朝の連続テレビ小説

NHK朝ドラ『まんぷく』帰還兵が“肌つやつや”とツッコミ続出

高視聴率をキープしているNHK連続テレビ小説『まんぷく』。11月1日放送の第28回では、終戦後、行方不明だった忠彦(要潤)が帰還し、歓声の声が上がった。 ネット上では、妻の克子(松下奈緒)と4人の子どもたちに囲まれる忠彦に対して、「戦死しなくてよかった」「やっと帰ってきたね。よかった、よかった」「いつも無口な忠彦さんが…

つづきを見る

「目の前で子作り」を命じる『まんぷく』松坂慶子の無茶ブリにドン引き

10月31日に、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』第27話が放送された。 この回でヒロイン・福子(安藤サクラ)の母・鈴(松坂慶子)がトンデモナイことを言い出し、視聴者を騒然とさせた。 鈴は福子と萬平(長谷川博己)の結婚を快く思っておらず、事あるごとに福子&萬平夫婦に愚痴をぶつけてくる。ここ数話でよく漏らしている愚痴は、…

つづきを見る

「戦時中にデブ過ぎ!」朝ドラ『まんぷく』松坂慶子に失笑のシーンとは

女優の安藤サクラが主演を務めるNHK連続テレビ小説『まんぷく』が快調だ。 第1話23.8%でスタートした視聴率はその後、ずっと20%台をキープしており、18話までの平均は21.9%と、ほぼ満点のデキ。もちろん、その分、いろいろな話題にも事欠かない。 10月24日放送の回では、主人公・福子(安藤サクラ)の母・鈴(松坂慶子…

つづきを見る

永野芽郁『半分、青い。』後の出演を控える“訳あり”の理由とは

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン、女優の永野芽郁が、来年3月公開の映画『君は月夜に光り輝く』で北村匠海とダブル主演を務めるという。永野にとっては朝ドラ後、初の映画出演だ。 永野が主演を務めた『半分、青い。』は、平均視聴率が21.1%と好評だった。近年の朝ドラは『あさが来た』が23.5%、『とと姉ちゃん』が…

つづきを見る

有村架純『ひよっこ』続編決定にナゼか「落胆の声」が上がるワケ

女優の有村架純がヒロインを務めたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の続編が作られることが決定し、ネット上では賛否両論が飛び交っている。 『ひよっこ』は、有村架純演じるヒロイン・前田みね子が“金の卵”として上京し、仲間たちと励まし合いながら仕事や恋愛に奮闘する姿が描かれた作品で、平均視聴率も20.4%と高視聴率を記録した…

つづきを見る

NHKの新朝ドラ『まんぷく』スタート直後から大不評の連続なわけ

女優の安藤サクラが主演を務めるNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』が、10月1日からスタートした。第1話では、今井福子役の安藤が女学校を卒業後、一流ホテルで電話交換手として働き始める様子が描かれた。 主題歌は『DREAMS COME TRUE』の新曲『あなたとトゥラッタッタ♪』。ドリカムの楽曲が使用されるのは、1992…

つづきを見る

『半分、青い。』が朝ドラの歴史に残る「クソドラマ」になった3大理由

9月29日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』がついに最終回を迎えた。これほどまでに最終回を待ち望まれた朝ドラは、いまだかつてないだろう。 終了を記念し、同ドラマのツッコミポイントを挙げていこう。 《ヒロインの鈴愛がヤバい》 女優の永野芽郁が演じた鈴愛は、事あるごとに視聴者をイラ立たせてくれた。恩師が隠している重大な…

つづきを見る

『半分、青い。』東日本大震災を「お涙頂戴」に使って大炎上

女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が、今週でいよいよフィナーレを迎える。 22日に放送された第150話では、苦心の上、完成した“そよ風の扇風機”の商品化のために、投資家に向けたお披露目会が開かれたが、その最中に「東日本大震災」が発生。まさかの展開にネット上では、「気になって月曜日まで待…

つづきを見る

広瀬すず『モデル卒業』の涙が「ワザとらしい」と悪評ぞろぞろ

若手人気女優の広瀬すずに「ウソ泣き娘」の評判が出ている。女優にウソ泣きは付きものだが、広瀬の場合は演技ミエミエだというのだ。 「よく、こんなことで泣けるなと感心してしまうほど。別に泣くほどのことじゃないのに涙ボロボロ。彼女には、まだ人を欺く演技力がないですね」(芸能ライター) 広瀬は去る8月23日、横浜市で行われたティ…

つづきを見る

朝ドラ『半分、青い。』の脚本家・北川悦吏子が嫌われる理由

NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』が、8月17日にクランクアップした。 ここまで14週連続で週平均視聴率20%の大台を超えるなど、終盤に来てまさに絶好調といったところ。8月24日に放送された回では、原田知世演じる和子さんが亡くなったことが風吹ジュンのナレーションで伝えられると、ネット上では追悼のコメントが広がり、早…

つづきを見る