本田真凜

「フィギュアの星」本田真凜が大ピンチ!妹の台頭で不仲姉妹へ一直線!?

末っ子がいちばんスゴイ。というわけで、本田姉妹の姉・本田真凜が窮地に立たされている。 「真凜の妹で、5人兄弟の末っ子である紗来が、8月に国際大会デビューしました。優勝には届きませんでしたが、いきなり3回転ジャンプですよ。とても11歳とは思えない完成度に、日本のフィギュア関係者も大きな期待を寄せています」(スポーツ紙記者…

つづきを見る

フィギュアスケート・本田真凛「新しい指導者」に関する不安要素

フィギュアスケート選手の本田真凜が、この春から練習の拠点をアメリカに移す。通っていた大阪府内の私立高校から、スポーツ教育により熱心な地方の高校に転校したのもそのためだ。 しかし本田は、新たな“難題”を背負ってしまった。 「練習拠点を移したのは、次の北京冬季五輪出場を果たすためです。平昌五輪での活躍を期待されたものの、出…

つづきを見る

本田真凛が「海外を拠点にせざるを得ない」理由

フィギュアスケート選手の本田真凜が、今春からアメリカに練習拠点を移す。先ごろ行われた世界選手権の男子シングルで優勝したネイサン・チェンらを指導するラファエル・アルトゥニアン氏に師事するという。 本田は2016年に世界ジュニア選手権の女子シングルで優勝し、翌2017年の同選手権2位と将来を期待される存在だ。平昌五輪のあっ…

つづきを見る

平昌五輪の選手選考で落選した本田真凛はいまなにをしている?

平昌五輪のフィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が2月21日におこなわれ、宮原知子が自己ベストの75.94点で4位に、初出場の坂本花織も同じく自己ベストの73.18点で5位に位置している。 「宮原と坂本のメダル獲得が期待されるなかで、国内では早くも次回の北京冬期五輪に向けた“骨肉の争い”が、フィギュ…

つづきを見る

五輪代表落選・本田真凛の「特番」作ってしまったテレビ局

平昌冬季五輪の出場権が掛かったフィギュアスケート全日本選手権で、注目の女子選手の本田真凛は7位だった。 「本田のファンからは、『かわいそう』との声が多く寄せられました。人気があり、シニアに転向してすぐに化粧品メーカーとのCM契約も決まり、『ポスト浅田真央』の一番手と位置付けられている選手です。メディアに持ち上げられすぎ…

つづきを見る

本田真凜の平昌五輪「逆転出場策」

フィギュアスケートの全日本選手権が12月21日に開幕する。この大会は平昌五輪の代表選手選考も兼ねているが、その平昌五輪に関して不安な情報があるという。 「平昌五輪に関してきな臭い情報が交錯しています。アメリカが北朝鮮との有事を示唆するように、平昌冬季五輪の辞退をにおわせています。ロシアの選手は出場できません。選手個人で…

つづきを見る

女子フィギュア界席巻間近!? 「本田3姉妹」へ期待の声

女子フィギュアスケートの平昌冬季五輪の代表は2枠。これを巡って宮原知子、本郷理華、三原舞依、樋口新葉、本田真凛で争われている。 そんななか、本田真凛の妹たちにも注目が集まっている。 「10月の全日本ノービス選手権で真凛の妹で10歳の本田紗来が優勝しました。将来を嘱望されている選手のひとりです」(体協詰め記者) それだけ…

つづきを見る

化粧品メーカーと大型契約を結んだ本田真凛にかかる期待

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックでシニアデビューを果たした本田真凛が、10月2日に大手化粧品メーカーのコーセーと契約することが発表された。本田は会見で「メイクアップアーティストさんに憧れるくらい、メイクが大好き」と語っていたが、化粧品メーカーとアスリートの契約は“厄介な面”もあるのだという。 「化粧…

つづきを見る

本田真凜・望結の姉妹にかかる「浅田姉妹」超えの期待

3月19日に行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ハンガリー)で、女子シングルに出場した本田真凜(14)が初優勝した。 真凜はショートプログラム(SP)では2位だったものの、フリーで126.87を記録。合計で192.98点を獲得し、2010年の村上佳菜子(21)以来6年ぶり7人目の快挙を達成した。 「前日のS…

つづきを見る