健康

婦人科とお金

なぜ現代で「梅毒」の患者数が増え続けているのか

梅毒の感染が全国に広まっている。統計を取り始めた1999年以降、患者数は最も多く、すでに今年は4500人を超えている。 国立感染症研究所によると、東京や大阪など大都市圏で患者が多いのは従来通りだが、今年は岡山や熊本、広島など地方で急増しているのが特徴的だ。特に増加しているのが20代の女性で、男性は20~40代が多い。 …

つづきを見る

料金の幅と助成金も「インフルエンザ」予防接種豆知識

早くもインフルエンザが流行の兆しを見せている。しかも今年は、ワクチンの製造予定量が昨年の使用量を約4%下回ることが、厚生労働省の専門家会議で報告された。例年より約1カ月、製造開始が遅れたことが原因だという。 毎年2回以上接種している人は、ワクチン不足になる可能性もある。また、昨年は11月下旬から流行し始めたので、一般的…

つづきを見る

手軽になった「遺伝子検査」で病気や美容の傾向がわかる!

親からの遺伝は、顔立ちなどの見た目や性格だけではない。体質や、なりやすい病気なども遺伝する。つまり遺伝的にかかりやすい病気を知っていれば、予防や早期発見の手助けになるというわけだ。 数年前、アメリカの女優のアンジェリーナ・ジョリーが、遺伝子異常による乳がんにかかるリスクを避けるため、乳房を切除をしたことを覚えている人も…

つづきを見る

小池百合子都知事「屋内禁煙条例」への賛否

小池百合子東京都知事が9月8日の定例会見で、飲食店など建物のなかを“原則禁煙”にする罰則付きの条例を制定する方針を明らかした。 学校や医療機関は敷地内を禁煙とし、官公庁や福祉施設などは屋内を全面的に禁煙に、飲食店では規模の小さなバーなど以外は、喫煙室を除いて屋内禁煙とするという。違反した喫煙者や施設の管理者には5万円以…

つづきを見る

冷える

冬だけではない!季節問わずの「冷え」対策

冷え性で悩む女性は多い。「冷え」は何も冬に限ったものではなく、夏でも注意が必要だ。 夏は冷房の効いた部屋にいることが多くなるため、慢性的な冷え性になりがちだ。また、アイスや冷たい飲み物、冷やし中華や素麺など、体を冷やす食べ物をとる機会も多くなる。夏になるとダイエットで生野菜を積極的に食べる女性も多いが、この生野菜も冷え…

つづきを見る

眠れない夜に試したいおすすめ対策ベスト3

熱帯夜が続くようになり、夜になかなか眠れないという人はもちろん、睡眠時間は足りているはずなのに朝に倦怠感が残るという人もいるだろう。そういう人は眠りの質が悪く、翌日にも疲れが残りがちだ。 そこで、睡眠コンサルタントの友野なお先生のおすすめの睡眠方法をご紹介。   スリープセレモニー(=入眠儀式)を決める これは心理学の…

つづきを見る

市販薬に記載されている「年齢制限」に注意

子供が風邪をひいたようだがわざわざ病院に連れて行くほどでもない場合や、かかりつけの病院が休診日というとき、とりあえず頼りにするのがドラッグストアなどで販売している市販薬だ。そのとき、添付文書に記載されていることを見落としたり無視すると、非常に危険な症状に遭遇しないとも限らないので要注意だ。 最も注意しなければならないの…

つづきを見る

太ることを気にしないで飲める酒の種類とは?

“夏へ向けてのダイエット”というと、まず禁酒をするという人も多いはず。確かに酒はダイエットの敵。なぜなら、アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールの分解を第一に働くので、血糖値のコントロール能力が低下し、空腹感を感じて、いつもより食べ過ぎになってしまうからだ。 飲酒後のシメに、ラーメンやお茶漬けなどを食べたくなってしま…

つづきを見る

やらなくても大丈夫という説も?正しい「耳かき」の方法とは

突然ですが“正しい”耳かき方法を知っていますか? そもそも耳かきは、それほど必要なものではない。新しい皮膚細胞が生まれると、古い方を押し出していく。そのため、鼓膜の表面から耳の入り口に向かって、耳垢を押し出そうという力が働いているので、自然と耳垢がはがれてこぼれ落ちる。そのため、月に1~2回程度、耳の入り口を綿棒や耳か…

つづきを見る

即効性があるといわれる「糖質制限ダイエット」の注意点

薄着になる夏。腕や腹、背中の脂肪が気になる季節の到来だ。とにかく何が何でも痩せたい! という人も多いだろう。 ダイエットには、正しい食生活と適度な運動が必須。あらゆるダイエット法があるが、最近注目の正しく食べて痩せる方法に“糖質制限”がある。 糖質制限というと最近のダイエット法のように思えるが、以前から筋肉を付けたまま…

つづきを見る