尾田栄一郎

実写版『ONE PIECE』異例のメガヒット! 世界84カ国で1位、偉業達成のワケは原作者・尾田栄一郎の存在

大人気漫画の実写化は、クオリティーの低さから基本的に失敗に終わることが多い。 しかし『Netflix』で配信中の実写ドラマ版『ONE PIECE』は、近年稀に見る〝大成功〟を収めたようだ。 配信データサイト『FlixPatrol』によると、実写ドラマ版「ONE PIECE」は、一部の指摘によると世界84カ国でランキング…

つづきを見る

Adoは“ワンピース愛”ゼロ? 尾田栄一郎の描き下ろしアイコンもすぐ変更…

現在公開されている映画『ONE PIECE FILM RED』への出演で、再び脚光を浴びているアーティストのAdo。しかし、あまりにも『ONE PIECE』に関する話題に触れないため、作品への〝愛がない〟などとネット上で騒がれている。 8月6日より全国で公開がスタートした「ONE PIECE FILM RED」。Ado…

つづきを見る

ワンピ尾田栄一郎がAdoにセクハラ?「僕の娘なのかな」発言にドン引き…

8月6日に公開される劇場アニメ『ONE PIECE FILM RED』の主題歌を担当する歌手のAdo。そんな彼女に原作者の尾田栄一郎が特別な感情を抱いていることが判明し、ネット上で物議を醸している。 話題になっているのは、8月2日にウェブサイト『コミックナタリー』へ掲載された『ONE PIECE』原作メディア担当編集者…

つづきを見る

『コナン』『ONE PIECE』コラボ表紙に疑問「平次にして欲しかった」

『名探偵コナン』の著者・青山剛昌と『ONE PIECE』の著者・尾田栄一郎の対談を記念して、『週刊少年サンデー』と『週刊少年ジャンプ』がコラボ。2作品の看板キャラクターがそれぞれの雑誌の表紙を飾るのだが、良い意味でも悪い意味でも話題になっているようだ。 コラボが実施されるのは、7月25日発売の「ジャンプ」34号と7月2…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』ついに連載再開? ワンピ休載で飛び交う憶測

国民的人気漫画『ONE PIECE』が、『週刊少年ジャンプ』30号から休載に入るという。ファンの間に大きな衝撃が走ったが、一部では、これに合わせて『HUNTER×HUNTER』の連載が再開するのでは、などとウワサされているようだ。 「ONE PIECE」の公式ツイッターは6月7日、《尾田栄一郎先生からみなさまへ大ニュー…

つづきを見る

『ONE PIECE』休載連発で読者イライラ…「話が進まないくせに!」

1月24日発売の『週刊少年ジャンプ』2022年8号は、人気漫画『ONE PIECE』が休載。ここ最近、同作のストーリーがあまりにも進んでいないと、ファンから不満が噴出している。 「ワノ国編」に突入してから、3年半以上の月日が経った「ONE PIECE」。しかし、まだまだ戦いは終わっておらず、四皇・カイドウとの決着も、ま…

つづきを見る

尾田栄一郎の神対応に『ONE PIECE』ファン大興奮「鳥肌たった…!」

1月10日放送の特番『さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』(TBS系)にて、国民的漫画『ONE PIECE』を取り扱う一幕が。作者の尾田栄一郎に対して、視聴者から絶賛の声が上がっている。 同番組は、MCである明石家さんまと中村玉緒の2人が、一般人のユメを叶えるバラエティー。今回の放送では「ONE P…

つづきを見る

漫画家・尾田栄一郎が『名探偵コナン』作者にマウント?「謎の上から目線」

先日、青山剛昌の大ヒット推理漫画『名探偵コナン』のコミックスが、記念すべき100巻に到達した。一足早く100巻を発売した『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎がこれに反応したのだが、上から目線だと話題になっている。 問題の発言が掲載されたのは、11月8日発売の『週刊少年ジャンプ』49号。巻末コメントにて尾田は《面識は…

つづきを見る

アニメ『ONE PIECE』にお茶の間凍り付く…お色気連発で「気まずい」

ここ最近、アニメ『ONE PIECE』の様子がおかしい…。日曜朝という老若男女が見る時間帯にも関わらず、たびたび〝お色気シーン〟が登場しているのだ。果たして制作陣には、どんな意図があるのだろうか。 現在、アニメ「ONE PIECE」では宿敵・カイドウとの戦いを描いた〝ワノ国〟編を放送中。カイドウの本拠地・鬼ヶ島を舞台に…

つづきを見る

漫画家・尾田栄一郎のお気に入り楽曲にツッコミ「若い子の曲も聞いてます感」

音楽ストリーミングサービス『Spotify』にて、漫画家・尾田栄一郎氏が最近聴いている楽曲のプレイリストを公開。意外と最近の曲もよく聴いているようだが、一部では《おっさんが頑張って若い子の曲も聞いてます感が出てる》といった痛烈なツッコミがあがっていた。 どのような楽曲が並んでいたかというと、全体的に若い世代に人気のアー…

つづきを見る