島崎遥香

元『AKB48』島崎遥香が激変! 以前とはまるで別人に「こんな子だった…?」

『AKB48』の〝神セブン〟に君臨しながらも、ファンへの無愛想な態度で多くのアンチを抱えていた島崎遥香。しかし、ソロタレント転向から数年が経過した今、「愛想が良くなった」と話題となっている。 「島崎は研究生の頃から、『神セブン』に並んで雑誌の表紙を飾るほど〝特別扱い〟だったメンバー。最初から祭り上げられて図にのったのか…

つづきを見る

島崎遥香の“小泉今日子になりたい”発言にブーイング「イメージ悪くなる」

『AKB48』の元メンバーで、女優の〝ぱるる〟こと島崎遥香が、9月13日放送のラジオ番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(J-WAVE)に出演。「小泉今日子さんになりたい」と語った。 島崎は現在、女優として活躍しているが、自身について「女優として、って言ってくれたけれど、アイドルを卒業したんだけれど、ずっと…

つづきを見る

元『AKB48』島崎遥香の“妄想神7”が物議…「そういうことなんだろうね」

7月28日、元『AKB48』の島崎遥香が、自身のYouTubeチャンネルに新たな動画を投稿。自身が構想した〝最強のアイドルグループ〟を発表したのだが、この人選が物議を醸している。 動画は『ぱるる、女性アイドルグループを作ります!』というタイトルで、サムネイル画像には《ぱるる的アイドル神7》との文字が。概要欄には《勝手に…

つづきを見る

島崎遥香の“さりげない胸チラ”に視聴者大興奮!「最高すぎる」

7月6日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)で、VTRに元『AKB48』の島崎遥香が出演。態度が悪すぎる〝塩店員〟を熱演したのだが、視聴者の視線は彼女の〝胸チラ〟に集中していたようだ。 VTRの内容は、島崎演じる塩店員がおじさんに説教されて態度を改めるというもの。島崎は客からおススメのメニューを聞かれて「…

つづきを見る

元『AKB48』島崎遥香“ジリ貧”引退!? まゆゆと違い惜しまれず…

先ごろ芸能界を引退した元『AKB48』の〝まゆゆ〟こと渡辺麻友。いまだ哀しみの声は多く聞こえている。 「本当に渡辺さんの引退は惜しい。AKBの〝神7〟では初の引退。ソロになっても活躍し、これからというときだった。ファンも泣いていますよ」(AKBライター) 一方、同じ元『AKB48』の〝ぱるる〟こと島崎遥香は〝惜しまれず…

つづきを見る

吉沢亮のプライベートショットがダサい! 私服が衝撃的な芸能人たち

普段は抜群の着こなしをメディアで披露している芸能人だが、それは〝本人のセンス〟ではなく、スタイリストのセンスであることが多い。〝私服が残念〟と話題になった芸能人を紹介していこう。 まずは、〝国宝級イケメン〟の異名をもつ俳優の吉沢亮。4月15日配信の『NEWSポストセブン』で、好物のつけ麺を食べに行く姿がスクープされた。…

つづきを見る

元AKB・島崎遥香YouTube進出に厳しい声「需要ある?」「鼻変わった」

元『AKB48』の島崎遥香が26歳の誕生日を迎えた3月30日に、自身のYouTubeチャンネル『ぱるるーむ』を開設。19時からは生配信を行った。 島崎は「YouTubeのみんなはじめまして~、お元気ですか~」とあいさつ。自身の誕生日ということで、ケーキを食べながら配信を始めた。彼女のYouTube進出に、ファンからは、…

つづきを見る

島崎遥香“中国メーク”で別人級に…「私の知ってるぱるるじゃない!」

先ごろ、俳優・林遣都との同棲愛が破局を迎えたと報じられた元『AKB48』の〝ぱるる〟こと島崎遥香が1月11日、自身のインスタグラムを更新。はやりの〝中華系メーク〟「チャイボーグ」に挑戦したショットを披露したのだが、あまりの変貌ぶりにネット上では「別人やんけ」などと仰天する声が続出している。 先日、ピンク色のボアの極太ボ…

つづきを見る

島崎遥香の“全身ピンク”姿に呆れ「パチンカスの格好じゃん」 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(1/9配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 島崎遥香 : 島崎遥香“ダサ過ぎる私服”が熱愛報道より話題「パチンカスじゃんw」 32…

つづきを見る

島崎遥香“ダサ過ぎる私服”が熱愛報道より話題「パチンカスじゃんw」

〝ぱるる〟の愛称で親しまれている元『AKB48』島崎遥香と、若手実力派俳優・林遣都の熱愛が明らかになった。意外な組み合わせに驚く声が上がる中、最も注目を集めたのは島崎の〝ダサ過ぎる私服〟。ネット上では「地球上で一番ダサい」などと爆笑の声が続出している。 同スキャンダルを報じたのは、『週刊文春』が運営するウェブサイト『文…

つづきを見る