政治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韓国は政界の不祥事を経済改革の糧にすることができるか

現在の韓国は、汚職疑惑によって深刻な政治危機に見舞われている。しかし、投資家に限って言えば一条の光が差し込むかもしれない。 朴槿恵大統領の命運がどうなるにせよ、次期大統領に就任する人物は、抜本的な政治と企業の統治改革を行う使命を帯びることは間違いない。次期大統領の優先課題の一つは、企業統治を改善し、現在捜査されているよ…

つづきを見る

高橋みなみが小池百合子都知事と対談した理由と狙い

元『AKB48』の高橋みなみと、小池百合子東京都知事の対談が実現した。 高橋がパーソナリティーを務めるラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』(TOKYO FM)の1月11日に放送分に、小池都知事がゲストで出演し、お互いの将来を熱く語り合った。 「対談といっても、内容は大人と子供の会話みたいなもので、『リーダー…

つづきを見る

小泉進次郎議員が加藤綾子アナに「出馬しませんか?」

フリーアナウンサーの加藤綾子(31)に、政界進出の可能性が出てきた。そのキーマンが小泉進次郎衆議院議員(35)だという。 「加藤は仕事で進次郎氏に取材をしています。2013年に放映された『FNN参院選 真夏の決断2013』(フジテレビ系)で、リポーターとしてそつのない取材を見せました。それ以前にも両者は、複数回にわたっ…

つづきを見る

参院議員今井絵理子の公開資産にあった「怪しい土地」

  昨年7月に当選した参議院議員121名の資産報告書が先ごろ公開された。その中には元『SPEED』のメンバーである自民党の今井絵理子(33)の名もあった。 「いくら参議院選挙は知名度が有利だと言っても、今井の出馬はさまざまなメディアも驚きました。彼女はツイッターで《日本はプチ戦争状態にも見える》と安保法案を批判していた…

つづきを見る

諸外国に比べて日本では選挙が多い理由は莫大な資金が動くから

「年明け早々の2月か…」などと、永田町では次の選挙についての囁きが聞こえている。 世界に目を向けてみると、日本の国政選挙は欧米に比べて格段に多い。日本は戦後70年間に衆議院と参議院で合わせて50回も選挙が行われているが、これはアメリカ35回、フランス29回、イギリス19回、ドイツ18回などを大きく引き離している。 「ド…

つづきを見る

「政変の年」といわれる酉年の過去の出来事を検証してみた

2017年は酉年。“酉年は政変の年”ともいわれるが、実際はどうなのか。 スキャンダルに揺れた韓国を筆頭に、今年はフランスとドイツでも大統領選挙が行われる。そして、アメリカでは1月中にトランプ新大統領が就任する。来年イタリアのシシリア島で開催されるG7サミットでは、今年三重県で開かれた伊勢志摩サミットから半数以上の顔ぶれ…

つづきを見る

小池百合子都知事が選挙時に掲げた「満員電車ゼロ」の公約はどうなった?

通勤ラッシュの詰め込み電車車両を改善しようと、“満員電車ゼロ”を公約に掲げた小池百合子都知事に、早くも暗雲が漂い始めている。 定員倍増の総2階建て車両を導入することで、混雑を解消しようという施策には、「車両の戸口が1階だけだと乗降に時間がかかって意味がない」といった指摘が以前からあった。また、「ホームも2層にするなどの…

つづきを見る

韓国に有利な協定も日本が関係すると徹底批判する韓国メディア

日韓両政府は安全保障上の機密情報を相互に共有と保護するため、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結した。同協定を結んだことで、これまでアメリカを介して得ていた両国の北朝鮮軍事情報を直接やりとりできるようになる。 「GSOMIAには、交換する機密のランクや提供方法、保安上の原則、閲覧者の範囲、廃棄の方法、紛失防止策、…

つづきを見る

Big Imperial Crown Over Russian Flag

プーチン大統領のレリーフiPhone7がロシアで発売!驚愕のお値段は?

ロシアのプーチン大統領といえば、圧倒的存在感を放っている世界的政治家の一人。 12月に来日をし、安倍首相と会談をする予定になっています。 延べ12年間ロシア連邦大統領を務めるほどに人気を誇るプーチン大統領ですが、彼が迎えた今年10月7日の誕生日を記念して、凄いものが発売されました。   プーチン大統領の誕生日を記念して…

つづきを見る

アンケートで「安倍晋三嫌い」が84%…支持率とかけ離れた数字の意味とは?

TBSラジオの番組『森本毅郎 スタンバイ!』が、10月21日の放送で“安倍総理、好きですか? 嫌いですか?”をテーマにリスナーへアンケートを行った。 このアンケートには1053通の返信が届き、森本は「応募総数が凄まじいんですよ」と驚いていた。

つづきを見る