政治

豊田真由子議員の怖すぎる新たな音声データ

「このハゲー!」と秘書を怒鳴りつけ、暴行をしたことで一躍有名になった豊田真由子衆議院議員。先ごろ週刊誌『週刊新潮』が、その豊田議員の新たな暴言の音声データをインターネット上に公開した。その内容は「このハゲー!」をも凌ぐ凄まじいものだった。 「党員だったら分かるよね? 党員名簿見れば!」 秘書が「分かります」と答えると、…

つづきを見る

今井絵里子議員「政治評論家」へ転職か

自民党の今井絵理子参議院議員が近く議員辞職し、芸能界復帰を画策しているという。 「今井とホテルでの不倫疑惑を報じられた相手の橋本健元神戸市議は、刑事事件に発展しそうな不正を働き、今井自身もビール券をばらまいて公職選挙法199条の2の違反を追及されています。着々と議員辞職の時は迫っているでしょう」(政界ライター) 今井議…

つづきを見る

補選直前に醜聞発覚した自民党「麻生派」

10月22日に衆議院議員の補欠選挙が実施される。今回の補選は全て自民党議員の死去に伴う補選なので、余程のことがなければ自民党が勝つだろうと思われる。しかし、そのなかの愛媛3区は少し様相が違っているようだ。 「愛媛3区は自民党麻生派に所属していた白石徹衆院議員の急死によって開かれる補選で、公認候補は白石氏の次男で秘書の寛…

つづきを見る

山尾志桜里議員「不倫情報」をリークした人物

『週刊文春』誌上で妻子ある男性弁護士との不倫疑惑を報道され、民進党を離党した山尾志桜里衆議院議員。その陰に隠れて安堵しているのが、同じく不倫で騒がれた今井絵理子参議院議員と橋本健元神戸市議だ。 「今井陣営は『ようやく世間のターゲットが変わった』と胸をなで下ろしています。神様、仏様、山尾様という感じです」(全国紙政治部民…

つづきを見る

今井絵理子衆院議員に新たなスキャンダル発覚か

印刷業者に架空発注し、政務活動費を騙し取った疑惑が発覚して先ごろ神戸市議を辞職した橋本健氏が、所属していた自民党会派の聞き取り調査に対し、不正を「全て認める」と回答した。 自民党の今井絵理子参議院議員との不倫交際報道では「一線を越えていない」と言っていたが、公金の不正使用については「やっていない」という言葉を覆した。 …

つづきを見る

「辞職しません」豊田真由子議員に地元も困惑気味

秘書に対する「このハゲー!」などのハラスメント発言が発端になり、自民党を離党した豊田真由子衆議院議員が、議員辞職しない意向を固めた。9月8日発売の月刊誌『文芸春秋』の記事中で《引き続き、必死で働き続けることで償っていきたい》と明言している。 記事によると、豊田氏は一連の暴言や暴行について「本当に申し訳ない」としつつ、詳…

つづきを見る

北朝鮮訪問強行!アントニオ猪木の「外交実績」

アントニオ猪木参議院議員が9月7日から北朝鮮を訪問している。6日午後に経由地である中国の北京に到着した猪木議員は「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない」と発言し、滞在中は朝鮮労働党幹部らと会談をする予定だという。 「もともと猪木氏は北朝鮮から9日の建国記念日に招待を受けていました。昨年も同時期に訪朝していますが…

つづきを見る

呪われた前原誠司「民進党代表就任」でまた問題

民進党の前原誠司代表による新たな体制がスタートした。 しかし、幹事長に内定していた山尾志桜里元政調会長の起用を直前に撤回し、大島敦元総務副大臣を任命する前代未聞のトラブルが発生。9月6日に発売された『週刊文春』によって、山尾議員の不倫疑惑が背景にあったことが判明した。 民進党は新たな船出を果たしたばかりだが、前原体制に…

つづきを見る

民進党・山尾志桜里議員に「文春砲」炸裂

芸能界のみならず、政界にも“ゲス不倫”が吹き荒れている。昨年は元自民党衆議院議員の宮崎謙介氏が、グラビアアイドルと不倫をして議員辞職。今年に入ってからは同じく自民党の今井絵理子参議院議員が、橋本健元神戸市議と不倫疑惑を取り沙汰され「一線は超えていない」という迷言を残した。 政治家全体のモラルの問題にまで発展しているなか…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員が婚約相手を語る

“炎上”を武器にしてメディアへ露出を続けている上西小百合衆議院議員が、8月31日に大阪でトークライブを行った。 トークライブでは、森友学園、大阪府の話題、教育論などを展開し、森友学園問題では「大阪で起こったことは大阪で解決しなければいけない。松井知事が森友学園に対して不自然な認可をした。大阪府で百条委員会を設置して追及…

つづきを見る