呪術廻戦

『呪術廻戦』カフェの“運営元”にファン困惑「あんだけやらかしたのに…」

『週刊少年ジャンプ』の漫画が原作の大人気アニメ『呪術廻戦』とのコラボカフェが、東京、大阪、名古屋で7月15日から順次オープンする。 『呪術廻戦カフェ』は、7月2日より開催される企画展『アニメーション 呪術廻戦展』の開催を記念して企画されたもので、店内には限定の描き下ろしイラストが展示され、クリアファイルやステッカーなど…

つづきを見る

『呪術廻戦』とリンク! ドラマ『レンアイ漫画家』の休載シーンに「辛い…」

鈴木亮平が主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第10話が、6月10日に放送された。偶然にもタイムリーな話題が展開され、ネット上で話題になっている。 同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)という恋に不器用な2人を描いた…

つづきを見る

『さんま御殿』イケメン声優・榎木淳弥が“小池徹平似”を公言「確かに!」

ファンが『ポスト鬼滅』と呼ばれることに猛烈な嫌悪感を示していることで知られるアニメ『呪術廻戦』の声優・榎木淳弥が、5月25日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。あの人気イケメン俳優似ているとの持ちネタを披露した。 この日のテーマは「コンプレックス」。最初のVTRが明けると、『A.B.C-Z』の河合郁人…

つづきを見る

『有吉ゼミ』で奇跡的な“呪術廻戦”ネタ!「イタドリのあとに野ばらとか…」

5月24日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に、歌手の氷川きよしが登場。番組の企画で薬草を食べたのだが、なぜか思わぬところから大きな反響があったようだ。 この日の番組では、野草にハマっているという氷川が『博多華丸・大吉』の博多大吉と日本テレビの水卜麻美アナウンサーを連れて、多摩川の河川敷を散策することに。河川敷の草むら…

つづきを見る

『呪術廻戦』コラボTシャツ大不評!“ユニクロ=オシャレ”は大間違いだった

6月4日に『ユニクロ』のグラフィックTシャツブランド『UT』から、人気漫画『呪術廻戦』のコラボTシャツが発売される。公式サイトでデザインが公開されているのだが、ネット上では「ダサすぎる」と不評のようだ。 今回のコラボ第1弾で発売されるのは、作中の印象的なシーンや名セリフなどをプリントしたグラフィックTシャツ。例えば、同…

つづきを見る

『呪術廻戦』16巻の表紙解禁! 夏油傑ファンは阿鼻叫喚「死後尊厳破壊」

『週刊少年ジャンプ』で連載中の大人気漫画『呪術廻戦』。5月10日に、最新コミックス16巻の情報が発表され、あわせて表紙も公開された。しかし最新刊の表紙に対し、ファンは嫌悪感を覚えたようだ。 今回の表紙に登場したのは、同作の人気キャラクター・夏油傑と見られる人物。だが、額の縫い目に親指をかけ、そこから脳みそを少し見せるグ…

つづきを見る

小籔千豊『呪術廻戦』のキャラにガチ説教「女だろうが男だろうがアカン」

千原ジュニア、小籔千豊、『フットボールアワー』が出演するYouTubeチャンネル『ざっくりYouTube』が、5月1日に更新された。人気アニメ『呪術廻戦』の感想を言い合ったのだが、小籔の振る舞いにアニメファンが拍手を送っている。 以前に同チャンネルでは、『鬼滅の刃』を見てくるという企画が行われ、それぞれが自宅でアニメ全…

つづきを見る

『呪術廻戦』ファンと大谷翔平も困惑! 人気バンドメンバーが詐欺容疑で逮捕

人気多国籍バンド『ALI』のメンバーで、ドラマーの〝Kahadio〟こと白井カディオ容疑者が警視庁に逮捕されていたことがわかり、ファンの間に衝撃が走っている。 捜査関係者によると、白井容疑者には電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いが浮上。先月、都内の男性が医療費などの「還付金詐欺」で被害に遭って、現金数十万円がATMで引き出…

つづきを見る

『有吉の壁』に“呪術廻戦”ファン激怒!「最低」「五条はいいけど宿儺様はダメ」

3月17日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ『トム・ブラウン』が出演。大人気作品『呪術廻戦』のパロディネタを披露したが、原作ファンの怒りを買ってしまったようだ。 この日、番組の舞台となったのは『イルミネーション競馬場』。「トム・ブラウン」ツッコミ担当の布川ひろきが最強の呪術師・五条悟、ボケ担当のみちおが…

つづきを見る

『ホンマでっか』呪術廻戦をユーチューバーが解説も批判「全然知らないな」

3月3日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、ユーチューバーが人気漫画・アニメ『呪術廻戦』のキャラクターを解説したところ、アニメファンから反発を浴びる展開となっている。 番組後半に、『EXIT』の2人が「呪術廻戦」の人気の秘けつを紹介。ユーチューバーのねおも加わり、明石家さんまや磯野貴理子、『ブラックマヨネ…

つづきを見る