ボランティア

保阪尚希の“事業”にファン心痛…「羽賀研二と同じようにならないで」

俳優の保阪尚希が情報商材詐欺グループの広告塔になっていたと、11月26日発売の『週刊女性』が報じ、ファンをざわつかせている。 記事によると、保阪は「月収が3倍」「使用するのはLINEのみ」「98%の勝率」などをキーワードに、海外のスポーツ賭博『ブックメーカー』を利用した情報商材の〝特別アンバサダー〟を務めていたという。…

つづきを見る

イメージと違う!? 紗栄子の“ボランティア活動”に「良いヤツじゃん」

タレントの紗栄子が9月12日、自身のインスタグラムを更新。台風15号で甚大な被害を受けた千葉県鋸南町に物資を届けてきたことを報告した。 「紗栄子さんといえば、過去に野球選手のダルビッシュ有投手との離婚の際、多額の養育費を請求しているなどの疑惑が浮上していましたね。また離婚後に付き合った恋人が、大物音楽プロデューサーの大…

つづきを見る

地獄の『東京五輪』ボランティア「学徒動員」タダ働き強要の恐怖

「やりがい搾取だ!」との批判が相次いでいる2020年東京五輪のボランティア募集。ボランティアとは単なる無報酬の奉仕活動という意味ではなく、自己の自発的・主体的な意思によって社会問題の解決や必要とされている活動を行うことを意味している。 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、競技会場などで運営に直接携わる「大会ボランティ…

つづきを見る

「金欠地獄」東京五輪…今度はメダルの材料を小中学生から徴収

東京五輪がまたまた“マイナスな話”で世間を騒がせている。今度は何とメダルの材料不足だ。 メダルの原材料は使用済み携帯電話等の小型家電リサイクル金属で、金・銀・銅の合計約5000個のメダルを製作する予定だという。 これまでの回収で金と銅のメダルに必要な量はメドがついたが、 銀は確保できておらず、学校との連携で五輪に間に合…

つづきを見る

吉川晃司『被災地ボランティア』のコメントに「ジャニーズとは大違い」

ロック歌手で俳優の吉川晃司が、先の集中豪雨と洪水被害、さらには記録的猛暑で苦しむ西日本各地の被災地に足を運び、ボランティア活動に励んでいたことが分かった。 「それはマスコミ報道ではなく、上下黒ずくめにマスク、白いタオルを頭と首に巻いたいで立ちの吉川がボランティアの輪に加わっている画像が“目撃情報”としてツイートされたこ…

つづきを見る

東京五輪「暑さ対策」と「ボランティア」募集の中身がヒド過ぎる

先ごろ、東京都の小池百合子知事は共同通信のインタビューで、開幕まで2年に迫った2020年東京五輪・パラリンピックで課題になる暑さについて「対策のグレードを上げ、応援団や観客も快適に応援できる環境づくりをしたい」と語った。 小池知事は霧状の水をまくミストシャワーの設置や路面の温度上昇を抑える特殊な舗装などの環境整備を進め…

つづきを見る