不倫疑惑

原幹恵“9時間デート報道”は復帰への布石!? ネット上で憶測広がる…

元サッカー日本代表で『浦和レッズ』の柏木陽介と、元グラビアアイドルの原幹恵が親密デートしていたと11月6日付の『FRIDAY DIGITAL』が報じている。 柏木はイケメンMFとして、チームの中心選手として活躍。2016年3月に、元TBSアナウンサーの佐藤渚と結婚し、今年3月には第一子となる男児が誕生していた。 一方の…

つづきを見る

今井絵理子の息子が“プロレス”デビュー! 母のイメージに負けず応援の声

元『SPEED』で自民党参院議員の今井絵理子氏の長男・今井礼夢が、プロレスラーのプロテストに合格したことが分かった。12月7日に、神奈川県・新百合トゥエンティワンホールでデビュー戦が行われる。 礼夢は11月1日、自身のSNSを更新。《10月30日、プロテストに合格しました!! そしてデビュー戦が決まりました!!》と報告…

つづきを見る

不倫疑惑は…? 川島海荷「清純派だと思われている」発言にツッコミ続出!

女優の川島海荷が、ウェブサイト『telling.』のインタビューで明かした〝主観〟に対し、ネット上ではツッコミを入れる声が多くあがっている。 10月25日放送スタートのドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』(ABCテレビほか)で、主人公の藤原花を演じる川島。今回のインタビューでは、同ドラマや役柄に迫るとともに、今年26歳となっ…

つづきを見る

ガチでヤバ?『ミキ』昴生が“10代少女”にお誘いLINE! 内容暴露で「キモい」

モデルでタレントの〝めるる〟こと生見愛瑠が10月6日、『この差って何ですか?SP』(TBS系)に出演。兄弟お笑いコンビ『ミキ』の兄・昴生からの〝しつこいお誘いLINE〟に迷惑していると告白したところ、そのやり口に視聴者からドン引きの声があがっている。 この日のテーマは、「カッコイイ年上とカッコ悪い年上の差」。めるるは、…

つづきを見る

小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感!

〝高好感度タレント〟の代表格であった「こじるり」こと小島瑠璃子が、猛烈なスピードで世間から嫌われ始めている。 「ワイドショー番組はノータッチですが、小島は8月3日発売の『週刊ポスト』で、実写映画も大ヒットした人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚。その後は『週刊文春』が後追い記事を掲載し、原氏・小島・元妻…

つづきを見る

片岡愛之助“エロLINE”流出でメチャ親近感「とっても微笑ましいわw」

9月8日発売の『週刊FLASH』で、歌舞伎役者・片岡愛之助の〝エロLINE〟が報じられた。ネット上では、片岡の典型的〝おじさんLINE〟っぷりに、ツッコミの声が続出している。 同誌記事によると、片岡とお相手のモデル・Aさんとの出会いは、2016年10月。大の歌舞伎好きであるAさんが片岡の楽屋を訪れた際、LINEの連絡先…

つづきを見る

小島瑠璃子の“疑惑”に拍車!『キングダム』作者の離婚報告に嫌悪の声

タレントの小島瑠璃子との交際が発覚した人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏が9月3日、自身のツイッターを更新。今年3月に離婚していたことを報告した。 原氏は、《このたびは私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年3月に離婚致しました》と、謝罪し…

つづきを見る

連ドラ出演中? 大物芸人との不倫疑惑が浮上した“40代女優”とは…

8月30日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、とある女優に関する不倫疑惑が報じられた。 番組は、芸能ジャーナリストや超有名週刊誌スクープカメラマンからの情報として、下半期の芸能スクープを先取りで暴露。番組が用意した巨大パネルで、熱愛や不倫スクープがイニシャルで次々と明かされていく。 トピックが熱愛・破局から不倫…

つづきを見る

小島瑠璃子の“不倫イジリ”に怒り声「お前が言うな」「ポストベッキー」

大人気漫画『キングダム』作者・原泰久氏との不倫疑惑が浮上しているタレントの小島瑠璃子が、〝不倫ネタ〟で他人をイジり、視聴者の批判を浴びてしまった。 小島は、8月27日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)2時間SPに出演。新企画「芸能人シルエットクイズ!」で、シルエットで映し出された有名人が誰なのかを当てて…

つづきを見る

小島瑠璃子“筋トレ批判”の真相マジか!? あまりにもコワ過ぎる…

実写化もした大人気漫画『キングダム』作者との不倫疑惑で揺れているタレント・小島瑠璃子に、新たな疑惑が浮上した。かつて炎上した〝筋トレ民あおり〟の背景に、同氏を巡る泥沼の嫉妬関係があったというのだ。 「こじるり」の愛称や明るいキャラクターから来る高い好感度で、CM契約を多く抱えていた小島。しかし今月初旬、『週刊ポスト』で…

つづきを見る