中絶

大炎上!“DV&中絶強要”俳優が復帰ニオわせ?「無理過ぎる」「罪は消えない」

〝2.5次元俳優〟として活躍していた人気俳優・小澤廉。女性へのDV問題で芸能界から姿を消していた彼が、ついにその沈黙を破ったようだ。 昨年12月に事務所から契約解除された小澤は8月12日、半年以上ぶりに自身のツイッターを更新。そこには《本日30歳を迎える事が出来ました》《皆様に自分の口からご説明出来ず、誠に申し訳ござい…

つづきを見る

中絶トラブル! 山本裕典“SNS再開”も呆れたコメント「図太いな」

2000年代末~10年代前半にかけてブレークした俳優・山本裕典が、巷で噂されている引退説を完全に否定した。 山本は6月30日、3月3日以来およそ4カ月ぶりにインスタグラムを更新。《皆さん、お久しぶりです》と久々の更新を告げると、《しばらく投稿出来なかった間も心配の声や応援など温かいメッセージをファンの方からたくさんいた…

つづきを見る

『有吉の壁』“不祥事芸人”が普通に登場「モザイクかけなくていいの?」

6月9日、人気バラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)が放送された。不祥事芸人がしれっと出演していたことで、ネット上で話題となっている。 今回の舞台は横浜・八景島シーパラダイス。『チョコレートプラネット』や『シソンヌ』、『パンサー』などおなじみのメンバーが登場して、有吉弘行を笑わせていった。そして、施設の外のエリア…

つづきを見る

『東大王』鈴木光“中絶トラブル”男性と2ショット!「よく平気だね」

3月24日の放送をもって、大人気番組『東大王』(TBS系)から卒業した東大生の鈴木光。テレビの世界からも卒業する彼女だが、最後の収録の様子を投稿したインスタグラムが話題になっている。 3月27日、鈴木は自身のインスタグラムを更新。『東大王』の東大生チームメンバーや、番組レギュラーのヒロミらと撮影した写真を掲載している。…

つづきを見る

中絶報道の元東大生・河野玄斗が“テレビ復帰”も反発「許されたの?」

2019年の『週刊文春』で、20代モデルの女性を中絶させた過去を暴かれた河野玄斗が、再びメディア露出を強めている。 河野は東大医学部在籍中に司法試験に一発合格、ジュノンスーパーボーイコンテストではベスト30に入るなど、才色兼備な天才として一躍脚光を浴びた人物。『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)やクイズ番組などに引っ…

つづきを見る

鈴木光の司法試験不合格で“中絶トラブル”東大生の名前が浮上「バケモノ過ぎる」

人気クイズ番組『東大王』(TBS系)などで活躍する現役東大生の鈴木光が1月21日、自身のインスタグラムを更新。司法試験に〝不合格〟だったことを明かした。 鈴木は《現在東京大学の期末試験の最中です》とつづり、寄せられた質問に回答。《司法試験の結果はどうでしたか?》との質問に《まずは司法試験合格された方、おめでとうございま…

つづきを見る

デヴィ夫人が大炎上!“不妊”についてトンデモ発言「干されてもおかしくない」

タレントのデヴィ夫人が10月24日、情報バラエティー番組『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)の生放送に出演。「不妊の原因は、九割九分堕胎です」とトンデモ発言を繰り出し、大炎上している。 『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、タレントの出川哲郎が率いる「出川ガールズ」と仁義なしのバトルを繰り広げ、自身のYo…

つづきを見る

東大生“妊娠中絶トラブル”の影響か⁉ 人気バラエティー番組に異変が…

2016年から毎年春と秋の改編期に放送されている特番『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)の収録が、今年も行われた。しかし、東大生を取り巻く環境が変わったのか、番組に〝ある変化〟が見られている。 同番組は、現役の東大生40人をスタジオに招き、司会の明石家さんまがその個性をトークやVTRで引き出していく人気特番。天才的頭…

つづきを見る

中絶騒動が影響!?『東大王』エースの卒業ニオわせに悲しみの声続出!

9月25日放送の『東大王』(TBS系)にて、次週放送の3時間SP内で、水上颯から〝重大発表〟があることが予告された。 水上は医学部に在籍する現役の東大生で、東大タレントとしてテレビ出演の他、本の出版など幅広い分野で活躍中。「東大王」では番組の中心的役割を担っており、〝エース格〟として最も目立つポジションにいる。 しかし…

つづきを見る

中絶騒動の『東大王』SNSひっそり再開も野次まみれ…「避妊しよう」

昨今の〝東大生ブーム〟に乗り、クイズ番組『東大王』(TBS系)レギュラーやライター・タレントと幅広く活躍している医学部6年の現役東大生・水上楓。しかし、7月11日発売の『週刊文春』で妊娠中絶トラブルが報じられると、ネット上には水上への嫌悪感を示す声も多くなってしまった。 「文春」に掲載されたのは、水上の元カノを名乗る女…

つづきを見る