凶悪犯罪

池袋暴走・飯塚幸三容疑者“反省ゼロ”の決定的理由が明らかに…

東京・池袋で赤信号を無視して車を暴走させ、横断歩道を渡っていた母子を死亡させた他、男女8人に重軽傷を負わせた飯塚幸三容疑者。事故から7カ月を経た今月12日、過失運転致死傷罪の容疑で在宅のまま書類送検された。 これまでに見せた飯塚容疑者の〝反省ゼロ〟な態度に世間は反感を爆発させているようだが、いわんや本当に〝反省ゼロ〟を…

つづきを見る

池袋暴走・飯塚幸三容疑者の“責任転嫁”に怒り爆発!「良心とかないのかよ…」

今年4月に池袋の交差点で次々と人を跳ね、若い母親と幼い子どもの命を含む10名を死傷させた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者が11月12日、ようやく書類送検された。 飯塚容疑者はこれだけの大事故を起こした上、事故発生直後は運転者としての救助義務を果たすどころか、家族へ証拠隠滅を依頼していた痕跡もある極めて悪質な人…

つづきを見る

松本人志の“不良品”発言を再評価!「京アニ放火事件」で世論が傾く

7月18日、アニメ制作会社『京都アニメーション』のスタジオが放火され、33人もの尊い命が奪われた事件。その衝撃的な負傷者の数と、残忍な犯行から世界中で心を痛める声が殺到している。また、次第に容疑者の犯行動機や素性、過去も明らかになり、知れば知るほどその〝身勝手〟な犯行に、以前物議を醸した『ダウンタウン』松本人志の〝犯人…

つづきを見る

警察の“差別”に憤慨! 暴走老人『上級警護』の一方ストーカー被害者は…

今年4月、東京・池袋にて危険運転で大事故を起こし、7人を重軽傷させ若い母親と幼い命を奪ったことで〝平成最後の大犯罪者〟となった飯塚幸三容疑者の現在を、写真週刊誌『FLASH』のWEB版『SmartFLASH』が報じた。 当時も大きな話題になった同事件だが、中でも国民が不信感を募らせたのはメディアや警察による飯塚容疑者の…

つづきを見る

“大人”になった『女子高生コンクリ殺人犯』の裁判態度に罵声殺到

3月5日、かつて世間を震撼させた『女子高生コンクリート殺人事件』の犯行メンバーだった元少年・湊伸治被告が起こした傷害事件の第2回公判が、さいたま地裁にて開かれた。 もはや説明不要だが、「女子高生コンクリート殺人事件」とは1989年に起きた世紀の大犯罪。東京・足立区の少年グループが女子高生を拉致・監禁し暴行・強姦の末に殺…

つづきを見る

『小4少女虐待死』に“加担”した「教育委員会」に全方位の怒号!

千葉県野田市の小学4年生の女の子が、父親からの暴行で死亡した事件。女の子は「父からいじめを受けている」と学校に訴えたアンケートのコピーを、市の教育委員会の手で父親に開示されるという、トンデモない仕打ちを受けていたことが分かった。 アンケートの内容を目にした父親が激高し、暴力をエスカレートさせたのは想像に難くない。この件…

つづきを見る

芸能プロ社長の「虐待と暴力」!何故『実名報道』をしないのか?

芸能プロ社長によるパワハラ疑惑問題で、同事務所の元社員・Aさんが会見を開いた。11月21日発売の『週刊新潮』でもAさんの告発内容が記されており、ネット上では怒りの声が続出している。 『デイリー新潮』がYouTubeで公開している動画には、パワハラの様子がしっかりと映し出されていた。Aさんは何者かに頭をつかまれ、ぐつぐつ…

つづきを見る

『少年法の闇』18年前「凶悪リンチ殺人」重要参考人の映像を“いまさら公開”のナゼ

行方不明者や未解決事件の犯人に関する情報提供を呼び掛ける番組『緊急!公開大捜索’18秋』(TBS系)が、9月26日に生放送された。ツイッターでは「#公開大捜索」がトレンド入りするなど大きな反響を呼んだが、中でも18年前の未解決リンチ殺人事件についての投稿が多く見られた。 事件は2000年5月、茨城県牛久市で…

つづきを見る

女子高生コンクリ詰め殺人犯「元少年」逮捕に燃え上がる絶望の怒り

ニュースサイト『デイリー新潮』が8月21日、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』の犯行グループの1人が、今度は殺人未遂事件で逮捕されたと報じた。この件を受けてネット上では、“少年法”と“実名報道”の是非について、あらためて熱い論議が交わされている。 『女子高生コンクリート詰め殺人事件』とは、今から30年近く前になる19…

つづきを見る