宮川大輔

木村拓哉と同世代! 2022年に“50歳を迎える”意外な芸能人たち

国民的スーパースター・木村拓哉が、2022年についに50歳を迎える。 木村は1991年に、「SMAP」のメンバーとしてデビュー。その後は『ロングバケーション』を始めとしたフジテレビの「月9」と呼ばれる看板ドラマ枠で〝主演〟を務めることが増え、若くして芸能界の頂点に君臨。そして2000年には歌手の工藤静香とゴールインし、…

つづきを見る

「ギャル曽根に忖度か」とブーイング! 物議を醸したテレビの大食い企画

壮絶な戦いでお茶の間を盛り上げる大食い番組。しかし、最近になって、ズル行為やマンネリによる〝オワコン化〟が指摘されているようだ。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の人気企画「ギャル曽根VSチャレンジグルメ」シリーズには近頃、ツッコミが殺到していた。 2021年9月放送回ではタレント・ギャル曽根の対戦相手に東京五輪柔道金メダリ…

つづきを見る

『イッテQ』宮川大輔が“アノ人”の復帰熱望?「秒でわかる」「無理そう」

ピン芸人の宮川大輔が、11月21日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。かつての番組レギュラーである元『NEWS』手越祐也の存在をニオわせ、ファンをザワつかせた。 日本のお祭りを取り上げる企画『ニッポンお祭り道中』で、宮川は北海道の網走湖へ。スタッフいわく「体力系」の祭りといい、宮川は最近手が震える…

つづきを見る

『イッテQ』いとうあさこへの“汗いじり”に批判「いつの時代のテレビだよ」

11月7日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演した、いとうあさこに対する番組サイドのイジりに、視聴者が苦言を呈している。 この日は「いとうあさこのミステリーツアー」を放送した。兵庫県西宮市を訪問し、ランニングアプリの追跡機能を使って、アプリ上に似顔絵を描く男性と対面。出川哲朗の似顔絵を描くことになり…

つづきを見る

『イッテQ』宮川大輔の早食いにドン引き「とにかく不快」「普通に失礼」

10月4日に放送された日本テレビ系の特番で、『世界の果てまでイッテQ!』が秋ドラマとコラボ。宮川大輔が早食いにチャレンジしたが、嘔吐を連想させるリアクションを見せ、視聴者から「不快」と批判が漏れている。 日テレ系の人気番組同士が組み、企画に挑む『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくりナンデス! 日テレ秋のコラボS…

つづきを見る

『イッテQ!』宮川大輔の“大食い”が物議「吐きそう」「大事に食べて」

5月9日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、宮川大輔が大食いに挑戦したが、立て続けに苦しげな表情を見せ、一部を吐き出してしまった。これに視聴者は嫌悪感を示している。 宮川は香川、兵庫を訪問。香川県小豆島では樽や桶を支える輪「箍(たが)」をフラフープのように回す「タガフープ」に挑戦。直径1.8メートルの…

つづきを見る

『イッテQ!』ヤバい“過去映像”にお茶の間悲鳴「苦しくて涙でた」

3月14日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、外国の一風変わった文化が紹介されたところ、視聴者は「気持ち悪い」などと悲鳴をあげていた。 この日は「春の爆笑アワード」と題し、過去の名場面を振り返った。視聴者の間で話題になったのは、宮川大輔らが「宮川探検隊」の企画で、アフリカのウガンダを訪問した2019年…

つづきを見る

『イッテQ』北海道でのノーマスク“密カラオケ”に呆れ声「いつ撮影したの?」

1月17日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のワンシーンが、ネット上で物議を醸しているようだ。 問題となったのは、宮川大輔による『宮川探検隊 in 北海道』なる企画。今回は本マグロを釣るべく、北海道最南端・松前町を訪れた。スタッフらを引き連れて100kg超えの本マグロを狙う宮川だったが、釣れたのは…

つづきを見る

『イッテQ』宮川大輔が女性ADの“容姿”イジって批判「差別みたいに聞こえる」

お笑いタレントの宮川大輔が、1月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。女性スタッフの容姿を表現した言葉が失礼に当たるのではと、視聴者の間で物議を醸している。 番組では、人気企画「宮川探検隊」を放送。津軽海峡でマグロを釣るロケに挑戦した。事前にスタッフ2人と宮川が打ち合わせ。「今回は(スタッフが…

つづきを見る

『イッテQ!』放送事故レベルの映像に悲鳴「地獄だ」今週の芸能ニュースTOP10

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(11/19配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 『イッテQ!』放送事故レベルの映像垂れ流しに悲鳴「やばすぎ」「地獄だ」 225pt. 『イッテQ!』放送事故レベルの映像垂れ流しに悲鳴「やばすぎ」「地獄だ…

つづきを見る