介護

松嶋尚美がまた炎上!老人介護問題への発言に疑問「施設や病院はダメ?」

お笑いタレント、元『オセロ』の松嶋尚美が老人介護の在り方について発言し、視聴者から批判を浴びている。 8月22日、松嶋は『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した。番組は今年6月、88歳で亡くなった高島忠夫さんの晩年の生活に迫る放送内容。めいの高嶋ちさ子と長男の高嶋政宏が語り合う形でVTRは進行した。 忠夫さんは…

つづきを見る

Domestic violence

「一緒に寝ようよ」老人ホームで相次ぐ恋愛・セクハラトラブル

日本の高齢社会化が問題視されて久しいが、『国立社会保障・人口問題研究所』の推計によると、65歳以上の老年人口の総人口に占める割合は、2013年に25.1%となり、4名に1名が老年になっている。そして、2035年には33.4%を占める計算で、3名に1名が老年という未来が予測されている。 「高齢者が増えた影響で、老人ホーム…

つづきを見る

特別養護老人ホームは全国で約50万人待ち!介護業者倒産数の最悪更新へ

自宅でも病院でも介護施設でも介護を受けることができないという、いわゆる“介護難民”の数が年々増加している。 厚生労働省の発表によると、2012年の時点で約550万人が存在しており、2025年には約700万人になると試算されている。その数は待機児童の比ではない。それにもかかわらず、老人福祉・介護事業者の倒産が過去最悪のペ…

つづきを見る

Blue robot hand will greet gloseup

教育や認知症介護の現場にも進出が期待される人型ロボットの最先端事情

シンガポールの南洋理工大学で受付に座るヒューマノイドロボット『ナディーン』は、茶色のロングヘアにやわらかい肌を持ち、まるで人間のように表情豊かに振る舞うという。 しかも、挨拶をすれば返事をし、次に会うときには、来訪者の名前ばかりか、前に訪れた時の要件や会話した内容まで覚えていてくれる。既成のロボットと違って個性があり、…

つづきを見る

火葬だけなら7000円「葬儀のお金が心配」な時、相談すべき場所とは

高齢化による老老介護、生涯結婚せずに親元に住み続けざるを得ないワーキングプアの増加などなど、社会状況の変化により、死んだ親の放置という事件が増えている。 10月、大阪府警守口署は、父親の遺体を自宅に放置したとして、死体遺棄の疑いで守口市のアルバイトの男(48)を逮捕した。 調べによると、9月下旬ごろ、父(77)が死亡し…

つづきを見る