政治

紗栄子いずれは政治家!? 政策に疑問を呈してアンチも拍手喝采!

タレントでモデルの紗栄子が、政府の打ち出した〝マスク2枚を配布する〟という方針について、自身のインスタグラムで疑問を呈した。 紗栄子は4月2日、「STAY HOME」と書かれたキャンパスの画像を投稿。そして長文で自らの思いを語った。まず彼女は新型コロナウイルスについて、《国内外のたくさんの情報を調べること、そしてどの情…

つづきを見る

『King Gnu』政府への“マトモな要望”に批判続出「甘えんなカス!」

人気バンド『King Gnu』のボーカル・井口理が、政府に盾突く発言をして一部から批判を浴びている。 井口が怒りをあらわにしたのは、新型コロナウイルスを巡る政府の対応だ。知っての通り、現在のエンタメ界は自粛や密集対策のあおりを受け、産業そのものが成り立たなくなっている状況。特にライブハウスやコンサート会場でクラスター感…

つづきを見る

『笑点』円楽の“安倍政権批判ネタ”が炎上「ちっとも笑えない」

3月29日、新型コロナウイルス感染拡大防止により、『笑点』(日本テレビ系)が54年の番組史上初めて無観客で放送された。しかし、無観客の物珍しさもさることながら、ネット上では〝とある大喜利〟が物議を醸すこととなった。 問題の回答をしたのは、番組では紫色担当の6代目三遊亭円楽。お題は、去る2月11日に亡くなった元プロ野球監…

つづきを見る

八嶋智人“ツイ消し逃亡”にファンもドン引き…イタい投稿にも呆れ声

俳優・八嶋智人が自身のツイッターの投稿を削除し、〝逃亡〟を図っていたことが発覚。ネット上で物議を醸している。 八嶋は3月2日、新型コロナウイルスによるイベントの自粛要請に対して、《僕らはね、やりたいのです、やるために、たくさんの準備をするのです、今だから、来る人が困難な人は来ない方が良いし、でも来たい人は来たら良いとい…

つづきを見る

北川景子“仕事セーブ”に囁かれる「妊活説」と「政界進出準備説」

女優の北川景子が仕事をセーブ気味にしているともっぱらだ。夫のDAIGOとは円満夫婦と評判で、妊娠していても不思議はないが、どうもそうではないようだ。 「政界に進出してくるという声が最近、日に日に大きくなっています。〝北川議員〟として準備が進んでいるので、表立った芸能界の仕事を減らしているそう。目ヂカラがあるし、知性的な…

つづきを見る

つるの剛士“偽善ツイート”で批判続出「羞恥心ないの?」

タレント・つるの剛士が投稿した政治ツイートに、ネット上で賛否が寄せられている。 周知の通り、現在、メディアでは内閣総理大臣が主催する公的行事『桜を見る会』における問題が連日取り沙汰されている。同イベントの出席者は慣行として1万人程度に収められていたが、第2次安倍政権の発足以降、出席者と予算は年々増加。今年度の出席者は1…

つづきを見る

Exif_JPEG_PICTURE

河野大臣の“エゴサーチ力”が国防レベル!? SNSで流行の遊びとは…

河野太郎防衛大臣のツイッターの使い方が、ヘビーユーザーから親近感を持って迎えられているようだ。 2017年8月に外務大臣に就任し、先般の内閣改造では防衛大臣に横滑りするなど、国の外交・防衛政策へ直に携わっている河野大臣。急速に冷え込む日韓関係に関しては当事者的立場であり、一貫して毅然とした対応を取る姿勢を評価する声も見…

つづきを見る

今井絵理子「防災担当」政務官に浴びせられた“秀逸”な罵詈雑言集

防災関連、IT関連、男女共同参画関連を担当する内閣府政務官に就任した今井絵理子参院議員に対し、辛らつな意見が向けられている。批判の原因は先日起きた台風15号の被害状況の視察に千葉県内を視察したときに起きた。 去る9月19日に停電と断水が長期化する君津市と富津市を視察した今井議員は「停電や断水で多くの方が不自由されている…

つづきを見る

小泉進次郎環境大臣の答弁をマネた“ポエム調の自分語り”が大ブーム!?

小泉進次郎環境大臣に早くも逆風が吹いている。その理由は、前環境大臣・原田義昭衆院議員が所轄外の個人の見解として「(福島第1原発の)処理水は希釈して海洋に放出するしか方法がない」と語ったことに対し、国の方針ではないと事実上否定した上で、関係者に謝罪してしまった件だ。しかも謝罪の理由が「福島の漁師の皆さんに思いを馳せなけれ…

つづきを見る

今井絵理子議員の政務官就任に大ブーイング「日本終わってる…」

自民党の今井絵理子参院議員が〝何もしていない〟のに大炎上している。おそらく、当選一期の身でありながら女性活躍担当の内閣府政務官に就任すると報じられたからだろう。直後からツイッターには多くのツイートが投稿され、「今井絵理子」「内閣府政務官」がトレンドランキング入りするほどの声が集まった。 ネット上には、 《また不祥事起こ…

つづきを見る