不仲

おぼんこぼんより険悪? 超人気若手お笑いコンビが電撃解散「売れてたのに」

不仲で有名だった若手お笑いコンビ『コウテイ』が、解散することを1月20日に発表した。 「コウテイ」下田真生はツイッターで、1月いっぱいでコンビを解消すると報告。しばらくの間はピンで活動するという。 活動休止中の相方・九条ジョーは《まずはしっかり体調を整えてから、自分のやりたい事を全力で頑張ります》などとコメントしている…

つづきを見る

NEWS増田貴久『ゴチ』スタッフとの関係悪化「評判が悪かったらしい」

『NEWS』の増田貴久が、1月19日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にレギュラー出演。 スタッフからの評判が悪いことを明かして、ファンをザワつかせている。 今年の「ゴチ」開幕戦は、創作和食の店でバトルを進めながら、新メンバーとして小芝風花と『見取り…

つづきを見る

2022年“不仲説”で話題になった人気芸能人たち!めるるが嫌いな芸人とは…

芸能人になるためにはあらゆる荒波をくぐり抜けねばならず、気が強くないと成功しないといわれることも少なくない。 そんな芸能人同士だからこそ、ときにお互いの感情がぶつかり合い、〝不仲〟になってしまうこともあるという。 モデル・タレントの「めるる」こと生見愛瑠は愛嬌あるギャルタレントとして人気だが、意外にも〝嫌いな芸人〟がい…

つづきを見る

『M-1』ファイナリストに不仲説…一度も目を合わさず「ギスギスしてる」

12月26日放送の『M-1グランプリ アナザーストーリー』(テレビ朝日系)で、今年の『M-1グランプリ』最終決戦に進出したコンビに、不仲疑惑が持ち上がっている。 一方で優勝したものの、「悪口漫才」と物議を醸した『ウエストランド』は意外と仲が良さそうと話題に。両者の違いが際立っていると指摘する声が多い。 お笑いコンビの『…

つづきを見る

『M-1』のネタがトラブルに発展? 王者と大物プロデューサーに確執のウワサ

先日開催された『M-1グランプリ2022』の王者『ウエストランド』が、12月22日にYouTubeチャンネルに新たな動画をアップ。漫才中のボケで名前を出した、元『テレビ東京』プロデューサー佐久間宣行氏との〝前日談〟を明かした。 ウエストランドが、「M-1」ファーストラウンドで披露したのは「あるなしクイズ」をネタにした漫…

つづきを見る

指原莉乃と強烈な因縁…“ドロドロだった”元AKB不仲メンバーの告白

元『AKB48』峯岸みなみが、アイドル時代の壮絶内部事情を激白し、師走の日本列島に衝撃が走っている。 12月12日放送の『あさイチ』(NHK)で峯岸は、「私は『AKB』時代、本当にドロドロの(嫉妬の)塊だった」と回顧した。 この日の番組のテーマは「人には言えないハナシ『嫉妬・妬み』のモヤモヤ解消!」。 峯岸は続いて「周…

つづきを見る

六角精児『相棒』降板理由は? 同局の高視聴率ドラマに出演した裏事情

俳優・六角精児がドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を降板した理由が、いま改めて取り沙汰されている。 過去に、自ら〝拘束期間が長い〟と笑いを交えながら説明したこともあったが、やはり主演の水谷豊と〝ケンカ別れ〟したのではないかという情報が持ち上がってきたのだ。 「六角は『相棒』で、警視庁特命係の杉下右京(水谷)を助ける鑑識課の…

つづきを見る

“TBSのゴマキ”佐々木舞音アナのエース級大売出しに局内ザワザワ…

〝TBSのゴマキ〟こと佐々木舞音アナウンサーが、局の朝の顔から今後、局のエース候補として大売り出しされる予定だという。 ただ、トラブルタレントの元『モーニング娘。』後藤真希に似ているだけあって、周囲との大モメは必至だ。 「〝TBSのゴマキ〟と書いたのは週刊誌J誌ですけれど、うまいこと評したものです。佐々木アナはアイドル…

つづきを見る

『ぼる塾』実は不仲だった! 田辺さんときりやはるかが同居を解消した理由

お笑いユニット『ぼる塾』といえば〝仲良さそう〟というイメージがあるだろう。 しかし、現在の印象とは違い、過去にメンバー同士の不仲が生じたことがあったようだ。その実情を「ぼる塾」のブレインである、あんりが告白して話題になっている。 テレビ朝日が運営するYouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』に12月1日、人気シ…

つづきを見る

元『V6』メンバーと後輩ジャニーズに不仲説「大丈夫?」「平気かな…」

ベテランジャニーズタレントが11月23日放送の『テレ東音楽祭』(テレビ東京系)に出演し、MCの『TOKIO』国分太一らとトークを交わした。 だが、この人物は後輩ジャニーズとの不仲がウワサされている人物。視聴者は「共演して大丈夫なの?」とザワついている。 番組終盤にジャニーズの『20th Century』(トニセン)、『…

つづきを見る