半分、青い。

淫行教師・有村架純だけじゃない!“クソ女”を演じて嫌われた女優たち

現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、中学生の生徒と禁断の恋に落ちてしまう教師役を演じている有村架純。このインモラルなストーリーは物議を醸し、有村本人にもバッシングが飛んでいる。 「拒否しながらも、強引に押されて…ならまだ分かるのですが、有村演じる教師は、生徒からのアプローチにあっさり陥落。口では『ダメ』と言…

つづきを見る

永野芽郁『半分、青い。』後の出演を控える“訳あり”の理由とは

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン、女優の永野芽郁が、来年3月公開の映画『君は月夜に光り輝く』で北村匠海とダブル主演を務めるという。永野にとっては朝ドラ後、初の映画出演だ。 永野が主演を務めた『半分、青い。』は、平均視聴率が21.1%と好評だった。近年の朝ドラは『あさが来た』が23.5%、『とと姉ちゃん』が…

つづきを見る

『半分、青い。』が朝ドラの歴史に残る「クソドラマ」になった3大理由

9月29日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』がついに最終回を迎えた。これほどまでに最終回を待ち望まれた朝ドラは、いまだかつてないだろう。 終了を記念し、同ドラマのツッコミポイントを挙げていこう。 《ヒロインの鈴愛がヤバい》 女優の永野芽郁が演じた鈴愛は、事あるごとに視聴者をイラ立たせてくれた。恩師が隠している重大な…

つづきを見る

『半分、青い。』東日本大震災を「お涙頂戴」に使って大炎上

女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が、今週でいよいよフィナーレを迎える。 22日に放送された第150話では、苦心の上、完成した“そよ風の扇風機”の商品化のために、投資家に向けたお披露目会が開かれたが、その最中に「東日本大震災」が発生。まさかの展開にネット上では、「気になって月曜日まで待…

つづきを見る

朝ドラ『半分、青い。』の脚本家・北川悦吏子が嫌われる理由

NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』が、8月17日にクランクアップした。 ここまで14週連続で週平均視聴率20%の大台を超えるなど、終盤に来てまさに絶好調といったところ。8月24日に放送された回では、原田知世演じる和子さんが亡くなったことが風吹ジュンのナレーションで伝えられると、ネット上では追悼のコメントが広がり、早…

つづきを見る

佐藤健「売れっ子の罠」ドラマの掛け持ちを視聴者が不快に思ったのは…

8月21日にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が放送された。ドラマは先週から第2部に突入。主演の綾瀬はるかの相手役を佐藤健が務めているが、その役どころをめぐって批判が相次いでいる。 第1部では竹野内豊演じる良一が綾瀬演じる亜希子と結婚し、良一の娘・みゆき(横溝菜帆)を育てる展開だった。第2部の冒頭、かねてから胃が…

つづきを見る

Silhouette of People Standing on White Background

朝ドラ「半分、青い。」で話題をさらったイケメン俳優の正体

4月にスタートしたNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』が、波に乗り始めたようだ。平均視聴率は第1週、第2週ともに20%の大台をギリギリながらクリア。迎えた第3週で、ついに主人公の楡野鈴愛(にれの・すずめ)が“運命の人”と出会うシーンが放送されると、インターネット上では若年層を中心に《あの新聞部の人は誰?》と瞬く間…

つづきを見る

朝ドラ「半分、青い。」で出番を待望されている女優とは…

女優の永野芽郁が主役を務めるNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』は、フジテレビの『ロングバケーション』やTBSの『愛していると言ってくれ』など数々の名作を生み“恋愛の神様”と呼ばれる北川悦吏子氏のオリジナル脚本で注目されている。4月2日の放送開始から、第1週、第2週とも20%台の平均視聴率をキープし、好調に推移し…

つづきを見る

NHK朝ドラ主題歌決定の星野源に「またお前か」辛らつ意見

4月2日から始まるNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌が、シンガーソングライターの星野源による『アイデア』に決まった。星野は同局を通じ「オファーをいただき、胸が躍りました。この『アイデア』という曲が、力強く生きる主人公・鈴愛と、今を生きる皆さまの毎朝を支える1曲になればと思います」とコメント。星野の勢いは…

つづきを見る

4月開始の朝ドラ「半分、青い。」に早くも期待が集まる理由

現在放送中の朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)の次に4月から放送が予定されている『半分、青い。』(同)の取材会が1月18日に東京都内で開かれた。このドラマは女優の永野芽郁が主役を務める。 過去の朝の連続テレビ小説では『あまちゃん』(2013年放送)の台詞「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞を受賞。今作の口癖や印象的な…

つづきを見る