ラブシーン

板野友美が出演映画に“苦言”を呈し批判殺到「文句だけは1人前」

かつて『AKB48』の〝神7〟として人気を博した板野友美が9月1日、都内で行われた映画『プリズン13』の公開記念舞台あいさつに登場した。そこで発せられた板野の何げない発言が、ネット上で「勘違いの女優気取り」などと大ヒンシュクを買っている。 同映画は、〝7日間の実験で100万円の高額報酬〟という好条件につられた男女12人…

つづきを見る

小池徹平が“口移し&ディープキス“の超エロス演技で「奥さん大丈夫?」

8月8日から配信がスタートしたAbemaTVの連続ドラマ『奪い愛、夏』で、かなり過激なラブシーンが演じられ、話題になっている。 同ドラマは2017年に放送されていた『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)の続編にあたる作品。年商100億円のマッチングアプリ会社『ラブネクスト』を舞台に、広報部社員・桐山椿を演じる小池徹平と空野杏役…

つづきを見る

まいんちゃん福原遥“太モモまさぐり”ラブシーンに「ファンはつらいだけ…」

8月1日、MBSの深夜ドラマ『コーヒー&バニラ』第5話が放送され、〝まいんちゃん〟の愛称でおなじみの若手女優・福原遥のキスシーンが連発されたことに、多くのファンが絶叫した。 福原とイケメン俳優の桜田通がメインキャストを務める同ドラマは、人気少女漫画を実写化したもの。原作は胸がキュンとするような描写の他、キスシーンやベッ…

つづきを見る

見ちゃいけない感覚! 有名子役たちのラブシーンに「耐えられない…」

子供のころから芸能界で活躍し、多くの視聴者から甥や姪を見守る感覚で応援されてきた元子役たち。彼ら彼女らが大人になってからもテレビに出ていることは大いに微笑ましいが、複雑な気持ちにさせてしまうのがラブシーンだ。 『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK)に出演し、たくさんの〝大きなお友達〟を獲得したまいんちゃん…

つづきを見る

まいんちゃん福原遥が“マッパ”!? ベッドシーン解禁にファン発狂

女優・モデル・タレントと幅広く活躍する福原遥が、出演中のドラマ『コーヒー&バニラ』(毎日放送)にて、ついにベッドシーンを披露した。 同ドラマは、シリーズ累計450万部を誇る人気少女漫画の実写版。原作には少女漫画らしくキスやベッドシーンといった〝胸キュン〟シーンが多く、ドラマでも忠実に再現されている。そのため、ヒロイン役…

つづきを見る

雛形あきこ“股間まさぐり” 過激ラブシーン「旦那の発狂が心配…」の声

6月1日、フジテレビ系の新ドラマ『仮面同窓会』第1話が放送され、雛形あきこと佐野岳の過激なラブシーンに心配の声が続出する事態となった。 同ドラマは、高校時代の親友4人が体罰教師への仕返しを画策したところ、思わぬことから殺人事件に発展してしまうサスペンス。佐野演じる皆川希一は仕返しを企てた4人の1人で、雛形は体罰教師と不…

つづきを見る

松坂桃李『パーフェクトワールド』のキスシーンに批判「これは性的暴行」

5月7日放送のドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)第3話で、松坂桃李のキスシーンが披露された。しかも、恋人役を演じる山本美月とだけでなく、松坂に思いを寄せる看護師役とのキスシーンもあった。山本とのキスシーンには「美しい」などと大きな反響が寄せられたが、看護師役とのキスはシチュエーションの〝まずさ〟もあり、視聴…

つづきを見る

最大24コ差!年齢差があり過ぎる『ベッドシーン』を演じた役者たち

恋愛ドラマや映画で欠かせないベッドシーンだが、男女の年齢差があり過ぎて「全然キュンとしない…」「むしろ気持ち悪い」などとドン引きされたものもある。 2017年12月に放送されたドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(日本テレビ系)では、女優の藤原紀香が鈴木伸之との濃厚ベッドシーンに挑戦。藤原は胸をさらけ出し、…

つづきを見る

トリンドル玲奈「濃厚ベッドシーン」も“脱ぎ損”で大ピンチ!?

モデルで女優のトリンドル玲奈が窮地に陥っている。1月20日から始まった主演ドラマ『パーフェクトクライム』(テレビ朝日系)が、早くも“爆死”との評判なのだ。 同ドラマは、電子コミックで700万ダウンロードを突破した同名作品の実写化。上司や同僚との危険な恋の罠に堕ちていくヒロインの姿を描き、“オトナ女子”からの人気が高い。…

つづきを見る

生々しくてセクシー! 『キスシーン』が上手すぎる俳優&女優

 恋愛ドラマなどで欠かせないのがキスシーン。この良し悪しによって、視聴者の心を一気につかんだり、逆に冷めさせたりしてしまう。 キスシーンは演技のウマいヘタとは別のジャンルで、「演技が上手」=「キスシーンがウマい」というわけでもない。そんな中で、異様にキスシーンが上手といわれている俳優たちを紹介していこう。 まずは窪田正…

つづきを見る