北海道

放送事故!? “男のアレ”にしか見えない生物にお茶の間騒然「ヒワイ過ぎる」

12月15日放送の『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)で出てきた生き物が「放送事故級のシロモノだ」と話題になっている。北海道で取れるという幻の生き物の形状が「ヒワイ過ぎる」などと、視聴者はざわついていた。 この日、スタッフは北海道・石狩市を訪問。現地で取れるという珍しい生き物を紹介した。波打ち際に集まってきた魚介類を取る…

つづきを見る

北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~

(その5からの続き) 中国は「北海道の人口(547万人)を1000万人にしよう」と言い始めている。それはつまり、500万人の中国人が北海道に移住してくることを指す。将来的に人口構成を変え、日本人を少数民族に転落させるのが狙いだ。 日本にはその野望を補填する“脳天気”な条例制定の先例がある。それは『常設型住民投票条例』だ…

つづきを見る

中国の文化と経済による「侵略」はすでに始まっている | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その5~

(その4からの続き) 中国は2010年7月に『国防動員法』を施行している。その概要は次の通りだ。 戦時には、中国国内にいる敵国人を捕虜に出来る 敵国内にいる中国人は、工作員として働かなければならない もし尖閣諸島で紛争が起きた場合、日本に対して国防動員法が発動される可能性は高い。そのとき、北海道に在住する留学生や技能実…

つづきを見る

北海道から「太平洋新出」を画策する中国の国家戦略 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その4~

(その3からの続き) 中国の駐日大使館のホームページに《程永華大使が16年5月21日~22日まで、北海道釧路市を訪問し、蝦名大也市長と会見し、中国人らの研修生を受け入れている石炭生産会社『釧路コールマイン』を視察するとともに地元の小中学生と交流。7カ月後の12月9日には張小平1等書記官(経済担当)も足を運んだ》という他…

つづきを見る

観光施設はすでに「中国化」している | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その3~

(その2からの続き) 2012年4月からの水資源保全条例施行後、中国国営企業や同系大会社が隠れ蓑を脱ぎ捨て、堂々と北海道に進出するようになった。合法的に水源地や森林、不動産を狙うだけではない。観光施設も買収している。今後、観光地の中国化が進み、利用するのは中国人がほとんどという事態になり、そこがチャイナタウン化するのは…

つづきを見る

外国人土地法では止められない「不動産爆買い」 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その2~

(その1からの続き) 『孫氏の兵法』を生み出した中国は、熱い戦争をすることなく、無償で日本に勝つための戦略を練っている。そのために洗脳機関である孔子学院や日中友好協会を使い、文化浸透を図り、留学生や技能研修性・実習生を用いて日本に実利を与えようとする。 「孔子学院はアメリカに300校ほどありましたが、中国の工作機関とい…

つづきを見る

アジア各地「100万人の中華街」構想 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その1~

中国では大気、土壌、水の汚染がひどく、国民は海外に出たがっている。その一方で中国共産党は、ハワイまでの海域を中国の海にしたいという覇権主義的野望を抱いている。 中国は、アジア各地に100万人単位のコミュニティーを順次作る計画だが、そのターゲットになっている地域のひとつが北海道だ。 長崎県の対馬にある不動産が韓国資本に買…

つづきを見る