吉野家

藤田ニコル“吉野家の新商品”が恥ずかしい?「これはかわいそう…」

「シャブ漬け生娘」なる不適切極まりないワードを使い、コンプライアンスを問われた牛丼チェーン大手・吉野家。同社のCMキャラとして〝風評被害〟を被ってしまった藤田ニコルが、またも災難に見舞われてしまった。 「同社は6月1日より、ニコルが考案したコラボメニュー『にこるんの牛丼』を発売中。これは、牛丼にねぎラー油・キムチ・半熟…

つづきを見る

『吉野家』またしても大炎上! 今度は人事採用で“人種差別”か…

幹部の「生娘をシャブ漬け戦略」といった問題発言などで、炎上中の牛丼チェーン『吉野家』。事態が収まる間もなく、またしても新たな火種が投下されたようだ。 問題となっているのは、とあるツイッターユーザーが投稿した内容。 投稿者は国籍が日本のハーフで、「吉野家」の企業説明会に足を運ぶ予定であった。しかし、企業説明会の予約をした…

つづきを見る

安い・美味い・炎上! 幾度となく繰り返してきた大手牛丼チェーンの炎上騒動

常務取締役企画本部長の口から「生娘をシャブ漬け戦略」といった問題発言が飛び出し、大炎上している牛丼チェーン『吉野家』。これにより「吉野家」の評判はガタ落ちしたが、他の牛丼チェーンが炎上騒動を起こしていないという訳ではない。 牛丼を頼むと味噌汁が付いてくることでお馴染みの『松屋』は、商品リニューアルに関するトラブルが頻繁…

つづきを見る

小山田圭吾も餌食に…陰湿な日本人には合わない欧米式キャンセルカルチャー

昨年7月に大きな波紋を呼んだ『東京オリンピック・パラリンピック』の開閉会式をめぐる〝辞任・解任騒動〟。これをきっかけに、日本国内でも〝キャンセルカルチャー〟が浸透し始めることに。しかし、欧米発のキャンセルカルチャーは、日本人の陰湿な性格に合わないのではないか、という意見も少なくないようだ。 キャンセルカルチャーとは、名…

つづきを見る

ダウンタウンへの忖度?『くら寿司』パワハラ騒動をメディアが報道しないワケ

今年3月にコラボキャンペーンで問題を起こし、続けて「生娘をシャブ漬け戦略」発言で世間を騒がせた牛丼チェーン『吉野家』。連日メディアで騒動を取り扱っていたが、同じように不祥事を起こした寿司チェーン『くら寿司』との〝報道姿勢の差〟に疑問の声が上がっている。 4月20日に『文春オンライン』が、「くら寿司」に勤務する30代男性…

つづきを見る

谷原章介“吉野家騒動”に言及で汚名返上!「たまにはまともなコメントする」

4月22日の『めざまし8』(フジテレビ系)でMCの谷原章介が、炎上中の牛丼チェーン『吉野家』から飛び火した騒動に言及。ツイッターで「今日もキマってます」とツイートしたマルチタレントを擁護して、好感度が上昇しているようだ。 マルチタレント・夜道雪は20日、吉野家の牛丼を前に白目を剥いた自身の写真をアップ。《北海道の田舎か…

つづきを見る

『呪術廻戦』の呪い!? 特級呪物級の“炎上デスコラボ”が話題に

劇場アニメが大ヒットし、飛ぶ鳥を落とす勢いで流行中の『呪術廻戦』。その人気の高さから、これまで多くの企業とタイアップしてきたが、ここに来て不名誉なウワサがネット上で広がっているようだ。 「呪術廻戦」のコラボと言えば、デザイン流用疑惑などで炎上した『ドルチェ&ガッバーナ』が記憶に新しい。 同コラボで発表されたのは、「呪術…

つづきを見る

『吉野家』新商品「親子丼」にステマ疑惑!? 相次ぐ絶賛レビューに疑問の声

幹部から「生娘をシャブ漬け戦略」といった問題発言が飛び出し、絶賛炎上中の大手牛丼チェーン『吉野家』。これ以上の炎上はないと思われたが、今度は〝ステマ疑惑〟が浮上しているようだ。 「吉野家」は4月19日より、新メニュー〝親子丼〟の販売を開始。開発までに10年もの月日を費やした自信作のようで、鶏肉、玉ねぎ、卵、ネギというシ…

つづきを見る

『吉野家』の不適切発言はお家芸? 卑猥な企画で炎上した過去も…

『吉野家』の常務取締役企画本部長による、社会人向け講座の〝不適切発言〟炎上問題が、さらなる波紋を広げている。 コトの発端は4月17日に投稿された、ツイッターユーザーのツイートだった。吉野家の常務取締役企画本部長が、講義で性差別・人権侵害発言を連発。若い女性を狙ったマーティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」と笑いながら何…

つづきを見る

『吉野家』炎上が藤田ニコルに飛び火? 賠償問題レベルの風評被害か…

つい先日に炎上騒動を起こしたばかりの大手牛丼チェーン『吉野家』が新たな火種を生み出したようで、ネット上には再び批判の声が続出している。 4月16日、「吉野家」の常務取締役企画本部長が講師を務める「社会人向け講座」が開かれた。その中で本部長から、「生娘をシャブ漬け戦略」という発言が飛び出したという。 これを受けて「吉野家…

つづきを見る