朝ドラ

朝ドラ『おかえりモネ』爆死&酷評!「展開が読めすぎてつまらない」

8月6日に放送された連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)の第60話が、驚きの低視聴率を叩き出したという。以前から決して評判のよくなかった同作だけに、ここ最近は批判的な声も多くなってきた。 同作は主人公・永浦百音(清原果耶)が、天気に興味を持ち〝気象予報士〟を目指していく物語。第1話の最高視聴率は19.2%(ビデオリ…

つづきを見る

『ナイナイ』矢部も知らなかった!? 無名に“棒演技”…いまいちな朝ドラ俳優

俳優の登竜門と呼ばれ、出演をキッカケにブレークする芸能人も多いNHKの朝の連続テレビ小説。しかし出演したものの、ブレークにいたらなかった俳優も多いようだ。 松下洸平は、2019年9月から2020年3月まで放送された『スカーレット』で主演・戸田恵梨香の夫役を務めた。放送時は「塩顔イケメン!」と世の奥様方を虜にしたのだが、…

つづきを見る

朝ドラ『おかえりモネ』セクハラ撃退シーンに女性から称賛「名言」「カッコいい」

7月20日放送のNHK朝の連続ドラマ小説『おかえりモネ』が、若い女性に色目を使う記者に痛烈な〝カウンターパンチ〟を繰り出し、女性視聴者から歓喜の声があがっている。 同作は、清原果耶が演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、山で豪雨に見舞われたことをキッカケに、気象予報士を目指す物語。やがて故郷の島へ戻…

つづきを見る

上白石萌音がバラエティー軽視? 共演者&視聴者から苦言「休みすぎ」

2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の主演に抜擢されるなど、躍進を続けている上白石萌音。そんな彼女だが、多忙なゆえに俳優業以外が疎かになってしまっているようだ。 視聴者から苦言が寄せられたのは、6月23日放送の『世界くらべてみたら』(TBS系)。上白石は『TOKIO』国分太一と共に同番組の…

つづきを見る

朝ドラ『おかえりモネ』低視聴率の原因は?「全然心に残らない」と冷めた声

俳優の清原果耶が主演するNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第12話が6月1日に放送。世帯平均視聴率が17.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。 同作は清原演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、山で豪雨に見舞われたことをキッカケに気象予報士を目指す物語。やがて故郷…

つづきを見る

朝ドラ『おちょやん』全話20%割れで爆死! 絶賛の声が多いのにナゼ…

5月14日にNHK連続テレビ小説『おちょやん』の最終回が放送されたのだが、平均世帯視聴率は18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、まさかの20%超えならず。近年まれに見る大爆死に、世間の人々からは驚きの声があがっていた。 これまでに放送されたNHK連続テレビ小説の最終回の視聴率を見てみると、まず前作の『エ…

つづきを見る

『BUMP OF CHICKEN』“紅白”出演確定? 朝ドラ主題歌決定に歓喜の声

今年で25周年を迎え、今もなお幅広い世代に人気を博しているロックバンド『BUMP OF CHICKEN』。そんな彼らが新曲発表と同時に、楽曲のタイアップについて公式ツイッターで告知した。期待に満ちた25周年に、ファンたちから歓喜の声が続出している。 告知が行われたのは3月1日のこと。新曲のタイトルは『なないろ』だと発表…

つづきを見る

上白石萌音&萌歌の“朝ドラ起用”が大荒れ…2人が『NHK』に認められたワケ

女優の上白石萌歌が、2022年春スタートのNHK連続テレビ小説に出演すると、2月18日発売の『週刊文春』が報道。ネット上では賛否の声があがっている。 今年秋から放送される朝ドラ『カムカムエヴリバディ』では、姉の上白石萌音がヒロイン役を演じることになっており、姉妹が連続で朝ドラに出演するのはかなり異例なこと。 また、萌音…

つづきを見る

朝ドラ『おちょやん』元“ほっしゃん”登場に嫌悪の声「朝から見るのはキツイ」

NHK連続ドラマ小説『おちょやん』の第49話が2月11日に放送され、平均視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことがわかった。 同ドラマは、上方女優・浪花千栄子がモデルの物語。初回は18.8%を記録し、まずまずのスタートを切ったが、その後、視聴率は低迷。とうとう17%を切る事態となってしまった…

つづきを見る

朝ドラ『おちょやん』元宝塚・星蘭ひとみ出演に驚き「美人すぎてビビった」

1月19日に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説『おちょやん』の第32話に、元『宝塚歌劇団』の星蘭ひとみが出演。その衝撃的な美貌に視聴者が騒然となっている。 星蘭は杉咲花が演じる主人公・千代がエキストラとして参加した映画のヒロイン役として登場。白いドレスに日傘をさして歩く姿があまりにも〝凛〟としていたことで、 《めちゃ…

つづきを見る