朝の連続テレビ小説

朝ドラ『エール』視聴者離れ加速!? 再放送突入で見切る人続出か…

俳優・窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』第65話が6月26日に放送。エンディングでは「来週からは『エール』を第1回より再放送します」とテロップで告知された。 同ドラマは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月1日から撮影が休止に。NHKは収録済みのストックが切れた場合、放送を一時中断すると発表していた…

つづきを見る

NHK朝ドラ新ヒロイン・清原果耶に“放送前セクシー”オファー殺到!

〝ネクストブレーク〟の若手女優筆頭、18歳の清原果耶にグラビアオファーが殺到中だ。彼女は来年前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに決定したばかり。 「今後、ブレークは間違いない。グラビア、写真集のオファーをしない方が損。清潔でルックスはイケるし、豊満な体は男性ウケも確実。来年の朝ドラ主演ですが、時間は十…

つづきを見る

許せん!朝ドラ『エール』二階堂ふみの“演技”に悲鳴「これだから平成生まれは…」

6月3日放送のNHK朝の連続ドラマ小説『エール』第48回で、ヒロインの音(おと)を演じている二階堂ふみの〝とある行動〟に視聴者から悲鳴が上がっている。 視聴者をザワつかせているのは、世界的オペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)から、音がレコードを受け取るシーン。音は「環先生が褒めてくださったって主人にも伝えます」と言いながらレ…

つづきを見る

朝ドラに『新しい地図』メンバー投入!? 好調キープのダメ押し策か

NHKの連続テレビ小説『エール』に稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾からなる『新しい地図』のメンバーが登場する可能性があるという。現在、同作は徐々に視聴率を上げており、5月19日の回は22.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と番組最高を記録。20日に22.0%、21日に21.7%と好調が続いている。 「テレビ小説は、…

つづきを見る

朝ドラ『エール』松井玲奈“主役食い”好演の裏で囁かれるホントの評価

NHK連続テレビ小説『エール』に出演中の松井玲奈の評判がいい。彼女は『SKE48』の出身。今年10月に卒業コンサートを行う予定の松井珠理奈とともに〝ダブル松井〟と呼ばれ、トップ人気を博した。2014年の「AKB48選抜総選挙」では、全体で5位に入っている。 「AKB出身は大成しないという芸能界の評判の中、数少ない勝ち組…

つづきを見る

朝ドラ『エール』大ピンチ!? 二階堂ふみの“怪情報”が原因か…

NHK連続テレビ小説『エール』に出演している女優・二階堂ふみの〝怪情報〟が出回っている。同ドラマはいまひとつパッとしないのだが、何か関係があるのだろうか…。 「3月30日のスタート初週から週平均視聴率は19%台。しかも3週連続で19%台でした。これは近作ではかなり低い出足です。例えば、昨年同時期に放送された広瀬すず主演…

つづきを見る

朝ドラ『エール』“イケボイス”のナレーションがナゼか大不評!?

NHK朝の連続テレビ小説『エール』の視聴率が好調だ。4月17日放送の第15話の平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で、今後予定されている5月1日の放送では、主人公が幼少期から憧れる重鎮の作曲家・小山田耕三役に、先ごろ亡くなった志村けんさんが登場する予定。今から20%超えが確実視されている。 そんな中、…

つづきを見る

朝ドラ『エール』に賛否! 窪田正孝“フラッシュモブ”に「クソダサい」

昭和を代表する作曲家の半生を描く、NHKの連続テレビ小説『エール』第1話が3月30日に放送され、話題になっている。 同ドラマは、戦後の復興の中、作曲家・古山裕一(窪田正孝)と歌手を目指す関内音(二階堂ふみ)夫婦が、人々の心を音楽の力で勇気づけようとする様子を描いていく。第1話からかなり斬新な演出が取り入れられており、早…

つづきを見る

稲垣吾郎“スカーレット医師役”は『ドクターX』テコ入れ出演の布石!?

元『SMAP』の稲垣吾郎が、この春に大きな動きを見せる。稲垣はNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演が決定。3月上旬の第22週から医師・大崎茂義役として登場し、ドラマ終盤の話題を狙うようだ。 「圧力や女性問題が絶えないジャニーズに、NHKもいつまでもご機嫌取りをする必要がないのでしょう。今後、稲垣については積極的に…

つづきを見る

広瀬すず『なつぞら』後の評価“真っ二つ”…大女優か大根女優か

女優・広瀬すずの評価が真っ二つに割れている。〝大女優〟なのか〝大根女優〟なのか、両極端の見方だ。 「NHK連続テレビ小説100作目の記念となる『なつぞら』に主演し、女優として大きなハクが付いたのは間違いありませんが、評価そのものが上がった感じはしません。放送終了後も女優としての引きがあるとも聞きません」(テレビ雑誌編集…

つづきを見る