ホラン千秋

ホラン千秋の“告白エピソード”に賛否「好感持てる」「計算高いな」

タレントのホラン千秋が、6月23日放送の『あいつ今何してる? 2時間SP』(テレビ朝日系)に出演。高校時代の淡い恋を暴露し、ネット上で話題になっている。 この日、番組でホランが挙げたのは、高校時代の同級生の男性。高校卒業後の男性の進路について、「和菓子の専門学校に行ったんじゃないかな?」と話した。実際に男性はパティシエ…

つづきを見る

ホラン千秋の“茶色い手作り弁当”に黒柳徹子も苦笑い「やべーな」「凄くいい」

2月10日、タレントのホラン千秋が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に初出演。トーク内で手作り弁当を公開したのだが、視聴者と黒柳徹子からはビミョーな反応があがってしまった。 徹子から「お母様はお料理得意だったんですって?」と尋ねられたホラン。いわく、アイルランド人の父が和食嫌いだったため、母は家族用の和食と父用の洋食の2パ…

つづきを見る

TBS・笹川友里アナが退社を発表! 女子アナ流出の原因は起用センスの無さ?

TBSの笹川友里アナウンサーが2月7日、自身のインスタグラムを更新。2月いっぱいで同局を退社すると明かした。 笹川アナは《2月末でTBSを退社致します》と報告。《ADとアナウンサーどちらも経験させて頂いた 8年間の会社員生活で築けた 沢山の思い出と経験と一生物の仲間を大切にしながら 今後も人生を歩んでいこうと思…

つづきを見る

ホラン千秋の“隠れビッグパイ”に熱視線!「ボイン千秋に改名しなさい」

タレント・ホラン千秋の「色気がすごい!」とネット上で話題になっている。 ホランは現在、ニュース番組『Nスタ』(TBS系)にキャスターとしてレギュラー出演中。そして、ここ最近はバストを強調したニットや、薄手のブラウスを多用し、男性ファンを大コーフンさせているようだ。 ホランは、アイルランド人の父親と日本人の母親の間に生ま…

つづきを見る

ホラン千秋の“上から目線”に猛反発!「私はだいぶ上にいますよって感じ?」

タレントのホラン千秋が8月19日、『バイキング』(フジテレビ系)に出演。ネットの誹謗中傷に対する発言が物議を醸している。 番組は、常磐自動車道のあおり運転殴打事件を巡り、ネット上で〝ガラケー女〟としてデマを流された会社経営者の女性が、愛知県豊田市の元市議へ損害賠償を求めた裁判をピックアップ。元市議に名誉毀損で、33万円…

つづきを見る

三浦春馬さんに3分間のメッセージ… ホラン千秋の思いに視聴者も涙

タレントでキャスターのホラン千秋が7月20日、ニュース番組『Nスタ』(TBS系)にレギュラー出演。同じ事務所所属で先ごろ死去した俳優・三浦春馬さんへの思いを涙ながらに語った。 約3分間にもわたる三浦さんへのコメントは異例だった。井上貴博アナウンサーから「ホランさんは三浦さんと同じ事務所でした」と話を振られると、彼女は「…

つづきを見る

『バイキング』放送時間“拡大”報道にガッカリ声…「地獄じゃん」

昼の情報トークバラエティー『バイキング』(フジテレビ系)が、10月から放送時間を3時間に拡大すると報道され、物議を醸している。『バイキング』といえば、『週刊女性』がMC・坂上忍のパワハラ疑惑と9月末での終了を報じたが、一転して放送枠拡大のリニューアルとなるわけだ。 一部スポーツ紙の報道によると、『バイキング』の後番組で…

つづきを見る

『バイキング』次の司会者はホラン千秋!? スタジオでの討論に絶賛の声

今年9月末での〝打ち切り〟が報道された、坂上忍が司会を務める情報番組『バイキング』(フジテレビ系)。そんな同番組の6月17日放送回に、タレントのホラン千秋がゲスト出演し、視聴者から絶賛の声が寄せられている。 「『バイキング』の打ち切りについては、6月16日発売の『週刊女性』が報じています。同誌によると、打ち切りの要因に…

つづきを見る

突然現れた!? “出どころ”がナゾ過ぎる芸能人たちの意外なルーツとは…

テレビに出演するのが当たり前に感じられる芸能人たちだが、よくよく考えてみると「出どころやブレークのきっかけ」がピンと来ない人もいる。そんな「ルーツが謎」な芸能人をチェックしてみよう。 まずは、『Nスタ』(TBS系)のキャスターやひな壇タレント、女優業と幅広いフィールドで活躍しているホラン千秋。彼女は、2005年2月スタ…

つづきを見る

加藤綾子が大苦戦!? ホラン千秋の“魅力”に全く歯が立たず…

女子アナ界で圧倒的な人気を誇る〝カトパン〟こと加藤綾子に、予想もしない難敵が現れた。TBSに出ているホラン千秋だ。 加藤は、4月1日よりフジテレビの新夕方ニュース『Live News it』のMCとして登場。同日の視聴率は初回にもかかわらず、最高の時間帯で4.6%という低さ。「惨敗」「爆死」と書くマスコミが続出した。 …

つづきを見る