千鳥のクセがスゴいネタGP

千鳥・大悟が出禁を通達! サイコ芸人に「まじで嫌いなのかな」「アウトだろ」

11月25日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)で、芸人のネタを見た『千鳥』の大悟が「出禁」、ノブが「お蔵入りです」とダメ出しする一幕があり、話題になっている。 『コロコロチキチキペッパーズ』は「師匠と弟子」とのお題でネタを披露。頭にバンダナを巻いて調理する、料理人役のナダルを見た大悟は「今日も嫌われる…

つづきを見る

生田斗真“女芸人”にガチ恋!? 意外なチョイスに「見る目ありますね!」

11月18日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に、ジャニーズ俳優の生田斗真が出演。好きな女芸人を明かして話題となった。 番組終わりに、司会の『千鳥』ノブが「好きな芸人は誰なんですか?」と聞くと、生田は「僕は最近、『Aマッソ』の加納さんが好きです」と、今年の『M-1グランプリ』で3回戦落ちした実力派女芸…

つづきを見る

『四千頭身』人気メンバーへの“イジメ”にファンも困惑「正直笑えないです」

11月18日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に、センス派お笑いトリオ『四千頭身』が出演。人気メンバーをハブるネタを披露して、ファンからも批判の声があがっている。 前回、トリオのイケメン担当である石橋遼大が登場しないネタを披露した「四千頭身」。舞台袖から石橋が虚ろな目で2人のネタを見ている様が話題とな…

つづきを見る

『クセスゴ』金爆・鬼龍院翔が“元相方”と口論に…「ケンカすんなや」

『ゴールデンボンバー』の鬼龍院翔が、11月18日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に出演。お笑い時代の元相方と、バチバチの「イヤミ合戦」を繰り広げた。 鬼龍院はかつてお笑いコンビを組んでいた元相方『しずる』の池田一真とコラボ。拳銃を持って警察の突入シーンを描くコントを披露したが、鬼龍院は「ガッテン承知…

つづきを見る

『クセスゴ』千鳥・大悟が嫌いな芸人を告白?「初めて知った」

10月14日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)で、『千鳥』の大悟がある芸人を「嫌い」と連呼して視聴者を沸かせた。 2時間スペシャルの冒頭、レイザーラモンRGが恒例の『大悟mite』を披露。『BTS』の『Dynamite』に合わせ、『ピース』の又吉直樹から聞いたという大悟のあるあるを披露した。 『ジェラ…

つづきを見る

61歳・船越英一郎の“老いた姿”に「すごく苦労してそう」「いつの間に…」

俳優の船越英一郎が、8月5日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP真夏の2時間SP』(フジテレビ系)にゲスト出演。あまりの〝老け姿〟に視聴者が絶句している。 この日、船越は同局のドラマ『推しの王子様』の番宣のためゲスト出演。同じくゲストの滝沢カレンらと芸人たちの〝クセがスゴいネタ〟を楽しんだ。しかしワイプに映る姿は、以前の…

つづきを見る

佐々木希の前で“浮気ネタ”連発「デリカシー無さすぎ」「気まずい」

タレントの佐々木希が、6月24日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に出演。芸人が連発した浮気ネタ、下ネタに苦笑いした。視聴者からは「デリカシー無さすぎでしょ」との声が漏れている。 佐々木は、『NMB48』の渋谷凪咲、『千鳥』の2人とともに、スタジオでネタのVTRを見守った。番組終盤に『どぶろっく』の2…

つづきを見る

千鳥が邪魔すぎ? フジテレビお笑い特番“ネタ中のガヤ”に批判の声

5月9日、お笑い特番『お笑いオムニバスGP』(フジテレビ系)が放送された。総合MCに『麒麟』川島明と白石麻衣、〝お笑い見届け人〟として『千鳥』の大悟&ノブが出演したものの、4人の振る舞いが物議を醸してしまったようだ。 今回の特番では、総勢46組の芸人が一堂に会し、コント、漫才、ギャグ、一発芸など、ジャンルを問わずさまざ…

つづきを見る

『クセスゴ』永野芽郁が芸人の“歌”に凍り付く「とんでもない顔してた」

5月6日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)で、永野芽郁が芸人のネタに引きつる表情を見せて話題になっている。 『霜降り明星』の粗品はギター1本で歌を披露。歌詞によると、粗品の父は粗品が子どものころから病気で、高校3年の冬に余命1年と宣告されたという。 「それでもクヨクヨせずに」と、一家は1年で楽しい思い…

つづきを見る

『クセスゴ』“不倫芸人”の好感度が急上昇? 親子共演が話題「好きやわー」

『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)でお笑い芸人の息子が毎回、父に関する自虐ネタを披露し、視聴者を沸かせている。 同番組には『トータルテンボス』大村朋宏と、14歳の息子・晴空(はるく)君が毎週のように登場。晴空君がギターで弾き語りし替え歌を披露する一方で、今まで大村は毎回無表情で、一言も歌を口ずさんではいない…

つづきを見る