大河ドラマ

NHK大河『いだてん』超ゴリ押し宣伝!放送直前「特番」が豪華過ぎ!

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に早くも注目が集まっている。 同ドラマは脚本に宮藤官九郎を迎え、日本が初参加した1912年のストックホルム五輪から64年の東京五輪までの52年間にわたる時代を、複数の主人公がリレー形式でつないでいくことも話題になっている。 番組ホームページでは出演者発表を4…

つづきを見る

歴史ファン激怒!? 低視聴率NHK大河『西郷どん総集編』の見どころ

12月30日(日)午後1時5分から、俳優の鈴木亮平が主演した今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』総集編が放送される。この1年間の内容をもう一度振り返るには格好のダイジェスト番組だが、番組自体が低視聴率にあえいだこともあり、果たして期待する視聴者はどれだけいるだろうか。 「西郷どんの全47回の平均視聴率は12.7%(ビデオ…

つづきを見る

『あまちゃん』ファミリー勢ぞろいも…『いだてん』 に“のん”の名前がない!

12月14日、宮藤官九郎が脚本を手掛ける2019年放送のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の追加キャストが発表された。 同作の主演は中村勘九郎と阿部サダヲの2人で、勘九郎は日本最初の五輪選手・金栗四三役、阿部は政治記者・田畑政治役をそれぞれ務める。 そして今回発表された追加キャストは、星野源、…

つづきを見る

2020年NHK大河ドラマ「明智光秀」が主人公になった理由

東京五輪開催年の2020年に、NHKは大河ドラマで戦国武将の明智光秀の生涯を描く『麒麟がくる』を放送すると発表した。主演は長谷川博己が務める。 明智光秀といえば“主君の織田信長を討ち滅ぼした謀反人”、“三日天下”など、一般的には好印象という人物ではなく、出自においても非常に謎が多い人物。本能寺の変に至った動機も諸説ある…

つづきを見る

視聴率苦戦の西郷どん「NHK必死の番宣」に大批判

4月8日に放送されたNHKの大河ドラマ『西郷どん』は、平均視聴率が13.0%だった。前週に放送された特別番組『西郷どんスペシャル ~西郷どんと斉彬 密着120日~』の同9.7%に反して大幅にアップしたが、初回放送からここまで期待されたほど視聴率が伸びておらず、苦戦を強いられている。 「第1話は15.4%を記録しましたが…

つづきを見る

NHK大河「視聴率歴代ワースト3位」直虎に続編企画が出る理由

柴咲コウが主演したNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』が最終回を迎え、全話を通じた期間平均視聴率は歴代ワースト3位の12.8%と不振に終わった。しかし、NHK内では「続編をやるべき」という意見が盛り上がりつつあるという。 歴代のNHK大河ドラマのなかでは2015年放送『花燃ゆ』、2012年『平清盛』が同12.0%がワ…

つづきを見る

二階堂ふみが映像作家と「年末駆け込み結婚」へ

女優の二階堂ふみが、3月に交際を報じられた元モデルで映像作家の米倉強太氏と結婚するのではないかと噂されている。 11月23日に二階堂は約2年間出演した『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!18』からの卒業を、涙ながらに突然発表した。 「あまりにも不自然なタイミン…

つづきを見る

2019年大河ドラマ「サプライズ出演」期待されるあの女優

11月1日に、2019年に放送予定の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)の記者会見が行われた。このドラマは中村勘九郎と阿部サダヲがリレー形式で主演を務める異色作だ。 「この会見では中村、阿部をはじめ、綾瀬はるか、役所広司、大竹しのぶら13人の出演者が発表されました。かなり豪華な陣容であるため、記者たち…

つづきを見る

斉藤由貴「不倫問題の違約金」すでに精算済みか

女優の斉藤由貴が来年1月7日から始まる予定の大河ドラマ『西郷どん』(NHK)の出演を辞退したことに伴い、南野陽子が代役を務めると発表された。南野は将軍家に嫁ぐ篤姫の教育係である幾島を演じる。 斉藤が50代の男性医師との不倫を認めたあと、NHKは「所属事務所から出演を辞退したいという申し出があった」として降板を決定してい…

つづきを見る

IT企業社長になった柴咲コウの背後にいる人物

大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で主演を務める柴咲コウが、昨年11月にIT企業のCEOに就任していたと9月28日発売の『週刊文春』(10月5日号)誌上で報じられた。 柴咲は2016年11月に『レトロワグラース社』という会社を立ち上げ、既に会社の公式サイトも存在している。公式サイトで柴咲は、次のようなうメッセージ…

つづきを見る