小学生

埼玉県民ディス!『月曜から夜ふかし』に視聴者激怒「すごい失礼」

4月18日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、埼玉県に対する愛を口にした小学生を番組サイドがイジる場面があった。視聴者は「意地が悪い」と激怒している。 埼玉県は都道府県別自慢度ランキングで10年連続最下位だという。スタッフは県民に街頭インタビューしたが、出てくる言葉は自虐ばかりだった。 そんな中で番組は、埼玉…

つづきを見る

少年革命家・ゆたぼん“不登校”継続に批判「逃げる口実にしてるだけ」

ユーチューバーの〝少年革命家〟ゆたぼんが12月16日、ボクシング興行『3150ファイトVol.1』で三輪皇瑛選手とエキシビションで対戦。納得の試合内容に、「今後もYouTubeとボクシングを続けていく」と語り、ネット上で賛否の声があがっている。 ゆたぼんは試合前日に、「情けない試合をしたらYouTube引退&学校登校」…

つづきを見る

松岡修造の“大声”に小学生女児が号泣「怖いよね」「わかるわ…」

松岡修造が12月15日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に出演。共演者を泣かせて視聴者をザワつかせた。 この日は新企画を放送。田中みな実と松岡がそれぞれ、小学1年生が医者役を演じる診察室を訪れ、自らの悩み事を相談した。 子どもと同じ高さのいすに座った松岡は男の子に相談。周囲にポジティブと思わ…

つづきを見る

田中みな実は子どもが苦手? 小学1年生との会話に「露骨」「怖い」

12月15日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)で、フリーアナウンサー・田中みな実の苦手なものが発覚したのではと、視聴者の間で話題になっている。 この日は医者に扮した小学1年生に芸能人が悩み相談する新企画を放送。田中は女の子と向かい合って相談した。 田中はチョコレートを食べ過ぎてしまうと吐露。…

つづきを見る

『月曜から夜ふかし』子どもが号泣! 視聴者騒然「そりゃ怖いよ…」

8月9日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、子どもが突然泣き出すシーンがあり、視聴者を驚かせている。 番組では、全国のさまざまな賞を取り上げた。5番目に登場したのは「かばん大賞」。日本かばん技術創作コンクール(日本鞄協会主催)で過去に入賞したという男性を取材した。ランドセルを作って応募し、受賞したことは良かっ…

つづきを見る

『今くら』登場の“小学生ギャルモデル”に心配の声「化粧にネイルに髪染めて…」

6月16日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、ギャルモデルのじゅなが登場。12歳の小学6年生ということで、ネット上では心配の声があがっている。 じゅなは栃木県出身の小学生ギャルモデル。現在は雑誌『egg』の公式YouTubeチャンネルを中心に活躍している。その人気は凄まじく、初出演した動画は120万回再生…

つづきを見る

大久保佳代子の“イジメ”対処法に驚き「強い人だわ」「壮絶だな…」

大御所女性お笑いコンビ『オアシズ』が、2月26日放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系)に出演。大久保佳代子が明かした、幼少期のエピソードが話題を呼んだ。 2人はコンビ揃ってインドネシアを紹介し、その生い立ちやコンビ結成の経緯、デビューしてからのさまざまな思い出を告白。大久保は番組終盤、ボートに揺られながら、芸人に…

つづきを見る

小学生ユーチューバーの金髪に賛否!「ホリエモンのマスクトラブルと似てる」

「不登校は不幸じゃない!」「俺が自由な世界をつくる」と宣言し、不登校の子どもや親を励ますメッセージを発信している、小学生ユーチューバーのゆたぼん。彼が10月16日、自身のYouTubeチャンネルを更新。金髪で学校に行ったと報告し、物議を醸している。 『金髪で学校行って先生とケンカした!』というタイトルで動画を投稿したゆ…

つづきを見る

あいみょんが押し出す“エロス”戦略に冷めた声…『うんこドリル』と同じ?

8月2日放送のトークバラエティー番組『A-スタジオ』(TBS系)にシンガーソングライターのあいみょんが出演。〝エロス〟について熱弁したが、「サブカルをこじらせた大学生…」と呆れ声が上がっている。 番組では、『スピッツ』の歌詞から〝エロス〟を感じるという話題に。あいみょんは「そういうのが好き。エロいのが」と認めた上で、「…

つづきを見る

松井珠理奈“11歳のわたし”写真が衝撃!「これほど劣化するとは…」

〝AKBの頂点〟に君臨する『SKE48』の松井珠理奈が7月30日、自身のインスタグラムを更新。11年前に同グループのオーディションを受けた小学6年生時の写真を公開した。 View this post on Instagram A post shared by 松井珠理奈 (@jurinamatsui3) 松井は「ちょう…

つづきを見る