最終回

主演級の女優が脇役…ドラマ『城塚翡翠』最終回に不満「無駄遣いだった」

12月25日、清原果耶主演のミステリードラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』(日本テレビ系)の第5話・最終回が放送された。 最後まで小芝風花の使い方がもったいなかったとして、「無駄遣いが否めない」「必要あった?」などと物議を醸している。 「10月より放送が始まった全10話の『城塚翡翠』シリーズ。前半の5話は『霊媒探偵…

つづきを見る

『ポップUP!』ひっそり最終回! 新番組『ぽかぽか』で汚名返上なるか

俳優・坂上忍が司会を務めた情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系、以下同)の後続番組として、今年4月から始まった『ポップUP!』が、12月23日の放送をもって終了した。 早期打ち切りを揶揄する声もあるが、後続番組もすでに暗雲が立ち込めているようだ。 「ポップUP!」はお昼の情報番組としては、放送期間わずか9カ月と…

つづきを見る

『silent』最終回でも視聴率伸びず…期待ハズレのエセ社会現象作品に

キラキラ女子を中心に、社会現象だと話題を呼んだドラマ『silent』(フジテレビ系)の最終回が12月22日に放送された。 最終回の平均世帯視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、番組最高を記録。有終の美を飾ったかのように見えるが、一度も二桁に乗せなかったことが嘲笑されている。 「同作は若年層の支持が…

つづきを見る

『君の花になる』最終回にキンプリファン激怒! 2人以外脱退を大胆パロディー

〝女子中学生の夢小説〟とも揶揄されている、本田翼主演のラブコメドラマ『君の花になる』(TBS系)が、ついに最終回を迎えた。 12月20日に放送された第10話に、ジャニーズグループ『King & Prince』のファンから悲痛な思いを吐露する声があがっている。 最終回では、それぞれの夢のため、7人組ボーイズグループ『8L…

つづきを見る

吉沢亮『PICU』は打ち切りだった? 不自然な最終回にモヤモヤ…

俳優の吉沢亮が主演を務める月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)が、12月19日に最終回を迎えた。 丁寧なストーリーが好評だったが、最終回は投げやり感のある終わり方だったとして、視聴者から落胆の声があがっている。 最終回では、北海道で大きな地震が発生。丘珠病院の「PICU(小児集中治療室)」科長・植野元…

つづきを見る

『アトムの童』超胸クソ最終回にクレーム殺到!「実はいい人でしたは無理」

俳優の山﨑賢人が主演を務める日曜劇場『アトムの童』(TBS系)の最終回が、12月11日に放送された。 取って付けたような大団円に、視聴者からは疑問の声が噴出。親友を死に追いやった相手と和解する様子が物議を醸している。 主人公は「ゲーム業界のバンクシー」と称された、謎の天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑)。最終回では、那…

つづきを見る

『アトムの童』最終回が台無し…意味不明な4分間の回想「尺調整がバレバレ」

俳優の山﨑賢人が主演を務める日曜劇場『アトムの童』(TBS系)の最終回が、12月11日に10分拡大で放送された。 しかし、せっかく拡大した10分間の演出をめぐり、視聴者からは「有意義に使ってよ!」と呆れ声が続出している。 主人公は「ゲーム業界のバンクシー」と称された、謎の天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑)。最終回では…

つづきを見る

『六本木クラス』最終回で原作改悪! まさかのオチに不満「事務所NGなの?」

9月29日、竹内涼真の主演ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)の第13話・最終回が放送された。クライマックスシーンが物議を醸している。 同作は、韓国で放送されて大ヒットし、『Netflix』経由で日本でも大ブームを巻き起こした『梨泰院クラス』を、日本版としてリメークした作品。 主人公の宮部新(竹内)は、金と権力を振り…

つづきを見る

男女=恋愛はもう古い? メイン2人が“くっつかない”ドラマ急増中!

9月19日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。同作をはじめ、メインキャストの2人がくっつかないドラマが増えたと話題になっている。 刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。 そこには、天才で理屈っぽく、ひね…

つづきを見る

橋本愛『家庭教師のトラコ』最終回でとんでもない視聴率に…「酷すぎる」

9月21日、橋本愛の主演ドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)の第10話・最終回が放送された。最後にとんでもない視聴率を叩き出して話題になっている。 根津寅子(橋本)は「どんな志望校も合格率100%! しかも授業料はお任せ!」という伝説の家庭教師。 彼女に依頼したのは、30代、40代、50代と、年齢も抱えている問題…

つづきを見る