ロンドンブーツ1号2号

ロンブー田村淳“聖火ランナー”当日に現地を観光! そのタイミングに賛否

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が4月5日、自身のツイッターを更新し、愛知県犬山市に訪れたことを報告。この投稿に、ネット上では猛批判が起きている。 淳は、《本日犬山市を聖火ランナーで走る予定でしたが…とある事情からランナーを辞退したので、違う形で犬山市を応援したいと思い、朝7時から人が密にならないように犬…

つづきを見る

『プペル』はディズニー超え? 芸能人の“他作品ディス”に批判「やり方が下品」

2月6日、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』のYouTubeチャンネルに、メディアクリエイターの西野亮廣氏が出演。西野氏のアニメ映画『えんとつ町のプペル』についてトークしたところ、一部で疑問の声があがってしまったようだ。 動画に出演したのは、『ロンブー』の田村淳と西野氏。淳は開口一番、「プぺル見に行きましたよ。4回…

つづきを見る

ロンブー淳の聖火ランナー“辞退”に称賛の声!「他の人たちも見習って欲しい」

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が2月3日、公式YouTubeチャンネルを更新。オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーを辞退すると発表した。 淳は「私、2020年のオリンピック・パラリンピックのですね 聖火ランナーに任命していただいて犬山市、犬山城下を聖火を持って走るということを任命頂いていたんですが…

つづきを見る

手越祐也の”ジャニーズ批判”に辛辣声「最高にダサい」「負け犬の遠吠え」

昨年にジャニーズ事務所を退所した手越祐也が1月19日、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』田村淳のYouTubeチャンネルに登場。古巣批判を繰り広げたはいいが、ネット上では総ツッコミを浴びている。 手越の自宅マンションでのロケとなった今回、淳は「今までの事務所だったら撮影許してくれないでしょ」と驚き、手越も「ありえな…

つづきを見る

ロンブー田村淳『グッとラック!』の‟大ウソ報道”に巻き込まれる

4月1日放送の情報番組『グッとラック!』(TBS系)で、一般人を巻き込んだ〝事実と異なる報道〟があったという。また、この件に『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳も巻き添えを食らってしまい、ネット上ではさまざまな議論が飛び交う事態になった。 コトの発端は、淳が3月26日に自身のTwitterで〝リモートコスプレ大会〟を提案…

つづきを見る

『鬼滅の刃』への愛を語る芸能人に辛辣な声…「電通案件か?」

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が3月25日、自身のインスタグラムを更新。大ヒット中の漫画『鬼滅の刃』のキャラクター・竈門炭治郎に扮し、《4月上旬にYouTubeの『ロンブーチャンネル』にて鬼滅の刃のOPと撮ってみたを配信します。チャンネル登録して見る準備しててね》とコメントした。 View this p…

つづきを見る

ロンブー田村亮‟久々の地上波登場”でモザイク!「闇やな~」

芸能活動を再開したはずの『ロンドンブーツ1号2号』田村亮が、3月12日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で「モザイクをかけられていた」と話題になっている。 この日の同番組は過去の総集編に加え、昨年12月に亡くなった梅宮辰夫さんの追悼企画を放送。梅宮さんの出演シーンを振り返った他、『ダウンタウン』の浜田雅功と松本…

つづきを見る

田村亮“復帰番組”の『お涙ちょーだい』に呆れ声「美談にスリ替えてる」

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が、2月27日深夜放送のAbema TV『ロンドンハーツAbema特別編』に出演した。 亮は闇営業問題で迷惑を掛けたとして、出川哲朗や『アンタッチャブル』、『パンサー』尾形貴弘、狩野英孝ら、お笑い芸人仲間のもとへ〝お詫び行脚〟を決行。狩野に会った際は、感極まって涙ながらに熱…

つづきを見る

田村亮“復帰”も居場所ナシ! 後輩芸人の活躍でオキモノ化に拍車…

闇営業問題での謹慎で出演が見合わせられていた『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が、約8カ月ぶりにウェブ番組『ロンドンハーツ』(Abema TV)に出演。本格的に番組復帰のメドが立ち、世間はおかえりムードに包まれていると思いきや、実際そうともいえない状況になっているようだ。 今年1月30日に、トークライブで活動を再開した…

つづきを見る

ロンブー淳の“新襲名報告”に冷めた声…「ヤクザ屋さんみたいだよw」

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が1月26日、〝ロンドンブーツの二代目1号〟を襲名したことをYouTubeチャンネルの動画で発表した。 淳は、「このたび、わたくし田村淳はロンドンブーツの二代目1号を襲名させていただくこととなりました。つい先日、先代の1号・田村亮から、これまで世間の皆さまをお騒がせした責任…

つづきを見る