地震

トラブルが増加中!「地震保険の査定」がどのように行われるのか知っておこう

ここ数十年のうちに首都直下巨大地震や南海トラフ巨大地震が起きるといわれているが、万が一に備えて地震保険に加入する人はどのくらいいるだろうか。地震保険の世帯別加入率は全国平均30.5%(2016年度・損害保険料率算出機構統計)で、2011年3月に発生した東日本大震災以降、増加傾向にある。 では、実際に被災した場合、どのよ…

つづきを見る

タイムトラベラーが警鐘「南海トラフ地震」が5月に起きる!?

マグニチュード8クラスの巨大地震が約100年から200年ごとに発生するという『南海トラフ地震』。直近では、1944年に紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震(M7.9)、1946年に紀伊半島南方沖を震源とする南海地震(M8.0)が発生しており、いずれも死者が1000名以上に上る大災害になっている。最後の地震から72年が経…

つづきを見る

耐震補強を阻む意外な要因は「高齢化問題」

いつ来るか分からない災害より、きょうの食事を豪華にした方がいい…。そう考える気持ちも分からないでもない。災害時に緊急車両の通行の妨げになる狭い道路脇の住宅に住む高齢者のなかには、「生きてもあと数年、耐震化負担は御免、このままで構わない」という人もいるだろう。 東京都は、昨年3月までに耐震化100%の目標を掲げていたが、…

つづきを見る

11月14日に観測予定のウルトラスーパームーンと自然災害の関係

11月に入り、朝晩の寒さも増してきたこの頃、寒い夜空に大きく輝くスーパームーンを見上げるのは格別だ。 2016年の今年は、大きいサイズの『ウルトラスーパームーン』という満月が観測されるとあって関心が高まっている。   ■68年ぶりの近さを体感できる 68年前というのは、1948年1月26日を指す。 21世紀に入ってから…

つづきを見る

上田晋也が熊本地震で「10億円寄付」した話の真偽と狙い

お笑いコンビ『くりぃむしちゅー』の上田晋也(45)が「10億円寄付した」という話が、インターネットで急速に広まっている。 寄付先は熊本県で、熊本地震の義援金だという。 「熊本市は上田の出身地。10億円ではないようですが、1億円以上は寄付したといいます。1000万円単位で、役所や施設、あるいは障害者支援団体などに送ったと…

つづきを見る

KAT-TUNやNEWSらの熊本地震被災者への「使い回し」メッセージ

4月14日に起きた熊本県益城町での震度7の地震を皮切りに、体感で800回を超える地震がいまも続いている。 そんな中、ジャニーズ事務所が公式ホームページで熊本地震の被災者にメッセージを発し、ジャニーズファンの被災者は励まされているという。 だが、メッセージの内容が少し変だ。 ジャニーズ所属のアイドルグループ『KAT-TU…

つづきを見る

東日本大震災を教訓に「SNS」が熊本地震で有効活用されている

4月14日午後9時26分ごろ、震度7の地震が熊本を襲った。そして16日午前1時25分ごろ震度6強の地震が起こり、各地で大きな被害が出ている。 津波などの派生を免れたこともあり、東日本大震災と比べると死者や重軽傷者などの数は少ないが、それでも熊本城をはじめ、建築物、住宅の倒壊や、土砂崩れ、地盤の液状化などが起きている。 …

つづきを見る

地震イメージ

台湾南部大地震を的中させた「地震の目」が予知する次のエリア

台湾南部で起きた大地震(マグニチュード6.4、最大震度6)で116人が犠牲になった台南市では、液状化現象による地盤沈下が相次ぎ、当局が対応に追われている。 このところ、日本列島やその周辺でも噴火や地震が相次いでいる。2月5日には桜島が爆発的噴火を起こし、翌日には台湾南部地震が発生。関東地方でも5日と7日にマグニチュード…

つづきを見る

発見!琵琶湖アトランティスが物語る「近江巨大地震再来」の可能性

滋賀県立大の琵琶湖水中考古学研究会は11月4日、同県長浜市の長浜城近くの琵琶湖湖底で、江戸時代の建物跡と見られる遺跡を発見したと発表した。 日本の水中遺跡から建物跡が見つかるのは初めてのことだという。 付近一帯は『長浜城遺跡』と呼ばれ、昨年夏から同大学大学院生の中川永研究会代表(27)らが潜水調査を実施していた。19世…

つづきを見る

巨大地震・大津波で大惨事の懸念!横須賀基地に「浮かぶ原発」と「潜る原発」 

原発事故は発電所に限ったことではない。原子力空母や潜水艦の事故でも同じようなことが起こる。原子炉が傷ついたり、一次冷却水が漏れたりしたら一気に放射能汚染が広がるのだ。その危機がいま横須賀米海軍基地にある。 「東京湾は津波の心配はあまりないと言われてきましたが、1605年の慶長地震の際は、かなりの津波被害があったようです…

つづきを見る