画も大ヒットした人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚。その後は『週刊文春』が後追い記事を掲載し、原氏・小島・元妻…

つづきを見る

小島瑠璃子の“不倫イジリ”に怒り声「お前が言うな」「ポストベッキー」

大人気漫画『キングダム』作者・原泰久氏との不倫疑惑が浮上しているタレントの小島瑠璃子が、〝不倫ネタ〟で他人をイジり、視聴者の批判を浴びてしまった。 小島は、8月27日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)2時間SPに出演。新企画「芸能人シルエットクイズ!」で、シルエットで映し出された有名人が誰なのかを当てて…

つづきを見る

小島瑠璃子“略奪愛”疑惑に非難殺到「第二のベッキー」「矢口に似てる」

〝こじるり〟ことタレントの小島瑠璃子に〝略奪愛〟疑惑が浮上。ネット上では〝ベッキー2世〟と揶揄する声が上がっており、このままでは今後の芸能生活に支障を来す可能性もありそうだ。 小島は8月3日発売の週刊誌に、人気漫画『キングダム』の作者で19歳年上の原泰久氏と腕を組みながら買い物をしている姿をスクープされた。小島が『キン…

つづきを見る

最初から嫌われてた? 星野源…ベッキー…宮迫博之…“炎上芸能人”の共通点

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府から発令された外出自粛要請。テレビ業界においては、新規収録を取りやめ、実質社内ロックダウンを実施している局も多い。そんな中、歌手の星野源がSNSで楽曲『うちで踊ろう』を発表し、この曲とのコラボを求めた。 高畑充希や『バナナマン』など芸能人が続々とコラボする中、4月12日には安倍…

つづきを見る

ベッキー“志村けん死去”であの番組に復帰!?「いてほしいな」の声も

新型コロナウイルスによる肺炎のために亡くなった志村けんさんの追悼特番として、4月4日に『天才!志村どうぶつ園 特別編』(日本テレビ系)が放送された。 まず冒頭に『嵐』相葉雅紀が、「志村さんが亡くなられたことは信じられませんし、受け止めることができません。嫌、嫌です。悲し過ぎます」と涙ながらにあいさつ。それから過去のVT…

つづきを見る

ベッキー“毎日泣いてた”心労アピール大失敗「泣きたいのは絵音の元嫁」

タレントのベッキーが、3月7日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に出演。テレビ出演全盛期、多忙を極めた日々について語った。 自身の全盛期だった20代を振り返ったベッキーは、「バラエティーのレギュラー7、8本やりながら、主演ドラマを撮っていたときがあって。大学にも通っていた」と、多忙な…

つづきを見る

ベッキー“開き直りの不倫ネタ”に大嫌悪の声「もう無理」「引退して」

タレントのベッキーが2月29日に放送された『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に出演。さっぱりした表情で〝ゲス不倫〟を開き直るかのような言動の数々に、視聴者からは物議を醸す声が上がっているようだ。 同番組は、店の大将に扮した『オードリー』春日俊彰と常連客に扮した若林正恭が、ゲストとともに本音…

つづきを見る

ベッキー“人生経験生かす”発言に呆れ声「人の家庭を壊したことですか?」

タレントのベッキーが出演する映画『初恋』が、2月28日に公開される。公開に向け、数々のインタビューがアップされているのだが、その〝トボけた〟内容にネット上では呆れの声が続出している。 同作は、三池崇史監督にとって初めてのラブストーリーで、窪田正孝が主演。ベッキーは、半グレ上がりの男の恋人が殺され、復讐の鬼と化すジュリを…

つづきを見る

デヴィ夫人“ご意見番”失格!? 「唐田えりかとベッキー何が違うんだ?」

タレントのデヴィ夫人が1月24日、自身のツイッターを更新。俳優の東出昌大と女優の唐田えりかの〝ゲス不倫〟について言及した。 デヴィ夫人は、《唐田さんは『10代最後の夏、大恋愛した』と語っていたが、東出さんには杏さんという奥様がいることは知っていたはず。杏さんの気持ちも考えず3年も不倫を続けた彼女の罪は重く、家庭崩壊の悲…

つづきを見る