張本勲

北村匠海が月9『ナイト・ドクター』降板? 今週の芸能ニュースTOP10

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(8/19配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 『ナイト・ドクター』北村拓海ついに降板? シフトからも消え…「泣いてる」 234pt. 『ナイト・ドクター』北村匠海ついに降板? シフトからも消え…「泣…

つづきを見る

松本人志も苦言! 張本勲の“謝罪”に再び批判殺到「本当にひどい態度」

女子ボクサーに対して「女性でも殴り合い好きな人がいるんだね」という衝撃的な発言を繰り出し、大炎上した野球評論家の張本勲氏。8月15日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で自身の行動を悔い改めたのだが、世間は彼の謝罪を受け入れないようだ。 この日の番組では、スポーツのコーナーに入る前のタイミングで一連の騒動について謝…

つづきを見る

『サンモ二』打ち切り待ったなし!? “老害”出演者のヒドすぎ失言まとめ

『サンデーモーニング』(TBS系)がいよいよ〝打ち切り〟になるのではないかと、ネット上で話題になっている。 同番組は1987年10月から日曜朝のワイドショー番組としてスタート。『週刊御意見番』コーナーでは、野球解説者の故・大沢啓二さんや張本勲氏が「あっぱれ!」「喝!」を入れてコメントすることで大人気になった。平均世帯視…

つづきを見る

『サンモニ』炎上商法の限界?“老害番組”で割り切れないレベルに到達…

8月11日、日本ボクシング連盟の内田貞信会長が、『サンデーモーニング』(TBS系)に抗議文を送ったと発表した。 原因になったのは、8月8日放送の『サンモニ』で野球評論家・張本勲氏の口から飛び出した発言。張本氏は女子ボクシングフェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手が取り上げられると、「女性でも殴り合い好きな人がいるん…

つづきを見る

『サンモニ』張本勲“差別発言”で大炎上!「森喜朗と同レベルの感覚」

8月8日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、野球評論家・張本勲氏がリモート出演。番組内で東京五輪・ボクシング金メダリストの入江聖奈選手について差別的なコメントを繰り出し、大炎上しているようだ。 この日の番組では、東京五輪の各種目金メダリストたちを特集。そこで「ボクシング女子フェザー級」の金メダルに輝いた入江選手…

つづきを見る

『サンモニ』張本勲が老害発言!? 大谷翔平の二刀流を批判し続ける理由

7月11日の『サンデーモーニング』(TBS系)で、元プロ野球選手の張本勲が『ロサンゼルス・エンゼルス』大谷翔平の二刀流を批判。またもや野球ファンの視聴者から〝老害〟などと叩かれてしまっている。 番組では、大谷の33号ホームランを伝え、この記録に関してはご意見番の張本も「また打ってくれたか」と絶賛。また「ホームラン王を獲…

つづきを見る

『サンモニ』の“老害コメント”に大ブーイング!「日本人として恥ずかしい」

4月11日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、スポーツコメンテーターとして張本勲氏が登場。昨今のメジャーリーグに苦言を呈し、視聴者からの反感を買っている。 この日の番組では、〝二刀流〟でおなじみのメジャーリーガー・大谷翔平の最近の試合結果を特集。彼の活躍が取り上げられると、張本氏は大谷の打撃を評価しつつ、大谷に…

つづきを見る

『サンモニ』“巨人擁護”の張本勲に喝!「誰が見ても力負けじゃん…」

11月29日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、野球評論家の張本勲氏が登場。プロ野球『日本シリーズ』についてコメントしたところ、ネット上で大きな物議を醸しているようだ。 この日の番組では、11月21日から25日にわたって開催された、『読売ジャイアンツ』(以下、巨人)対『ソフトバンクホークス』の日本シリーズについ…

つづきを見る

『サンモニ』がデマを拡散!?「嘘を流すのはやめてほしい」と怒りの声

8月16日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)では、先日ノーヒットノーランを達成した『東京ヤクルトスワローズ』小川泰弘選手について取り上げる場面が。このニュースに関する番組レギュラー・張本勲のコメントが物議を醸していた。 小川選手がノーヒットノーランを達成したのは、8月15日の『横浜DeNAベイスターズ』戦。初回か…

つづきを見る

ネット上に燃料を投下しまくる“至高のコメンテーター”5人を発表!

今やワイドショーの〝コメンテーター〟は番組になくてはならない存在だ。日々起きる事件や事故、芸能界のスキャンダルに舌鋒鋭く切り込み、その発言が瞬く間に話題になるのも注目を浴びている証拠だろう。その一方、発言力が強いことから、一歩間違えば世間の非難を浴びてしまうことも少なくない。 現在、ネット上を盛んににぎわす“至高のコメ…

つづきを見る