中国

ファン・ビンビンの脱税で明らかになった中国共産党の独裁支配

3カ月以上にわたって姿を消していた世界的な中国の女優「范氷氷(ファン・ビンビン)」の脱税疑惑に対し、中国の新華社は、日本円で約23億4000万円相当の脱税行為が明らかになったと伝えた。また刑事訴追には至らないとする捜査結果も発表している。 記事によると、ファンさんは映画「大轟炸」(18年10月26日公開予定)に出演した…

つづきを見る

迷惑!中国人観光客『世界中で横暴』をネットで強く批判したのは…

スウェーデンVS中国のいがみ合いが勃発した。事の発端は9月中旬、スウェーデン警察が中国人観光客をホテルから追い出したことだ。 ストックホルムのホテルに予約より1日早く到着した3人の中国人観光客を、ホテルの要請によりスウェーデン警察が強制退去させた。これに怒った中国政府は9月17日、スウェーデン政府に対し抗議した。 「こ…

つづきを見る

中国の『シェア自転車』ついに崩壊!?「画期的なシステム」の落とし穴

シェア自転車などを始めとする中国の「シェアリングエコノミー」は、世界から熱視線を浴びていた。日本にもある従来型のシェア自転車サービスは、規定の駐輪場で自転車を借り、同じく規定の駐輪場で返すという仕組みだが、中国発のシェア自転車は、街のどこでも乗り捨て自由と、まるで使い勝手が違う。 自転車を使いたい場合には、街のあちこち…

つづきを見る

American Modern Warship On The Background Of Sunset. 3D Illustration.

中国が密かに恐れる「米・韓国大使」は日本人の血をひく親日家

先ごろ、1年半以上空席となっていた米国の新たな駐韓国大使に、ハリー・ハリス前海軍大将が着任した。ハリス大使は日本びいきといわれる。 「生まれも育ちも神奈川県横須賀市。父親はアメリカ人ですが母親は日本人です。米海軍太平洋艦隊司令官を経て、2015年に在日米軍などを傘下に置く太平洋軍司令官に就任していますから、自衛隊幹部と…

つづきを見る

米トランプ政権の「マジで中国が嫌い」を伝えない日本のメディア

「ホワイトハウスからどの中国専門家、誰のところにも助言を求めたいという類いの電話が鳴らない」 これまで“パンダハガー”と称された米国内の中国専門家らは、こう嘆いているという。これはトランプ政権下のホワイトハウスに、中国の専門家がいなくなったことの証左だ。 同時にトランプ大統領の側近の中に、中国に融和的な人物はいなくなっ…

つづきを見る

中国の「犯罪マフィア」輸出に怯える周辺国

中国共産党の習近平指導部が始めたマフィアなど犯罪集団の取り締まり作戦『掃黒除悪(悪を取り除く)』の号令下、各地方政府は一斉に摘発に乗り出している。 中国メディアのまとめによると、春節(旧正月)前までの3週間余りのあいだに、河南をはじめ江蘇、浙江、江西、陝西、福建、雲南の各省はそれぞれ1000人以上、全国で1万人以上が拘…

つづきを見る

アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…

米中貿易戦争の可能性が高まる中、習近平中国国家主席が奥の手を使うようだ。それは最大の報復手段、消費者によるアメリカブランドの不買運動だ。これは“独裁国家”中国にしかできない作戦だ。 ただし、中国経済も大きな打撃を受ける可能性があるという。 「不買運動は中国自体にも打撃を与える恐れが大です。コカ・コーラやマクドナルド、ウ…

つづきを見る

福原愛「超ラブラブ夫婦生活」を中国のテレビ番組が密着報道して騒然

中国のSNS『微博(ウェイボー)』で、福原愛と夫の江宏傑との“甘い生活”が話題になっている。中国のファンは好意的だが、現役時代を知る日本のファンからすれば「おいおい、大丈夫か?」という内容だ。 中国のテレビ番組で福原と江の日常が紹介された。自宅などにカメラが潜入し、その様子を放送したものだったが、次のような場面があった…

つづきを見る

日本大好き・アニメ大好き中国「新世界人」が逮捕覚悟でコスプレ投稿!?

中国国内では、習近平国家主席を絶対指導者として戴き、中国共産党の権威主義に支配された人々が棲む社会を“旧世界”と呼ぶ。第二次世界大戦を舞台に悪い日本軍と戦う「抗日ドラマ」を見て育ち、共産党指導部が反日と言えば反日に、親日と指示されれば親日に傾く人々を指す言葉だ。 一方で、“新世界”という言葉もある。 「新世界と言われる…

つづきを見る

今も昔も「中国人が土地を爆買い」江戸幕府は断固たる処置をとっていた

日本の幕末明治期に名倉松窓(なくら・しょうそう)という人物がいた。幕臣であり、漢学者、儒学者、大陸浪人、官吏を務め、明治以後は信敦、別号に“予何人”とも名乗った。幕末期から日清修好条規まで、日清外交の実務に携わった当時ナンバーワンの中国通である。 その名倉の『支那見聞録』に清国の“土地爆買い”の様子が登場する。 《近頃…

つづきを見る