中国

金正恩「記念切手発行」するほどの中朝友好を無慈悲に打破

北朝鮮は金正恩委員長時代の5年目を迎えたが、いまだに北京を公式訪問していない。北朝鮮の最高指導者が就任後に中国を訪れないということは、これまで一度もなかった。 ただし、朝日新聞は、2009年6月16日と18日の2回にわたり、一面記事で、《北最高指導者・金正日労働党総書記の後継者に決定した三男の正恩氏が、同月10日ごろ中…

つづきを見る

ブルース・リーの師匠の波瀾人生を描く映画「イップ・マン」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『イップ・マン 継承』 ギャガプラス配給/4月22日より新宿武蔵野館ほかで公開 監督/ウィルソン・イップ 出演/ドニー・イェン、マイク・タイソンほか “イップ・マン”と言ってもなじみがないかも知れないが、あの伝説のクンフー・ヒーロー、ブルース・リーの唯一の師匠だった武術の達人、といえばピン…

つづきを見る

米大統領上級顧問クシュナー氏が中国を「出し抜いた」方法

米中首脳会談の夕食会が行われていた4月6日に、アメリカはシリアに対してミサイル攻撃を実行した。アメリカ海軍の駆逐艦が、化学兵器を用いた空爆を行ったシリア政府軍の飛行場に、59発の巡航ミサイルを撃ち込んだのである。 夕食会の冒頭でトランプ大統領は、「個人的な関係は深まった。合意に至らない点もあったが、概ね良好な関係を築け…

つづきを見る

金正男暗殺で大儲けを画策!? 中国人「爆笑」便乗ビジネス

金正男氏の暗殺事件で、最も不思議な行動をしたのは中国である。 正男氏は中国の北京に第1夫人のシン・ミョンヒと息子のクムソルを、マカオには第2夫人のイ・ヘギョンと息子のハンソルに娘のソルヒを残し、本名を名乗れず死亡した。 「若いころに最初の夫人であるチェ・ヘリと同居を始め、息子のトンファンが生まれ、十数年前に北京在と伝え…

つづきを見る

LGBT人口7000万人の中国で「夜の街」から起きている変化

雑誌『TIME』(3月20日号)によると、中国のLGBTコミュニティー人口は推定で7000万人といわれる。LGBTとは性的少数者を指すが、同性愛者・両性愛者に加えトランスジェンダーも含まれている。トランスジェンダーは、身体の性と心の性が一致しない人をいう。 中国では過去に、同性愛者にはむち打ちを行ったり、精神病院へ強制…

つづきを見る

金正男氏暗殺事件で暗躍した「スパイ」は日本にもいるのか?

金正男氏暗殺事件で暗躍したとされる“スパイ”という存在。中国では日本人がたびたびスパイ容疑で逮捕されるという報道を目にする。だが、日本で同様の事件が起きると、逮捕ではなく“国外退去”と報じられる。 つまり無罪なのだ。なぜなのか。 「海外の民主主義国では、“国民の知る権利”を保障するための情報公開法を整備しているのと同じ…

つづきを見る

福原愛が中国でテレビ出演「痩せた?」と爆笑誘う

卓球選手の福原愛が、中国のテレビで人気のバラエティー番組『最強大脳』にゲスト出演した。 「同番組は毎回、海外の著名人やタレントをゲストに呼んでいますが、福原がゲストとして紹介されたとき、会場が驚き、盛り上がりました。結婚後に中国のテレビ番組へ出演するのは初めてでした」(特派記者) “頭の良さ”を競うバトル形式のバラエテ…

つづきを見る

中国の習近平国家主席が関わったとされる香港富豪拉致事件

カリブ海東部にアンティグア・バーブーダという小国がある。小アンティル諸島に位置するアンティグア島、バーブーダ島、レドンダ島からなる国家で、日本の種子島ほどの面積しかない。首都はセントジョンズ。イギリス連邦の加盟国である。 「人口は9万2000人ほど。最大の援助国は日本で、これまでに60億円近い無償援助を行っています。目…

つづきを見る

中国の強引な海洋進出の裏にいる人民解放軍

中国が東シナ海などの日本の排他的経済水域(EEZ)内の海底で、2012~2016年の5年間で、計63件もの無許可調査を行っていたことが海上保安庁の調査で明らかになった。 EEZは、国の沿岸から12海里(約22km)以内の領海の外側で、沿岸から200海里(約370km)までの海域を指し、外国船の航行は自由だが、今回のよう…

つづきを見る

生活保護制度を悪用して裕福な生活を送る外国人が急増

アジア諸国において、日本の物価はトップレベルに位置している。その一方で、福祉も充実している恵まれた国家だ。経済大国であり福祉国家でもある日本という国は、アジア近隣諸国のなかで、いまも“黄金の国ジパング”と羨望の的になっている。 それと同時に、“日本の恩恵”にあずかろうとする者も少なくない。 「残留孤児縁戚者の多い中国東…

つづきを見る