川谷絵音

ベッキーそっくり? ゲス・川谷絵音“今カノ”に「お似合いだと思う」

人気バンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音がモデル女性と同棲中であると、10月12日付の『女性自身』が報じ、話題になっている。 記事によると川谷は10月上旬のある昼過ぎ、スレンダーなモデル風女性と肩を並べ、東京都内の一等地にある高級マンションの自宅に向かって歩いていたという。 川谷といえば思い出されるのが201…

つづきを見る

『TOKYO MER』最終回“不在キャラ”に落胆… 今週の芸能ニュースTOP10

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(9/16配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 『TOKYO MER』最終回に不在のキャラが…! 視聴者が落胆「残念です」 298pt. 『TOKYO MER』最終回に不在のキャラが…! 視聴者が落胆…

つづきを見る

ゲス・川谷絵音の“電車マナー”に批判「普通に座れよ」「図々しい」

グループ名通りのゲスな人格だった不倫の盟主『ゲスの極み乙女』のボーカル・川谷絵音が、ネット上で失笑されている。 9月7日、川谷は自身のインスタグラムを更新し、モデルの佐田真由美を嫁に持つマルチクリエイター・野村訓市と電車内で談笑する画像を投稿。本文には《くんいちさんと喋ってるとこ撮られてた》と一言だけ添えたほか、《ファ…

つづきを見る

『関ジャム』川谷絵音の“スマホ画面”にモザイク! 放送禁止のアプリとは…

『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音が、3月14日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。iPhoneの中身を公開したが、一部アプリがモザイクで隠されていたのでは、と視聴者は指摘している。 この日は2019年に64曲を手掛けたという川谷の頭の中身を探る内容だった。スマートフォンに曲作りのヒントが多…

つづきを見る

『ゲス極』川谷絵音がイケメン化! アイドル顔負けの容姿に視聴者メロメロ

1月27日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が登場。洗練されたルックスが、ネット上で大きな話題を呼んでいる。 この日の番組では、「『ロード ~第15章』一般募集」という企画を放送。THE 虎舞竜の楽曲『ロード』の〝続き〟にあたる第15章を一般から公募し、選ばれた一曲を高橋…

つづきを見る

渡部建も安心! 大スキャンダルから“華麗に復活”した芸能人たち

複数女性との不倫が報じられ、芸能活動自粛となった『アンジャッシュ』渡部建。内容のエグさや妻の佐々木希を傷つけたこと、爽やかなイメージの崩壊などから、芸能界復帰は絶望的という見方もある。しかし、大スキャンダル後に華麗に復活した例もいくつかあるので、渡部にだって可能性がないわけではない。早速、紹介していこう。 まずは『ゲス…

つづきを見る

渡部建も復帰か!? 『ゲス極』川谷「2年前から休みなし」に嫌悪の声続出

ロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が6月15日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演し、忙しい日常を明かした。視聴者は、かつてベッキーとの不倫が報じられた川谷と、不倫騒動真っただ中の『アンジャッシュ』渡部建を比較。「渡部もすぐ復帰するのだろうか」と皮肉る声が続出している。 川谷は『千鳥』ノ…

つづきを見る

『ゲス極』川谷絵音“好感度”爆上がり!? 「BUMPファンを味方につけた」

5月10日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に、ゲストとして『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が登場。番組内でロックバンド『BUMP OF CHICKEN』の魅力を語り、ネット上で話題になっている。 この日の番組では、「リモート企画第2弾! 川谷絵音が選ぶ人生のBEST 5曲」と題した企画を放送。川谷がリモート…

つづきを見る

『100ワニ』作者もやらかしていた!“過去ツイート”がヤバい売れっ子たち…

ステマ疑惑で絶賛大炎上中の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。作者であるきくちゆうき氏のツイートが掘り返され、こちらも悪い意味で話題になっているようだ。 きくち氏は『100日後に死ぬワニ』の終了前後から多数のテレビ番組に出演。作品さながらの優しい雰囲気を醸し出し、 《人柄めちゃくちゃ好きだな》 《ゆる~い感じのキャラい…

つづきを見る

『ゲス極』川谷が『AAA』浦田を擁護で大反論続出「的外れすぎ」

かつてタレントのベッキーとの〝ゲス不倫〟で名を馳せた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が、4月29日にツイッターを更新。世間が「君の音楽を知らない」などとミュージシャンを批判してマウント気味の態度を取っていることに苦言を呈した。 この日、川谷はツイッターで、 《関係ない話なのだけど、音楽において〝知らない〟は評価をする以前…

つづきを見る