政治

日本とは全く違う!アメリカの政治家と映画俳優の関係

今年1月のゴールデングローブ賞授賞式で、映画女優のメリル・ストリープが、先のアメリカ大統領選挙を制したドナルド・トランプを暗に批判したことは、日本でもニュースになった。逆にオリバー・ストーン監督は、同選挙でヒラリー・クリントンの不支持を鮮明にしたほか、ロバート・デ・ニーロやジョニー・デップも政治について積極的な発言を行…

つづきを見る

【大炎上】上西小百合議員が浦和レッズサポ挑発!問われる資質

ツイッターで炎上させる発言をして話題を集める有名人は枚挙にいとまがない。上西小百合衆議院議員もそのひとりだ。 7月15日に埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズ対ボルシア・ドルトムント(ドイツ)の親善試合で、浦和が逆転負けを喫したことを取り上げ、ツイッターへ次のように投稿した。 浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなの…

つづきを見る

都議会選挙で「自民党大敗の原因」となった下村博文はどうなる?

加計学園から200万円のヤミ献金があると報じられた下村博文元文部科学大臣。先の東京都議会選挙で自民党が大敗した要因のひとつになったのは間違いない。 「ヤミ献金疑惑については、きちんとした会計帳簿や領収書で説明しない限り、国民は納得しないでしょう。本人は『疑問の点があれば都議選が終わった後に丁寧にお答えする』としていまし…

つづきを見る

安倍晋三首相と小池百合子都知事の対立が激化する2つの理由

7月2日に投開票が行われた東京都議会選挙は、自民党が歴史的な惨敗を喫した。この選挙は地方選挙のひとつだが、“国政の先行指標”ともいわれ、安倍晋三首相の今後の政権運営や、衆院解散戦略に大きな影響を与えるのは間違いない。 下馬評でも小池百合子東京都知事率いる地域政党『都民ファーストの会』が優勢といわれていたが、森友学園や加…

つづきを見る

豊田真由子議員の次は民進党蓮舫代表か?「侮辱行為」疑惑が浮上

秘書に暴行したり暴言を浴びせ、その責任を取ると離党届を提出した自民党の豊田真由子衆議院議員に対し、民進党の蓮舫代表が批判を繰り広げたが、この蓮舫代表には「他人をとやかく言えるのか」という声が挙がっている。 「昨年11月18日に放送されたバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、テレビカメラを東…

つづきを見る

Studio portrait of a hysterical long blond girl

豊田真由子議員「このハゲー!」が早くも流行語候補に

秘書への暴言や暴行で自民党に離党届を提出した豊田真由子衆議院議員の「このハゲーっ!」と叫ぶ音声が、さまざまな波紋を呼んでいる。 「豊田議員の大絶叫する声がテレビで繰り返し流れる様は、“号泣県議”として有名になった元兵庫県議の野々村竜太郎のことを思い出させます。地元有権者からは、議員辞職を求める声が日に日に強まっています…

つづきを見る

今井絵理子議員に問われる資質「当選後1年経過」ツイッター炎上

自民党の参議院議員で元『SPEED』の今井絵理子議員に対し、「もう辞めた方がいい」との厳しい意見が方々から出ている。彼女は昨年7月の参議院議員選挙に自民党公認で出馬し、初当選を果たした。 「当選のあいさつで沖縄の基地問題を聞かれ『東京に住んでいるので分かりません』と発言。今井議員は立候補する前の安保法制議論が大詰めだっ…

つづきを見る

「このハゲー!」豊田真由子議員のドン引き高校時代エピソード

6月22日発売の『週刊新潮』誌上で、政策秘書への罵詈雑言と暴行が報道された豊田真由子衆議院議員。発売前日には隠し録音した音声が公開されたため、発売日には大手メディアも大きく報じた。 豊田議員は自民党に離党届を提出し、現在は入院中だという。暴力を振るった政策秘書とは和解に向けて話し合いをしているそうだが、この件はインター…

つづきを見る

加計学園で被害者装う文科省は「保育園落ちた日本死ね」の加害者

医学部も獣医学部も、新設されると“既得権益者”の利益を棄損させる。しかしながら、あからさまに“阻止”を掲げると行政面でも世論上も都合が悪い。そこでどうするかというと、新規参入のハードルを上げるのだ。国際医療福祉大や成田市が、国家戦略特区を活用した学部新設にあたって掲げたのが“国際医療学園都市構想”だ。 一方、岡山理科大…

つづきを見る

首相官邸VS文科省の争いは「新国立競技場白紙撤回」からだった

加計学園の獣医学部新設(愛媛県今治市)に関し、前川喜平前文科省事務次官が「行政が官邸によってゆがめられた」と発言した背後には、2015年からの官邸VS文科省の暗闘がある。 第1幕は、新国立競技場新設案件だ。 文科省は、ザハ・ハディド案を採用した新国立競技場の総工費膨張と白紙撤回で、世論の袋叩きに遭い、日本スポーツ振興セ…

つづきを見る