ポップUP!

『笑っていいとも』そっくり!? フジテレビ新昼番組に「似せた感ある」

1月9日に満を持してスタートした『ポップUP!』の後を継ぐ昼の帯番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)。産声を上げたばかりの番組に対する、視聴者の評価は…。 番組は観客を入れた生放送の公開バラエティー。「ポップUP!」からかなり路線変更し、情報よりお笑いのウエイトを高めている。 第2回の放送となった10日には、マツコ・デラッ…

つづきを見る

新番組『ぽかぽか』に厳しい意見「すぐ終わりそう」「ポップUPとの違いは…」

昨年12月23日に終了したフジテレビ系お昼の情報番組『ポップUP!』の後継番組として、1月9日から『ぽかぽか』がスタートした。 お笑いコンビ『ハライチ』とフリーアナウンサーの神田愛花がMCを務める同番組だが、すでに視聴者からの評判は散々なようだ。 「ぽかぽか」は〝みんなの楽しいが集まる場所!〟が合言葉の、3時間生放送の…

つづきを見る

『ラヴィット!』放送禁止用語で謝罪…意外過ぎる理由に驚きの声

コンプライアンス問題が厳しくなり、昨今のテレビ業界はさまざまなルールでがんじがらめになっている。 しかしそんな厳しい時代とはいえ、放送禁止用語を流してしまうアクシデントがゼロになるわけではない。 2022年に放送禁止用語を使ってしまった番組を一挙に紹介していこう。 日本代表の大活躍で、日本中にサッカーフィーバーが起こっ…

つづきを見る

『ポップUP!』ひっそり最終回! 新番組『ぽかぽか』で汚名返上なるか

俳優・坂上忍が司会を務めた情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系、以下同)の後続番組として、今年4月から始まった『ポップUP!』が、12月23日の放送をもって終了した。 早期打ち切りを揶揄する声もあるが、後続番組もすでに暗雲が立ち込めているようだ。 「ポップUP!」はお昼の情報番組としては、放送期間わずか9カ月と…

つづきを見る

ベテラン俳優が突然の芸能活動休止! その理由に「泣けてしまった…」

12月6日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)に、ベテラン俳優の風見しんごが登場。年内での芸能活動休止を発表した。 突然の休止宣言だったが、ネット上で「応援してます」「考え方がかっこよすぎる」など、大きな反響を呼んでいる。 番組にゲスト出演した風見は、現在6年間も1人暮らしをしていると告白。次女のアメリカ留学に伴って…

つづきを見る

「平愛梨ソックリ!」W杯で“美人すぎるサポーター”SHONOが大ブレーク

FIFAの国際映像に映り込み、「美人過ぎる!」と話題になったメタルバンド『PARADOXX』のドラマー・SHONOが11月30日、インスタグラムを更新。改めて彼女の華やかなビジュアルに注目が集まっている。 「SHONOはサッカー王国・静岡県浜松市出身で、大のサッカー好き。2015年のミスiDにて『ミスiD2016 CH…

つづきを見る

ピン芸人が元サッカー日本代表へ失礼行為?『ポップUP』リサイクル企画が波紋…

ピン芸人のゆってぃが、11月10日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)に出演。サッカー選手への失礼行為に視聴者がドン引きしている。 「自宅の不用品&お宝リサイクル」企画で、ゆってぃの自宅を訪問。今年3月に元グラビアアイドルの石川あんなと結婚したゆってぃは、今回も変わらぬラブラブっぷりを見せつける。 寝室に入る際に〝ル…

つづきを見る

『相棒』『舞いあがれ!』出演も…フォロワー900人以下のコネタレントが波紋

人気モデル・トラウデン直美の弟として知られるトラウデン都仁。今年の活躍にはめざましいものがあるが、その実、あまり人気は伴っていないようだ。 都仁は今年12月で20歳を迎える若手タレント。モデル・バラエティー・俳優業と幅広く活動しており、ここ2年ほどは多くの番組に出演している。 特に今年の活躍は凄まじく、4月からは新番組…

つづきを見る

フジテレビ『silent』ゴリ押し! 社会現象でっち上げに「恥ずかしい」

10月21日放送の情報番組『ポップUP!』(フジテレビ系)で、局ドラマを無理やり自画自賛して呆れ声が殺到している。 この日の番組は、木曜日に放送中の川口春奈・目黒蓮が出演するドラマ『silent』(フジテレビ系)を特集。〝3週連続ツイッター世界トレンド1位〟であることを自慢し、視聴率6%台でありながら〝社会現象になって…

つづきを見る

ハライチ“お昼の番組MC”就任前から暗雲…炎上体質の岩井に問題が?

来年1月からスタートするフジテレビ系の昼番組『ぽかぽか』で、MCを務める『ハライチ』岩井勇気に黄色信号が灯っている。以前、同じ枠で放送されていた『バイキング』のMCを務めていた坂上忍以上の〝炎上〟が懸念されているという。 「岩井はかねてから物申す系芸人で、持論の吐露により、賛否を巻き起こすことがしょっちゅうありました。…

つづきを見る