整形

ファーストサマーウイカに“整形”推奨! 新庄剛志の発言に「失礼すぎる」

3月13日放送のバラエティー番組『トークィーンズ』(フジテレビ系)に、元プロ野球選手の新庄剛志が出演。わかりやすい失言をして話題になっている。 新庄といえばこれまでに、何度も自身の整形手術を明かしており、整形に対して非常にフランクな価値観を持っている。そして今回もその一面が露わに。新庄はファーストサマーウイカと対談して…

つづきを見る

水沢アリーの“鼻”が違和感バリバリ…「もうパーティーグッズやん」

「第二のローラ」としてバラエティーで人気を博したタレント・水沢アリーが、3月5日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演。以前から公表している整形について語った。 番組は先週に引き続き、「人生激変 転身ヒロイン10連発」と題して、TVで見かけることが少なくなった売れっ子タレントの現在に迫った。番組の取材スタッ…

つづきを見る

てんちむ“なりたい顔”ランクインに歓喜も…ネット民からツッコミ殺到のワケは?

ユーチューバーのてんちむが1月14日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。《高須クリニックのなりたい顔ランキング9位だったと聞きました。ありがとうございます》と感謝のコメントを投稿した。 これは美容外科『高須クリニック』の高須幹弥医師が、自身のYouTubeで発表した、2020年の『美容整形でなりたい顔ランキング…

つづきを見る

峯岸みなみの“整形は努力”発言に批判「チートだろ」「裏口入学みたいなもん」

『AKB48』の峯岸みなみが、11月12日放送のラジオ番組『峯岸みなみのやっぱり今日も褒められたい』(TOKYO FM)で、美容整形に対して持論を展開。その発言内容にツッコミを入れる声が続出している。 今回、番組ではゲストとして〝整形アイドル〟ことユーチューバーの轟ちゃんが登場。美容整形がはびこっているであろう芸能界に…

つづきを見る

元『おニャン子』内海和子の“整形娘”に心配の声「心が潰れてしまいそう…」

元『おニャン子クラブ』の内海和子が、10月29日深夜に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演。娘で、〝整形モンスター〟と呼ばれている地下アイドル・ゆりあんぬと共演した。 内海は「おニャン子クラブ」卒業後、タレント活動と並行しながらカーレーサーとしても活躍していたが、30歳の時に長…

つづきを見る

夏菜の誹謗中傷のキッカケに… 新庄剛志“整形”発言で大チョンボ

誹謗中傷が、以前にも増して敏感な問題になっている昨今のネット界隈。特に芸能界では、より大きなテーマとなっている中、またもバラエティーがキッカケで誹謗中傷事件が起きてしまった。 9月25日、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に元プロ野球選手の新庄剛志がゲスト出演。懐事情から私生活、球界復帰の展望まで、様々な事柄について…

つづきを見る

春菜‟ブスいじり”大矛盾…『スッキリ』整形議論に呆れ「お前が言うな」

9月3日の『スッキリ』(日本テレビ系)で放送され、SNS上で大きな反響を呼んだ〝二重整形特集〟。しかし、話題を呼ぶ一方で、番組の姿勢に対して否定的な声も目立っている。 番組は10代の二重整形が増えているという事例を特集し、娘の整形を許可したという母親のSNS投稿を紹介。投稿によると、娘は小5のころ、男子の心ない一言で一…

つづきを見る

KABA.ちゃん“メンテナンス”で工藤静香ソックリに!?「ウリ二つ」「双子だ」

8月29日、タレントのKABA.ちゃんがインスタグラムを更新し、セクシーなハイレグ姿を披露。ネット上では、「工藤静香にソックリ」などと驚きの声が上がっている。 この日、KABA.ちゃんは、テレビ番組『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)への出演を告知。《内容は書きませんが、、笑笑、JLO(ジェニファーロペス)様を意識し…

つづきを見る

『あいのり』桃“ネタ”に困窮!? 整形の術後報告に「ずっと同じこと言ってる」

恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたブロガー兼タレントの桃が、8月16日にブログを更新。二重まぶた埋没手術から10日経過したことを報告した。 彼女はブログへ《なんか、今回は前回より幅広めにしたせいか… まだ、目を半めにすると、ガタガタしてる感じはあります 埋没は大体1ヶ月くらいで、理想の感じに…

つづきを見る

KABA.ちゃん“再メンテ”でさらに美しく…「無理しないで」

タレントのKABA.ちゃんが〝メンテナンス〟に行ってきたことを明かした。ますます美に磨きがかかる彼女に、ネット上では「やり過ぎないで」と、心配の声も上がっている。 「KABA.ちゃんはこれまで何度も美容整形手術を受けており、2016年には性別適合手術と声帯手術を受け、本名も『永次』から『一華』へと変更。内外ともに〝女性…

つづきを見る