大相撲

貴乃花『政界進出』に備え相撲協会が用意する仰天の「反撃手段」

10月4日、角界に“引退届”を突き付けた元貴乃花親方(花田光司氏)が、元文科大臣・馳浩衆議院議員と面会していたという。ウワサされる政界進出の話は否定していたが、八角理事長以下、相撲協会の幹部連中をビビらせたのは間違いないようだ。 「来年夏の参議院議員選挙に出馬すれば、当選は確実です。文教委員会入りし、政界から角界改革に…

つづきを見る

貴乃花『ヤバい正体』マスコミが報道しない「裏の顔」と真相とは

連日、新聞やワイドショーで話題になっている大相撲、貴乃花親方の退職問題。マスコミの取材に応じた親方は、しきりに「弟子のため」「弟子ではなくなるが意思としては師匠、お父さん」と、弟子を慮った上での決意を強調したが、周囲はそんな親方に呆れ返っているという。 相撲協会を悪者扱いしてきたマスコミの中でも、取材をすればするほど、…

つづきを見る

貴乃花親方『引退』の無責任な行動とチラつく景子夫人との「離婚」

大相撲の貴乃花親方が24日、『貴乃花応援会』公式サイトにメッセージを掲載。さらに25日に会見を開き、日本相撲協会に退職届を提出したと発表した。 貴乃花親方はまずサイトに、「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上…

つづきを見る

稀勢の里またも休場「ワースト記録更新」それでも引退しない理由

大相撲の横綱・稀勢の里が、7月8日に初日を迎える名古屋場所を休場する。師匠の田子ノ浦親方が「今場所に向けて一生懸命やってきたが、もう少し時間をいただいて、次の場所に向けて、もう1回やらせていただきたい。チャンスをもらえれば。今場所は休場させていただきたい」と話した。 稀勢の里の休場は8場所連続9度目で、今年の春場所から…

つづきを見る

新大関・栃ノ心の母国、人口370万人のジョージアが空前の相撲ブームに

日本相撲協会は5月30日に東京都の両国国技館で大相撲名古屋場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇の栃ノ心(春日野部屋)の大関昇進を満場一致で決定した。栃ノ心が旧ソビエト連邦のジョージア出身、同国からは初めての大関で、外国出身としては11人目だ。 春日野部屋で伝達式に臨んだ栃ノ心は「親方の教えを守り、力士の手本となる…

つづきを見る

稀勢の里「7場所連続休場」で問われる横綱の存在意義

大相撲の横綱の稀勢の里が、5月13日から始まる夏場所(両国国技館)を休場することが決まった。横綱の7場所連続休場は、年6場所制となった1958年以降、貴乃花と並んで最長。「今場所に進退を懸ける」としていたが、次に出場する場所に持ち越されることとなった。 「今月3日の横綱審議委員会による稽古総見で精彩を欠くなど、稀勢の里…

つづきを見る

長嶋一茂「真っ当な意見」の言い方が悪く非難の的に

タレントの長嶋一茂が4月13日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演し、大相撲の女人禁制問題についてコメントした。 静岡市駿河区で8日に実施された大相撲春巡業『富士山静岡場所』でのイベント『ちびっこ相撲』に女児の参加が認められず、泣く泣く出場を断念した女の子がいたと番組で取り上げ、主催した実行委…

つづきを見る

やくみつる「以前から指摘」相撲の女人禁制問題に語気強める

4月5日に日本テレビ系列で放送された『情報ライブ ミヤネ屋』に、日本相撲協会の元外部委員でもある漫画家のやくみつる氏がコメンテーターとして出演した。京都府舞鶴市で4日におこなわれた大相撲春巡業で、土俵上であいさつをしていた多々見良三舞鶴市長が突然倒れ、救命処置をしていた女性に対し、行司が「土俵から下りて」とアナウンスを…

つづきを見る

相撲協会問題をめぐって横野レイコと古市憲寿が舌戦

3月29日にフジテレビ系列で放送された『とくダネ!』で、前日28日に行われた日本相撲協会の臨時年寄総会について特集が組まれた。これまで内閣府に告発状を送るなどしながら、自身の部屋で暴力問題が起こった貴乃花親方について、疑問や不満を持つほかの親方衆から厳しい意見が飛び出したことなどが報じられた。 ニュース解説はフジテレビ…

つづきを見る

貴乃花親方「告訴状取り下げ検討」で批判多数

3月23日、貴乃花親方が弟子の貴ノ岩の暴行被害問題に絡む日本相撲協会の対応に問題があったとして、内閣府の公益認定等委員会に提出した告発状の取り下げを検討していると、京都府宇治市内での朝稽古後に明かした。 このきっかけとなったのは、春場所8日目(18日)の取組後に弟子の東十両14枚目、貴公俊(たかよしとし)が付け人の序二…

つづきを見る