政治

安倍昭恵首相夫人の「第2の森友学園問題」になりそうな疑惑の交際

安倍晋三首相の夫人である昭恵氏に再び“文春砲”が放たれた。 6月28日に発売された週刊文春によると、60億円を超える補助金を受けている保育大手『ポピンズ』の中村紀子会長が、密かに『昭恵さんを慰める会』を催していたという。6月2日に安倍首相の地元である山口県下関市の老舗割烹旅館で開かれたこの会は、中村氏が後援会長を務める…

つづきを見る

自民党議員が語る麻生太郎財務相が辞任しない本当の理由

公文書改ざんやセクハラ問題など不祥事続きの財務省だが、麻生太郎財務大臣は一向に辞める様子がない。野党やマスコミから批判されても居直るのはどうしてなのか。政治評論家の田原総一朗氏はこれまで、テレビや雑誌連載などで何度も「安倍さんの盾になって政権を守ろうとしているのではないか。麻生さんが辞めれば次は安倍さんが責任追及される…

つづきを見る

蓮舫議員「お前が言うな!」と叩かれる記憶問題

国会で久々に立憲民主党副代表の蓮舫参議院議員のことが話題になった。 蓮舫議員は5月10日に行われた加計学園問題を巡る参院予算委員会の参考人招致で、柳瀬唯夫元首相秘書官に「記憶を自在になくすのか」などと詰め寄った。これに対してインターネット上では《お前が言うな!》という投稿が殺到した。自身の“二重国籍問題”において、記憶…

つづきを見る

加計学園問題で安倍晋三首相の「お友達」が「ご褒美」をもらう

「本件は首相案件」という柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の発言などが記載された面会記録文書の発覚した学校法人加計学園にまつわる問題で、新たな事実が発覚した。それは今年4月に開設した岡山理科大学獣医学部で安倍晋三首相の”友達”が役職に名を連ねていたということだ。 岡山理科大の入学式には多くのマスコミが取材に訪れるなか、角帽に黒…

つづきを見る

外交の場に「私人」安倍昭恵首相夫人が出席

『安倍晋三記念小学校』から端を発した学校法人森友学園にまつわる問題は、財務省の文書改ざんが発覚し、まだまだ終息が見えない状況が続いている。安倍晋三内閣の支持率も低下しており、苦しい政権運営のなか、4月12日に投稿された外務省のツイッターが炎上をしていた。 安倍昭恵総理大臣夫人とドマ・ブータン王国首相夫人との懇談 htt…

つづきを見る

国民のためにならない「政策論争なき政局」森友学園問題

韓国・朴槿恵(パク・クネ)前大統領の友人である崔順実(チェ・スンシル)が、青瓦台(大統領官邸)内に執務室を持ち、官僚らに指示を出していたというのが『崔順実ゲート事件』で、これになぞらえられるのが日本の森友学園にまつわる問題、つまりは『安倍昭恵ゲート事件』だ。 「総理大臣の官舎である首相公邸は、長く昭恵氏の来客用として使…

つづきを見る

森友学園問題で自民党議員「トンデモ暴言連投」して炎上

学校法人『森友学園』の国有地取引に関する文書改ざん問題で、自民党議員からとんでもない暴言が飛び出した。 3月19日の参議院予算委員会でのこと。この日、質疑に立った自民党の和田政宗議員は「党や官邸が徹底調査を指示して、隠蔽の扉をこじ開けなければ、財務省内部で隠されていたかもしれません」と事実に反する発言をし、さらに財務省…

つづきを見る

加計学園問題でも「改ざん疑惑」やっぱりという意見多数

学校法人森友学園への国有地売却を巡る決済文書改ざん問題は、安倍晋三首相や麻生太郎財務相が、どう責任を取れば国民が納得するかという展開へ向かっている。与党自民党の小泉進次郎議員も「自民党という組織、政党は、官僚の皆さんだけに責任を押しつけるような政党ではない」と発言している。 そんななか、3月15日発売の『週刊文春』(3…

つづきを見る

ワタミ創業者に「仕事は生きがい」と発言させた自民党

国会では学校法人森友学園に関する文書書き換え問題で議論が紛糾している。その裏で密かにとんでもない発言をして炎上した国会議員がいる。自民党の渡邉美樹参議院議員だ。ブラック企業の代名詞的存在となってしまった居酒屋チェーン『和民』の創業者である。 「ワタミといえば、2008年6月に過労自殺した社員が残した手紙に《体が痛いです…

つづきを見る

上西小百合氏が森友問題「爆弾証拠」の存在を匂わせる

財務省が森友学園との国有地取引の決裁文書を改ざんしていた問題は、全く収まりがつきそうにない。麻生太郎財務相は3月19日からアルゼンチンで開かれる『主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議』に出席する予定だったが、これを取りやめ、国会の集中審議に出席することになった。改ざん当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁…

つづきを見る