土屋太鳳

美女たちの“裏の顔”に大興奮!? 視聴者クギヅケのお色気ニュースランキング

女優や女子アナ、美人タレントのえちえち姿は、世間の注目を集めてやまないもの。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった美女の〝お色気〟記事をご紹介します(1/6配信まで集計)。 1位 『報ステ』とは大違い! テレ朝・森川夕貴アナの“裏の顔”に大興奮 『報ステ』とは大違い! テレ朝・森川夕…

つづきを見る

「美男美女」芸能人の兄妹たち…菅田将暉、竹内涼真の弟のルックスは

俳優の菅田将暉の実弟で、モデルやユーチューバーとしても活動している菅生新樹(すごう・あらき)が2020年12月にCMデビューを果たし、話題を呼んでいる。 新樹が出演したのは、関西を中心とする買取サービス会社の新CM。将暉は3人兄弟の長男で、新樹は末っ子。21歳ながら、モデル業に挑戦したり、友人とアパレルブランド『BOK…

つづきを見る

土屋太鳳『今際の国のアリス』続編決定で期待される“過激シーン”挑戦

去る12月10日に『Netflix』で全世界同時配信がスタートした、俳優・山崎賢人と女優・土屋太鳳のダブル主演ドラマ『今際の国のアリス』のシーズン2が制作されることが分かった。 同ドラマは、夢や生きがいを見いだせず曖昧に生きてきたアリス(山崎)と、どんな苦境でも〝生きる意味〟を探し続けるウサギ(土屋)が、謎の世界〝今際…

つづきを見る

なぜ土屋太鳳は女性に嫌われるのか?“女が嫌いな女ランキング”急上昇のナゾ

12月22日発売の『週刊女性』が、恒例の『女が嫌いな女ランキング2020冬』を発表。女優・土屋太鳳が急上昇ランクインしたことがわかった。露出が激増したワケでもないにかかわらず、なぜ急上昇したのだろうか。 ベスト5は、1位フワちゃん、2位田中みな実、3位鈴木奈々、5位上沼恵美子で、土屋は4位。前回のランキングでは17位だ…

つづきを見る

土屋太鳳の“太鳳パイパイ”が見どころ!? 配信ドラマでセクシー新境地を開拓

女優・土屋太鳳が、Netflixのドラマ『今際の国のアリス』に出演。体当たりセクシーシーンを演じて、大きな話題になっている。 同ドラマの原作は、麻生羽呂による同名漫画。異次元の東京を舞台にしたアクション満載の物語で、土屋は宇佐木柚葉役で出演している。俳優・山崎賢人が演じる有栖良平と出会い、「げぇむ」と呼ばれる生死を賭け…

つづきを見る

土屋太鳳“大学8年生”来春卒業リミットで囁かれる今後の進路

女優の土屋太鳳が11月28日、自身のインスタグラムを更新。映画『フードラック!食運』舞台あいさつ時の衣装を公開した。 土屋は《こちらは映画『フードラック!食運』の公開初日舞台あいさつでの衣装 こちらのワンピースドレスはETRO さんのもの》とつづり、続けて《ETROさんは、私が生まれてはじめて自分のお金でお買い物をした…

つづきを見る

大号泣!『モニタリング』土屋太鳳の“ドッキリ”に感動「もらい泣き」

11月19日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)2時間SPで、視聴者大号泣の感動的シーンが訪れた。 それは、番組後半に放送された「芸能人ドリームモニタリング」でのこと。この日は、『EXILE』のNAOTOと女優・土屋太鳳が、自身のファンにドッキリを仕掛けていった。 2人は自身のファンに〝ご本人登場…

つづきを見る

土屋太鳳が一般人にディスられまくり…「見てられない」「やめてあげて」

女優の土屋太鳳が『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)にゲスト出演。一般人が土屋をディスったとして、視聴者から同情する声が集まっている。 土屋は姿を隠した状態でスタジオに登場。街頭インタビューで一般人に土屋のイメージを問い、他出演者に名を当てさせる恒例のクイズを展開した。 最初に登場した女性2人組は「お…

つづきを見る

土屋太鳳“若手イケメン”との抱擁に女性たちが怒り心頭「あざとい!」

10月29日号の『女性セブン』に、女優・土屋太鳳と俳優・桜田通の〝抱擁ショット〟が掲載された。記事内でも熱愛関係ではないと帰結しているが、ネット上では土屋の〝過度なスキンシップ〟に「あざとい!」と嫉妬する声が多くあがっている。 同記事によると、2人が姿を現したのは9月下旬の夜明け前。この日、ラジオ番組『TOKYO SP…

つづきを見る

藤原紀香“JK時代”の写真が土屋太鳳ソックリ?「2人とも丸顔美人」

10月5日、梨園の妻で女優の藤原紀香が、自身のオフィシャルブログ『藤原紀香 徒然はんなり日記』を更新。高校生時代の写真を公開したところ、ネット上ではそのオーラに驚く声が続出している。 この日のブログで、藤原は自身が出演するドラマ『17.3 about a sex』(ABEMA SPECIAL)について取り上げた。同作は…

つづきを見る