有村架純が斬首刑に…?『どうする家康』第3話で壮絶な鬱展開

『嵐』の松本潤が主演を務めるNHK大河ドラマ『どうする家康』第3話が1月22日に放送され、地獄のような鬱展開をめぐって視聴者から悲鳴があがっている。 このドラマは、いま最も注目を集める脚本家の一人である古沢良太氏が、新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描いた作品。 国と家族を失った孤独な少年・竹千代…

つづきを見る

ほぼ放送事故? 松本潤と大人気ユーチューバーの絡みにお茶の間冷え冷え

1月23日放送の『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)で、『嵐』の松本潤が旅ロケに挑戦。大人気ユーチューバーグループが登場したのだが、お茶の間を凍り付かせてしまった。 前週に引き続き、松本による愛知県・岡崎市の旅を放送。松本は旅路の途中、行く先々で『東海オンエア』というワードを耳にしていた。 彼らは岡崎市在住のユーチューバーグ…

つづきを見る

『大病院占拠』視聴率アップ! クソドラマ評もSNSでは話題沸騰のワケ

1月21日、『嵐』櫻井翔の主演ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系)第2話が放送された。 初回から「クソドラマ過ぎる」など散々な評価だったが、なぜか視聴率がアップ。ネット上では予想外だと驚きの声があがっている。 鬼の面をかぶった武装集団に大病院が占拠され、神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井)が、人質となった医者で妻の裕子…

つづきを見る

櫻井翔の“もっさりアクション”に苦笑…『大病院占拠』はキャスティングミス?

1月21日、『嵐』櫻井翔の主演ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系)第2話が放送された。トンデモ展開とチープな映像技術とともに、櫻井の演技にも苦言が相次いでいる。 ある日、大病院の『界星堂病院』が、鬼の面をかぶった武装集団に占拠されてしまう。 神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井)は、人質となった医者で妻の裕子(比嘉愛未)…

つづきを見る

Snow Manラウールが一瞬で『嵐』超え! 松本潤をしのぐ世界的スターに

今月に個人インスタグラムを開設した『Snow Man』ラウール。そのフォロワーが世界レベルで伸び、もはや全世界を統合する勢いを見せている。 ジャニーズは今年に入り、『KAT-TUN』亀梨和也、『Kis-My-Ft2』玉森裕太など、個人インスタの開設ラッシュが続いている。 「ラウールもこの流れに乗ったわけだけど、人気の落…

つづきを見る

有村架純の腕を“既婚ジャニーズ”がグイッ…「なんなんアイツ!」

俳優の有村架純が、1月16日放送の『ニノさんとあそぼ』(日本テレビ系)に出演。既婚男性に腕をグイッとつかまれ、視聴者をザワつかせている。 『嵐』二宮和也が、仲良しのゲストと旅に出る企画。二宮、有村、陣内智則、朝日奈央ら7人が箱根に出発した。 箱根の商店街を巡った後、一行は旅館へ向かうことに。ただ、スタッフは「全員乗れる…

つづきを見る

松本潤と井上真央は破局していた? 意味深な言葉「裏では彼氏って呼んでます」

2005年に放送されたドラマ『花より男子』(TBS系)の共演以来、秘密愛を継続させてきたと言われる『嵐』松本潤と女優の井上真央だが、業界内では〝すでに別れている〟ともっぱらのウワサのようだ。 その疑惑は、1月7日に開催された井上が主演のドラマ『100万回言えばよかった』(TBS系)の制作発表での一コマでも垣間見えた。 …

つづきを見る

松本潤『どうする家康』は若者向けドラマ? NHKの“高齢者切り”に拍車

1月8日より、『嵐』松本潤が主演を務める大河ドラマ『どうする家康』(NHK)の放送がついに始まった。 その内容が若者に媚びを売りすぎているのではないかとして、往年の大河ファンから大ブーイングを浴びているようだ。 『どうする家康』は、いま最も注目を集める脚本家の一人である古沢良太氏が、新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名…

つづきを見る

“ジャニーズ史上初”を懸けてファンがバトル! 1億回再生を記録するのは…

強烈な信仰心を持つことでお馴染みのジャニーズファンが、ネット上でザワついている。 どうやら、〝ジャニーズで最初にYouTube再生回数1億回を達成するグループはどこか〟をめぐり、熾烈な争いが繰り広げられているらしいのだ。 勝手にレースへノミネートされているのは、2019年12月にアップされた『Snow Man』の『D….

つづきを見る

飲酒強要、性的暴行…『Snow Man』不祥事続発でも“ポスト嵐”?

ファンクラブ会員数は『嵐』に次ぐ100万人に迫り、リリースされたCDはほぼミリオンヒットを達成するなど、現在『Snow Man』の勢いが止まらない。 しかし、彼らにはこれまでに不祥事が続発しており、さながら〝『NEWS』の再来〟とも言える実情なのをご存知だろうか。 最も有名なメンバーは、「俺はあきが好きだから!」という…

つづきを見る