北海道日本ハムファイターズ

えっそれは…怪我多い大谷翔平に「あの名選手にそっくり」の声

4月17日から左大腿二頭筋肉離れで戦線を離脱している北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、二軍施設のある千葉県鎌ケ谷市でリハビリを行っている。故障個所に痛みが生じるか否かを探るように、慎重にエアロバイクをこいでいた姿には、左のひざ裏周辺には内出血による赤紫色のあざがあったという。 球団は練習再開まで6週間と発表してい…

つづきを見る

大谷翔平の今オフMLB挑戦に暗雲

今オフのMLB移籍が伝えられる北海道日本ハムファイターズの大谷翔平に、意外なところから“待った”が掛かった。 「MLBの30球団も“発言の真意”を確認しています。日本にもその波紋は遅かれ早かれ及ぶものと思われます」(アメリカ人ライター) 真意が問われた発言とは、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次…

つづきを見る

今年が「タイムリミット」女子アナの大谷翔平争奪戦

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も終わり、いよいよプロ野球が開幕した。 WBCを欠場した北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、オープン戦で4本塁打を放ち、投球はまだ完全に出来ないながらも、打つことに関してはしっかりと調子を上げているようだ。 「大谷の打球の飛距離は、去年より伸びているような気がしま…

つづきを見る

WBCを回避した大谷翔平が万全に向けて順調な調整中

野球の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本代表『侍ジャパン』が決勝ラウンド進出に向けて、好調を続けている。大会直前に大谷翔平が欠場を決めたときは暗雲が立ち込めたが、そんな心配はどこ吹く風だ。 その大谷は、2次ラウンド初戦のオランダ戦が行われていた12日に、イースタン教育リーグ(二軍)の千葉ロッテ…

つづきを見る

WBC豪戦殊勲打の中田翔「繊細さ」を見抜いた小久保監督の起用

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、勝利を収めた。 1対1で迎えた七回表の日本の攻撃で、勝ち越し本塁打を放ったのが、北海道日本ハムファイターズの四番打者の中田翔だった。 前回大会には23歳で参加し、当時の野手最年少だった。しかし、今回…

つづきを見る

肉体改造した斎藤佑樹に与えられる本当のラストチャンス

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹が、2月26日に春季キャンプをチーム最多の76球の投げ込みで締めくくった。 「栗山英樹監督が、斎藤を開幕投手に指名する可能性は、むしろ高いと思います。斎藤の散り際というか、けじめをつけさせる意味でも」(球界関係者) 日ハムのエースである大谷翔平は、右足首の怪我で調整が大幅に遅れている…

つづきを見る

大谷翔平につきまとうアラフォー子連れストーカー

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平のモテモテぶりが尋常ならざるものになった。世間一般では、女子アナの“接近狙い”の取材が迷惑だといわれているが、その世間一般からも異様なラブコールを送る女性が現れたのだ。 この女性、165km/hの剛速球でも受け止めてしまうようなスゴイ心の持ち主。『週刊新潮』2月9日号にも報じられてい…

つづきを見る

侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由

最近、北海道日本ハムファイターズの主砲の中田翔の影が薄い。 いま、世間は同じく北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場の話で持ち切り。大谷は右足首痛で辞退となったが、それでも話題になってしまう。 「中田はWBCにも選出され、日本を代表する…

つづきを見る

大谷翔平が目指す「二刀流」から「三刀流」への進化

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、昨季に進化させた“武器”を使って弱点克服に乗り出している。 昨季は投手として2桁勝利を挙げ、打者としても打率3割2分2厘、22本塁打、67打点を記録した。 「昨季は大躍進の1年になりました。指名打者と投手の両部門でベストナインに選ばれるという前例のない受賞の仕方に加えて、…

つづきを見る

大谷翔平のMLB移籍秒読みで焦り始めた「あの人」

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、1月8日に都内で行われたゲーム大会『パワプロフェスティバル2016決勝大会』にゲストで出席した。 「大谷は日本のプロ野球選手で最も人気があるといっても過言ではないでしょう。常にスポーツ紙の紙面を飾り、この日も子供たちからの多くの歓声を浴びていました」(スポーツライター) …

つづきを見る