レコード大賞

土屋太鳳“タオパイ”限界突破パツパツ衣装に大興奮!「文句なしで大賞」

1月7日、女優の土屋太鳳がインスタグラムを連続で更新。昨年12月30日に放送された『第61回 輝く! 日本レコード大賞』(TBS系)での舞台裏写真を連投し、相変わらずの見事な〝タオパイ〟を見せつけた。 土屋は『日本レコード大賞』で、肩が出たワンショルダーデザインの和柄ドレスを着用。ほぼチューブトップのような仕様で、巨大…

つづきを見る

『レコード大賞』は茶番!? 権威失墜で囁かれる“打ち切り説”の真偽

12月30日に放送される毎年恒例の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)だが、ここ数年は視聴者から「番組の存続意義なし」などと、厳しい声が繰り返し上がっている。 レコード大賞は1959年に創設され、歌番組の〝権威〟としてその存在感を示していたが、近年はレコード会社や芸能事務所の力関係で受賞者が決まっていることが、週刊誌…

つづきを見る

土屋太鳳“2年連続レコ大司会”に心配の声「去年のカミカミの悪夢が…」

女優の土屋太鳳が12月6日、自身のインスタグラムを更新。年末30日に放送される『第61回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会を務めることを報告した。 View this post on Instagram すっかり冬らしい季節となりました! そんな朝に、 このお知らせをお伝え出来ることが 本当に本当に嬉しいです。…

つづきを見る

ジャニー喜多川「レコ大に圧力」恐るべき裏の顔に“子供たち”もドン引き!

音楽プロデューサーの福田裕彦氏が7月9日、自身のツイッターを更新し、過去に『レコード大賞』がジャニー喜多川氏の〝鶴の一声〟によって、土壇場で大賞受賞者がひっくり返ったことを暴露し、話題になっている。 寝ようと思ったらジャニーさんの訃報。もう25年以上前、既に「××にレコ大よこさなければ今後お前の局にはうちのタレントは一…

つづきを見る

『DA PUMP』新曲「桜」に込められた「レコ大」への怨念とは

昨年『U.S.A.』の大ヒットで16年ぶりに『NHK紅白歌合戦』の出場を果たすなど、再ブレークを果たした『DA PUMP』が、3月6日にリリースされる新曲『桜』のMVを解禁し、話題になっている。 新曲『桜』は、前作から一転、日本の四季と日本語の美しさを全面に押し出したナンバーとなっており、中でもメンバーTOMOがしだれ…

つづきを見る

土屋太鳳『日本レコード大賞』初司会で“オワコン”から脱却なるか?

2018年の音楽界を代表するアーティストや楽曲に送られる『第60回輝く!日本レコード大賞』が、12月30日午後5時30分からTBS系で放送される。 今年は例年より放送時間を拡大。予想ではDA PUMPの『U.S.A.』がレコード大賞の本命といわれているが、果たしてどうなるのだろうか。 今年の番組進行役となる総合司会は、…

つづきを見る

『DA PUMP』も犠牲に!? 信頼失った「レコード大賞」黒歴史

『第60回日本レコード大賞』の各賞が11月15日に発表され、大賞候補となる優秀作品賞に10組、『最優秀新人賞』候補となる新人賞に4組が選出されたことが報じられた。 優秀作品賞には連覇を狙う『乃木坂46』や『AKB48』らの名前が挙がっているが、最有力候補は『U.S.A.』が若者の間で大ヒットした『DA PUMP』といわ…

つづきを見る

game over written by 3d hand

『レコード大賞』視聴率次第では「打ち切り」の噂が再燃へ

12月30日の17時半から放送される『第59回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)。今年は没後10年、作詞活動50年、生誕80周年のメモリアルイヤーに当たる作詞家の故・阿久悠氏がレコード大賞特別賞を受賞したことを記念して、39年ぶりに阿久氏の“秘蔵っ子”である『ピンク・レディー』が出演することが発表され、話題となって…

つづきを見る

なぜYoutTubeで「ピンクレディー動画」再生が急増したか

最近になって『ピンク・レディー』のYouTube再生数が急増している。これには、“ある理由”が存在するようだ。 1970年代に大きなブームを巻き起こした女性ユニットのピンク・レディーが、12月30日に放送される年末恒例の音楽番組『第59回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)に出演することが明らかになった。没後10年、…

つづきを見る

レコード大賞「内部告発報道」も選考に影響なしの公算大

昨年、“1億円買収報道”で権威が失墜した日本レコード大賞に、再び衝撃が走った。 昨年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた作曲家の叶弦大氏が、一部週刊誌上で“芸能界のドン”がレコード大賞を私物化していると名指しで告発したのだ。 日本作曲家協会会長の叶氏は、昨年までレコード大賞で大きな職責を担っていたが…

つづきを見る