ロシア

ロシアで発見されたUFOらしき謎の物体

ロシアにあるクズバスラズレズゴル鉱山会社の炭鉱労働者が、地下40メートルでディスク状の物体を掘り出し、「UFOの残骸じゃないか」、「エイリアンの遺物だ」と冗談を言っていたという。 実はこれに先んじて、そっくりな物体が、遠方のボルゴグラードでも発見されていたという。ともに直径120センチメートルで、重さ200キログラムほ…

つづきを見る

世界が注目するロシアの「UFO情報開示」

『パラダイム・リサーチ・グループ・インターナショナル』(PRG)のエグゼクティブ・ディレクターで、アメリカでエイリアンとUFOの情報公開のロビー活動をしているスティーブン・バセット氏は、ロシアの当局者とUFO情報開示の交渉中だという。 そのバセット氏が8月下旬にPRGのサイトなどで、次のように明かした。 「わたしは5月…

つづきを見る

ロシアから発信される謎のラジオ放送「UVB-76」の正体

ロシアで謎のラジオ局が1970年代からノイズを放送し続けている。その理由はいったい何なのか、存在理由すらもまったく分かっていない。 軍事マニアはこう語る。 「ブザー音を流し続けているとされるロシアのラジオ局『UVB-76』は、周波数4625キロヘルツで、マニアのあいだでは“ザ・ブザー”と呼ばれています。ときどきロシア語…

つづきを見る

なぜ精度向上?北朝鮮ミサイル開発の裏にいるのは…

北朝鮮の国営報道機関『朝鮮中央通信』は先ごろ、「“精密制御誘導システム”を導入した新たな弾道ミサイルの試験発射において、目標点に“7メートル”の誤差で正確に命中した」と報じた。これは、5月29日に日本海に向けて発射した弾道ミサイルを指してのものとみられる。 「ミサイルを正確に目標地まで飛行させるためには、誘導するナビゲ…

つづきを見る

「北朝鮮利権」奪取へ奔走するロシア

先ごろ、ロシア極東空軍は露朝国境付近の「防空識別圏」で厳戒態勢に入った。ロシアの新聞『プラウダ』の英語版が4月6日に伝えたもので、ついにロシアも第2次朝鮮戦争に備え始めたようだ。 実は、金日成と金正日の親子が潜んでいたのは旧ソ連極東領内であり、正日はロシア人名『ユーリイ』を名乗っていた。それだけ両国関係は古く、一時は中…

つづきを見る

ウクライナにタイムトラベラーが出現!?

ウクライナの犯罪者、セルゲイ・ポノマレンコ氏が、タイムトラベラーではないかと注目を集めている。 2006年にウクライナの首都キエフの通りで、記憶を失った若い男性がさまよっていた。男性は50年ほど時代遅れの服装だった。そして、持っていた数十年前に発行された身分証明によると、名前はセルゲイ・ポノマレンコ。ソ連からウクライナ…

つづきを見る

古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。 ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極…

つづきを見る

Big Imperial Crown Over Russian Flag

プーチン大統領のレリーフiPhone7がロシアで発売!驚愕のお値段は?

ロシアのプーチン大統領といえば、圧倒的存在感を放っている世界的政治家の一人。 12月に来日をし、安倍首相と会談をする予定になっています。 延べ12年間ロシア連邦大統領を務めるほどに人気を誇るプーチン大統領ですが、彼が迎えた今年10月7日の誕生日を記念して、凄いものが発売されました。   プーチン大統領の誕生日を記念して…

つづきを見る

ロシアと中国が自国の「金」備蓄量を増やしている理由

世界中の中央銀行が“有事の備え”といわれる金の保有量を増やしている。 その中でも、ロシアと中国の動きが際立っている。 ロシアの国家備蓄としての金保有量は約1460t。日本の保有量は約765tでロシアの半分だ。最近3年の日本の保有量に変化はないが、外貨準備高に占める割合は2%と、他の先進国に比べると圧倒的に少ない。この日…

つづきを見る

ロシア・プーチン大統領に時間を支配する「タイムトラベラー」疑惑写真が!

アメリカ誌『フォーブス』が毎年選ぶ「世界で最も影響力のある人物ランキング」で3年連続1位に輝いているロシアのウラジミール・プーチン大統領(63)に影武者説どころか、タイムトラベラー説が浮上した。 プーチン大統領といえば元KGBのエージェントであり、ロシアの独裁者、柔道とサンボをたしなむ格闘家、自ら飛行機や戦車を操縦する…

つづきを見る