大麻

『相棒』お騒がせ女優がしれっと出演「許されたの?」「貴重すぎる」

10月11日に、大ヒットドラマシリーズの特別版『相棒21直前! 杉下右京×亀山薫 新章突入SP』(テレビ朝日系)が放送された。かつて同ドラマで活躍した、懐かしの人物がカットされることなく映ったと、往年の番組ファンが大騒ぎしている。 放送されたのは『相棒 season7』8~9話の『相棒7 レベル4~薫最後の事件』。袴田…

つづきを見る

『舐達麻』逮捕でファン大はしゃぎ!「警察のプロモ活動」と言われるワケ

埼玉県熊谷市を拠点に活動するヒップホップグループ『舐達麻(なめだるま)』のメンバーが10月4日、大麻取締法違反の疑いで逮捕された。彼らの逮捕に対して批判の声が相次いでいるが、なぜかファンはお祭り騒ぎだという。 今回逮捕されたのは、メンバーのBADSAIKUSHこと細谷雄太容疑者とG-PLANTSこと本多勇翔容疑者ら4名…

つづきを見る

「46歳にもなって…」伊勢谷祐介の“若作りファッション”に呆れ声

俳優の伊勢谷友介が6月20日に自身のインスタグラムを更新。口ピアスにサングラス姿の最新ショットを投稿し、ネット民がザワついている。 伊勢谷は知人のブランドの服を着用しているようで、《今年の夏はシャツをいっぱい着れそうです! オーバーサイズのシャツに、このパンツめちゃくちゃハマります》と綴り、オーバーサイズの赤いアロハシ…

つづきを見る

“俳優S”の息子が大麻で逮捕!? 芸能事務所の内部告発に戦々恐々…

NHK党の党首でユーチューバーの立花孝志氏が5月24日に自身のYouTubeチャンネル『立花孝志のターシーch【NHKの裏側】』を更新。芸能事務所『トライストーン・エンタテイメント』の関係者から〝内部告発〟があったことを明かし、ネット民をザワつかせている。 立花氏は「差出人のない郵便物が届いています。中にはA4用紙3枚…

つづきを見る

“ねこくん!”こと西川雄大ダサすぎ!「実名が呟かれないの役得」の声も

4月13日、実況系ユーチューバー・ねこくん!こと西川雄大が、大麻所持の疑いで再逮捕された。このニュースにネット上では、「ダサすぎる」といった野次が飛び交っている。 西川容疑者は、90万人近くの登録者を持つ大人気実況系ユーチューバー。 主に『フォートナイト』のゲーム実況を配信しており、世界大会では1位になった経験もある。…

つづきを見る

伊勢谷友介がニオわせ? 自宅に森星の影か…「同じようなライトあるよね」

俳優の伊勢谷友介が、4月3日に自身のインスタグラムを更新。神秘的な雰囲気のある自宅の様子を公開した。 伊勢谷は《我が家の多肉から目が出た~コレ、切らなきゃならないと思うんだけど、、、確か、切ってお水に入れると花が咲いてくれるんじゃなかったかな!?!? どなたかご存知ですか~?》と綴り、天井から吊された多肉植物と幻想的に…

つづきを見る

伊勢谷友介“本格復帰”間近!? SNSへの意味深投稿に飛び交う憶測

俳優・伊勢谷友介の〝芸術センス〟に賛否両論が飛び交っている。 伊勢谷は1月12日に自身のインスタグラムを更新し、《実は一昨年の年末ハマっておりましたは、受験のため、高校生の時に慣れ親しんだ「水粘土」。最初の1匹目は直径30cmの球体をベースに作った象さん》と綴り、水粘土で作った見事な象の写真を投稿。続けて、《ただの「水…

つづきを見る

『CDTV』懐かしの“ヒルクライム”登場! 大麻逮捕の元メンバーの現在は…?

11月30日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に、ヒップホップMCのTOCによるソロユニット『Hilcrhyme(ヒルクライム)』が登場。懐かしのヒットソングを披露したのだが、視聴者をザワつかせた。 この日の番組で「ヒルクライム」は、2009年に発売された大ヒット曲『春夏秋冬』を披露。紅葉が美しい『国営武蔵…

つづきを見る

大麻で逮捕されたのに!? 美川憲一“警察の啓蒙活動”参加に疑問の声…

歌手の美川憲一が10月15日、自身の公式ブログを更新し、警察官の制服姿を公開。長野県警から、幅広い世代への広報啓蒙活動を支援する〝信州安心安全サポーター〟を委託されたことを明かした。 信州安全安心サポーターは、去年5月に始まった取り組みで、委嘱は美川で8人目。これまでに、ものまね芸人のニッチロー、お笑い芸人のこてつな、…

つづきを見る

『TOKIO』山口達也元メンバーとは大違い! 伊勢谷友介を“泳がせる”ワケ…

大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された俳優・伊勢谷友介被告が、勾留先の警視庁湾岸警察署から保釈され、1週間が経過した。大麻の入手先を黙秘しているにもかかわらず、すんなり保釈を認められた理由とは一体、何なのか? 湾岸署を出てきた伊勢谷被告は、報道陣の前で謝罪。ユーチューバーに〝絡まれる〟というアクシデントはあったが、迎え…

つづきを見る