新木優子

堀内健がヤラセ!?『ネプリーグ』漢字クイズでワザと時間オーバーか…

『ネプチューン』の堀内健が、6月20日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)にレギュラー出演。番組終盤に痛恨のミスを犯した。視聴者は堀内が番組を盛り上げるため、わざと正解を出さなかったのではと指摘している。 堀内は原田泰造とともに映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』チームに加わり、ディーン・フジオカら俳優たちと…

つづきを見る

Kōki,超え!? 新木優子の“美脚写真”に「パリコレモデルも目じゃない」

俳優でモデルの新木優子が5月25日に自身のインスタグラムを更新。私服を公開し、ファンから驚きの声が上がっている。 新木は《撮影の日の私服》と綴り、グレーのパンツと初夏を感じさせる爽やかなブラウスの私服を披露した。 この投稿をInstagramで見る 新木優子(@yuuuuukko_)がシェアした投稿 新木の圧巻のスタイ…

つづきを見る

『笑ってコラえて』ヤラセ疑惑! 新木優子の企画に「隠す気なくて草」

俳優の新木優子が出演した8月18日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に、ヤラセ疑惑が浮上している。 スタッフが街で困っている人を探し、芸能人を3時間貸し出して問題を解決する企画『○○さん、貸しますの旅』を放送。新木が人助けした。 スタッフは新木に3つの候補を提示。このうち秋葉原で〝27歳の女性…

つづきを見る

中川大志『ボク恋』初回5.7%で大爆死! 離脱者続出「完全スルーします」

俳優・中川大志が主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)第1話が7月4日に放送。世帯平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。 同ドラマは、殺し屋・男虎柊(中川)を中心に物語を展開。柊は5歳で両親を亡くし、父親の親友・男虎丈一郎(藤木直人)に育てられたが、ある日、…

つづきを見る

森七菜“初ジュエリー”の思い出と意気込みを告白「心が躍ります」

1月14日、『第32回日本ジュエリーベストドレッサー賞』が都内で開催。女性部門からは、女優の森七菜、新木優子、戸田恵梨香、小池栄子、そして斉藤由貴、田中美佐子らが選出され、表彰式に出席した。 受賞についての感想を聞かれると森は、「初めてのジュエリーは、昨年の誕生日に母にもらった馬のジュエリーです。初めてそれを見た瞬間に…

つづきを見る

新木優子の“超絶脚長”写真に驚愕…「逆に怖い」「等身バグってね?」

女優の新木優子が7月14日、自身のインスタグラムを更新。タイル地の背景で全身ショットを撮影するという〝強気な姿勢〟と、スタイルの良さに驚きの声が続出している。 圧倒的な小顔と、某メディアに〝12頭身〟などとあおられるほどの美脚を持つ新木。昨年10月から放送されたドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)では、主人公の元カ…

つづきを見る

田中みな実を新木優子が“公開処刑”!「比べたらかわいそう」

花王の制汗デオドラント剤・ニベアの新CMで、田中みな実が〝公開処刑〟されてしまったようだ。 「夏ニベア宣言篇」では、田中とモデルの新木優子が登場。夏空を思わせるブルーバックの前で脇を上げ、爽快さをアピールした田中だが、いかんせん26歳の新木の前ではフレッシュさに欠けるのは明らか。ネット上では厳しい声が上がっている。 h…

つづきを見る

新木優子の“大人ビデオ”っぽい男性品評に大興奮 今週のえちえち女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。 旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、「ちょっとエッチな話題」と「注目の可愛い女子」のランキングと記事をご紹介します。 1位 新木優子 : 新木優子“エロ企画”っぽい男性品評に大興奮「どっかで見たことある」 324…

つづきを見る

新木優子“エロ企画”っぽい男性品評に大興奮「どっかで見たことある」

1月5日放送の『行列のできる法律相談所』年始特番(日本テレビ系)に女優の新木優子がゲスト出演。男性の手が好きという新木は、ある企画に挑戦したが、その光景に男性視聴者は「セクシービデオみたいだ」などと興奮の声を上げた。 この日、司会を務めた明石家さんまは新木がお気に入り。「会いたい人」との番組テーマにちなみ出演オファーし…

つづきを見る

新木優子『モトカレマニア』大惨敗で囁かれる“フルオープン”の懺悔

10月期唯一の〝ラブコメ〟として期待された女優・新木優子の連続ドラマ初主演作『モトカレマニア』(フジテレビ系)が、12月12日放送で最終回を迎える。 「連ドラは通常、10話放送。全9話で終了ということは、明らかに低視聴率が原因の打ち切りでしょう。美人で評判の新木ですが、女優としての評価は最初から〝ハテナ〟でした。案の定…

つづきを見る