家電

花粉症対策に欠かせない「空気清浄機」の正しい使い方

今年もまた花粉の季節がやってくる。 最近では手軽に薬局でアレルギー薬を購入することができるので、症状の緩和には役立つことも多い。だが、症状のひどい人は外出の際にマスクやメガネなどの対策グッズを用意しなければならないため面倒だ。また、帰宅後にも部屋にいつの間にか粉塵や花粉が漂っているケースもあり、気の休まる時間がないとい…

つづきを見る

急なトラブル「エアコンが暖まらない」に要注意!

住宅設備のトラブルを解消する東京都内の企業によると「エアコンが暖まらない」という問い合わせが例年の2~3倍に達しているという。原因は積雪地以外にも降り注いだ大雪が影響している。 大手空調メーカー『ダイキン』は、自社のホームページで『大雪の困りごととその解決方法』と題して注意を呼び掛けている。その内容は、エアコンから温風…

つづきを見る

スマホと連動した家電はここまで進化している!

昨年、いろいろなメーカーから発売され話題になったグッズといえば、声掛けするだけで調べ物や音楽の再生、家電の操作ができる『スマートスピーカー』だ。このような最新のガジェットによって、われわれの生活は日々、便利になっている。 スマートスピーカーで家中の家電をすべてオートメーション化するのはまだまだ難しいが、一方で、自分のス…

つづきを見る

【知らずに使ってた…】スマホの「間違った使い方」ワースト5

いまではひとりで複数台所有することも珍しくなくなった携帯電話。特にスマートフォンはそれ1台で音楽プレイヤーから財布、カメラなど万能利用できるため所有率も高まっているが、取り扱い方を間違うと機体の寿命が短くなったりトラブルを招くので注意が必要だ。あらためて、以下の項目に注意しよう。特にガラケーからスマホに変えたばかりとい…

つづきを見る

4K UltraHD curved TV

普及する「格安4Kテレビ」はいま買うべきなのか

年末商戦の真っただ中、家電量販店で人気を集めているのが『4Kテレビ』だ。東京都内のある販売店では、40型以上の液晶テレビの販売台数のうち、約7割を4Kモデルが占めているといい、今後、さらにその割合は高くなると予想されている。 実際に4Kテレビブームの口火を切ったのは、PB(プライベートブランド)モデルの登場だ。今年6月…

つづきを見る

「スマートスピーカー」期待しているのは10代と高齢者!?

年末の家電商戦のなかで人気になっているのか『スマートスピーカー』だ。 スマートスピーカーとは、小型スピーカーにマイクが付いており、利用者が音声で話し掛けるとインターネットで情報を検索し、答えてくれるというもの。例えば「きょうの天気は?」と質問すれば、自分の住んでいる地域の天気を機械音声で教えてくれる。また「音楽をかけて…

つづきを見る

家屋全焼の重大事故も「扇風機の経年劣化」に専門家が注意喚起

近年になって、エアコンとの併用を推奨されて復権した“扇風機”だが、思わぬ事故が報告されている。 「扇風機は、電子レンジや洗濯機、ガスコンロなどと違って、操作を間違える心配が極めて少なく、それだけに使用中に重大事故に至ることはそれほど多くありません。ただ、構造が単純なことや、技術の進歩などの理由から長持ちするため、“経年…

つづきを見る

close up of woman pointing finger to ear over snow

「30万円の超高級イヤホン」が爆発的に売れている理由

高級テイラーメイドイヤホンの『Just ear』は、ソニーエンジニアリング社が製造販売しているカスタムIEMブランドだ。ソニーの元“耳型職人”と呼ばれ、ヘッドホンの名機を世に送り出した松尾伴大氏が開発責任者を務めることで話題となった。 「Just earには『XJE-MH1』と『XJE-MH2』の2種類があります。細か…

つづきを見る

大手メーカーに負けない商品を作る「一点突破」の家電ベンチャー

販売競争が加熱している空気清浄機の市場で、順調に業績を伸ばしている新興企業に『カドー』という会社がある。社名は“華道”を意味し、デザインのコンセプトにもなっている。しかし、同社の空気清浄機の最大の特長は“世界ナンバーワンの清浄能力”で、この機能に洗練されたデザインが加わることで、多くの顧客の支持を得ている。 同じく新興…

つづきを見る