久慈暁子

フジ退社・久慈暁子アナ“新入社員へのアドバイス”で意味深コメント?

4月いっぱいでフジテレビを退社する久慈暁子アナウンサーが、4月2日の『めざましどようび』で局アナ最後の挨拶を行なった。 番組メーンキャスターを務めてきた久慈アナも、退社に伴いこの日が最後の出演。番組では前日に各企業で入社式が行われたとのニュースが伝えられ、フジテレビも入社式を行なったことが話題となる。 フジ入社式で司会…

つづきを見る

フジ・久慈暁子アナはフリーで通用しない?『鬼越』のキレ芸にガチ泣き…

4月30日でフジテレビを退職する久慈暁子アナウンサーが、2月26日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。お笑いコンビ『鬼越トマホーク』の〝ケンカ芸〟でガチ泣きし、ネット上で物議を醸している。 この日、番組では「鬼越トマホーク」が得意のケンカ芸を披露。久慈アナは鬼越のケンカを止めに入ったが、坂井良多か…

つづきを見る

さんまが暴露したフジ女子アナの“放送事故”に「笑えない」「切なくなる…」

お笑いタレントの明石家さんまが、2月5日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』に出演。最近起きた〝放送事故〟を回想し、ネット上ではさまざまな声が上がっている。 この日、さんまは放送事故の話題を振られると、『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)の収録で共演中の久慈暁子アナに起こったハプニングを振り返り始めた。 収録では、…

つづきを見る

ポスト・田中みな実の筆頭格? フジ・久慈暁子アナ退社に期待の声

フジテレビの久慈暁子アナウンサーが、来春をもって同局を退社することがわかった。 久慈アナは2014年8月に『第45回non-noモデルオーディション』でグランプリに選ばれ、モデル活動をスタート。青山学院大学経済学部を卒業後は、内定していた日本テレビを蹴ってフジテレビに入社し、局内では〝救世主〟と期待がかかるほどの逸材だ…

つづきを見る

『めざまし8』のYouTubeに呆れ…“女子アナ”コスプレに「露骨すぎる」

朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)が運営する公式YouTubeチャンネル『めざまし8チャンネル』は10月29日、ハロウィンにちなんだ動画を投稿。動画内では同局の久慈暁子アナウンサーと堤礼実アナウンサーが〝仮装〟する姿が映し出されたが、アナウンサーらしからぬ彼女らの売り方に厳しい声が続出している。 アップされた動…

つづきを見る

フジ女子アナの“ガチ不仲”映像コワ過ぎ…「放送しちゃダメでしょ」

4月18日放送のフジテレビ系特番『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』に出演したキー局フジの同期アナウンサー、久慈暁子アナと海老原優香アナが、あまりに不仲そうな様子を視聴者に見せつけ、「ガチ過ぎてヤバい」「これ放送していいの?」などと驚きが寄せられた。 同番組は明石家さんま司会の下、フジテレビ系列アナウンサ…

つづきを見る

フジテレビ新人「今年はイケる」の前評判で“先輩”藤本万梨乃アナが窮地!

4月入社のフジテレビの新人アナウンサーが「今年こそイケる」などと評判だという。 「まだアナウンスルームで公式的な写真は掲載されていませんが、女子アナ2人が入社したとされます。近年、フジテレビは女子アナ採りに〝完全に失敗している〟などと陰口されていました。特に2017年に採用した久慈暁子アナは、学生時代にファッション誌の…

つづきを見る

フジ・堤礼実アナ“コスプレ”でエロス炸裂「なかなかのモノだ!」

フジテレビの堤礼実アナと久慈暁子アナが、11月2日、3日に放送される『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』の公式ツイッターアカウントで、サッカーユニホームのコスプレを披露した。 同局で毎年放送されている「27時間テレビ」だが、今年のテーマは「スポーツ」。《2020年の東京オリンピックを控えた今、あらためて…

つづきを見る

フジテレビ久慈暁子アナに「オーラなしでヤル気もなし」の酷評噴出!

フジテレビの〝クジパン〟こと久慈暁子アナの影が、最近めっきり薄くなった。「はずれアナ」の声まで聞かれる始末だ。2017年の入社なので、まだ2年数カ月の社歴だが、去る5月には、写真誌が東京ヤクルトスワローズの投手・原樹理との〝ほぼ同棲〟状態を激写。意外な軽さを露呈した。 「写真誌が現場を押さえたのは4月のこと。今年になっ…

つづきを見る

フジ“元エース候補”久慈暁子アナの落日…年内結婚で来年フリーの噂

フジテレビの久慈暁子アナに「来年3月退社でフリーになる」というウワサが囁かれている。先ごろ発売の写真誌報道によると、現在、彼女は東京ヤクルトの原樹理投手と〝半同棲〟中だという。 「写真誌は、原投手のマンションに通う久慈アナの姿をキャッチ。野球選手は遠征があり、ヤクルトも、いつも東京にいるわけではありません。久慈アナは、…

つづきを見る