安倍晋三

安倍晋三首相が演説場所「直前変更」を連発

総選挙の告示日の直前、各政党の党首は議席を少しでも増やせるようメディア出演や応援演説に駆けずり回っていた。そんななか、自民党の安倍晋三総裁に、とある不思議な出来事が起きた。 事の発端は、安倍総裁が10月5日に神奈川県川崎市で演説を行ったときのこと。前日に新百合ヶ丘駅前で演説を行うと告知をしたのだが、当日になって急遽中止…

つづきを見る

解散総選挙「安倍内閣退陣」の可能性は?

9月28日の臨時国会冒頭に安倍晋三首相は衆議院を解散し、事実上の選挙戦が始まった。今後の日程は、10月10日に公示、同22日で投開票が行われる。小池百合子東京都知事が新たな政党『希望の党』を結党し、その直後に民進党の一部が合流する流れを見せ、一気に“政権選択選挙”へ突き進んでいる。総選挙を展望する前に、基本的なことを確…

つづきを見る

安倍晋三首相がテレビ行脚で「丁寧な説明」を説明

9月28日に、安倍晋三首相が衆議院を解散すると記者会見で発表し、召集した臨時国会は開かれることなく、政界は完全に選挙モードへ突入した。 そして、小池百合子東京都知事が側近の若狭守衆議院議員、民進党を離党した細野豪志元環境大臣らと共に新たな政党『希望の党』を結党したその直後、何と民進党が“合流”という形ですり寄り、大儀な…

つづきを見る

小泉純一郎首相に弓引いた「造反組」野田聖子議員が入閣した理由

かつて郵政民営化に反対したことから自民党を離党し、2006年在任時の安倍晋三首相の意向により“造反組”の復党が実施されたことで自民党に戻った野田聖子衆議院議員が、今回の組閣で総務大臣に起用された。 「野田さんは2年前の総裁選で安倍首相が無投票で再選した際、首相の対抗馬として立候補を模索したことがありました。その際に推薦…

つづきを見る

安倍晋三首相と加計学園の関係「文春砲」にトドメを刺される

8月3日に内閣改造を行った安倍晋三内閣の改造当日に発売された『週刊文春』に、加計学園の公職選挙法違反の記事が掲載された。 記事によると、加計学園が経営する岡山理科大学、倉敷芸術科学大学および千葉科学大学に所属する事務職員が、2009年8月に行われた総選挙において、安倍首相の選挙区に応援として派遣されたという。 2009…

つづきを見る

安倍晋三総理の「忖度」を突く今治市議の投げ掛けた質問

安倍晋三内閣の支持率が急落し、自民党内の基盤も揺らいでいるなか、7月24日と25日に国会の閉会中審査が開かれることになり、支持率急落の原因となった加計学園問題を安倍首相も出席して審議することになった。 「渦中の加計学園は千葉県銚子市で千葉科学大学という学校を経営しています。ただ、ここ数年は定員割れが続き、決して経営は楽…

つづきを見る

安倍晋三首相と小池百合子都知事の対立が激化する2つの理由

7月2日に投開票が行われた東京都議会選挙は、自民党が歴史的な惨敗を喫した。この選挙は地方選挙のひとつだが、“国政の先行指標”ともいわれ、安倍晋三首相の今後の政権運営や、衆院解散戦略に大きな影響を与えるのは間違いない。 下馬評でも小池百合子東京都知事率いる地域政党『都民ファーストの会』が優勢といわれていたが、森友学園や加…

つづきを見る

森友学園と加計学園は序章にすぎない!?第3の「忖度」も存在か

安倍晋三政権は、岩盤規制改革を看板政策に掲げ、文部科学省の権益や権限を取り上げた。内閣府所管の国家戦略特区を活用した大学の学部新増設が、その最たるものである。 この国家戦略特区を活用した学部新設の第1弾となったのが、今春、千葉県成田市に誕生した国際医療福祉大(本部:栃木県大田原市)の医学部新設だ。 成田市と同大は共同で…

つづきを見る

首相官邸VS文科省の争いは「新国立競技場白紙撤回」からだった

加計学園の獣医学部新設(愛媛県今治市)に関し、前川喜平前文科省事務次官が「行政が官邸によってゆがめられた」と発言した背後には、2015年からの官邸VS文科省の暗闘がある。 第1幕は、新国立競技場新設案件だ。 文科省は、ザハ・ハディド案を採用した新国立競技場の総工費膨張と白紙撤回で、世論の袋叩きに遭い、日本スポーツ振興セ…

つづきを見る

朝日新聞VS安倍晋三首相の「10年戦争」

先ごろ、《朝日新聞は言論テロ》というフェイスブックの投稿に、安倍晋三首相の公式アカウントが“いいね!”と返したと物議を醸した。 いいねがされたのは、5月19日に劇作家の今井一隆氏が投稿した一文だ。加計学園の獣医学部新設をめぐる朝日新聞の報道について、漫画家の須賀原洋行氏が批判したことを紹介した上で、今井氏の《言論テロと…

つづきを見る