東京都

無免許都議に“公職選挙法違反”疑惑も浮上!「有罪なら一発退場」

免停中に事故を起こしたことを公表せず、選挙に当選した木下富美子都議が、選挙期間中にネットの〝有料広告〟を出していたことが発覚。公職選挙法違反の疑いが浮上している。 疑惑を報じたのは、7月14日に投稿された『しんぶん赤旗日曜版』のツイート。木下氏について、《【スクープ】東京都議選中に無免許運転で事故を起こし都民ファースト…

つづきを見る

東京都“飲食店”に罰金25万円…「深刻な魔女狩り」「矛盾してる」と批判殺到

7月6日に東京都は、緊急事態宣言下で営業時間の短縮に応じなかった飲食店に対して〝25万円〟の過料支払いを命じたと発表。対してネット上では東京都へのヘイトが噴出しており、不満を漏らす声が後を絶たない。 ターゲットとなったのは、1~3月にかけて発令されていた緊急事態宣言下で『営業時間短縮命令』を拒否していた飲食店。東京都は…

つづきを見る

無免許事故の都議は“悪質運転”の常習犯? 免停期間を巡って批判殺到

7月4日に投開票された東京都議選の板橋区選挙区に『都民ファーストの会』から出馬し、当選した木下富美子都議が免停中にもかかわらず無免許運転で人身事故を起こした問題が、さらなる波紋を広げている。 木下氏は2日、板橋区内の交差点で車をバックさせた際、停車中の車に衝突。車に乗っていた男女が軽い怪我をする事故を起こしていたが、こ…

つづきを見る

葛飾区都議選がカオス! ピエロメークにナスの着ぐるみ、当選したらすぐ辞める…

7月4日に投開票を控えた葛飾区の東京都議会議員選挙。定員数4人に対して13人が立候補しているのだが、ネット上では立候補者に対してツッコミが殺到している。 13人が立候補したことで、定員数3人以上の選挙区では、最も倍率が高い激戦区となった葛飾区。その候補者たちはいずれも個性的で、一般的な選挙区とは一線を画している。まず毎…

つづきを見る

『大江戸温泉物語』18年の歴史に終止符! 閉館を惜しむ全国のオタクたち

オタクたちの憩いの場になっていた『東京お台場 大江戸温泉物語』が、9月5日で閉館すると発表され、ネット上では悲しみの声が相次いでいる。 同施設は江戸情緒の中でゆったりと温泉を楽しめるテーマパークとして、2003年3月に開業。18年間にわたりお台場のランドマークとして人気を集めている。また、毎年8月と12月に近くの東京国…

つづきを見る

小池都知事の新キャンペーンに批判!「百合子を“かえる”のが1番効果的」

東京都を含む10都道府県は、6月20日まで緊急事態宣言が発令されている。沖縄県では学校の臨時休校措置を取り、東京都や大阪府、愛知県などでは、飲食店に午後8時までの時短営業を要請。飲食店や施設は要請に従って営業・休業を判断しているが、小池百合子都知事から新たな新型コロナ対策が発表され、都民の怒りが爆発している。 問題視さ…

つづきを見る

東京五輪選手村では“お酒”を提供! 特別待遇に「国民を馬鹿にしてる」と怒り爆発

現在も9都道府県で緊急事態宣言が出されており、国民は不自由な生活を強いられている。そんな中、東京五輪・パラリンピック推進本部事務局が、オリンピックに関する新たな見解を発表。選手村での〝アスリート特別待遇〟が話題となり、怒りの声が噴出している。 事務局は5月31日に開かれた会合で、大会期間中の選手村において、選手による酒…

つづきを見る

平愛梨“弟”の千代田区都議選出馬に大ブーイング! キナ臭いウワサの真相は?

5月30日、タレント・平愛梨の弟で政治家・平慶翔が、東京都議選に国替えで立候補すると、ニュースサイト『東スポweb』が報道。板橋区から千代田区に選挙区を変更するということで、ネット上では批判が殺到している。 慶翔氏は2013年に下村博文事務所に入所し、2016年8月に退所。その後、地域政党「都民ファーストの会」所属候補…

つづきを見る

ひろゆきが小池都知事に苦言!「リーダーがバカだと庶民が困る」発言に賛同の声

4月25日に出された3回目の緊急事態宣言が、6月20日まで延長されることになった。再延長に伴い、小池百合子都知事は都内企業に〝要請〟を発表したのだが、各所から苦言が寄せられている。 小池都知事は、都内企業に午後8時までの終業を要請。臨時会議では「現在の感染状況に即した、効果的で分かりやすい対策を実施する。悪化すれば措置…

つづきを見る

百貨店が小池百合子を論破! 都知事への“お言葉”にネット上から称賛の声

東京都で発令されている緊急事態宣言は、もともとGW期間中のみの〝短期集中型〟だった。しかしギリギリになって5月末までの延長が確定し、事業者や経営者はいつ終わるか分からない〝休業要請〟にピリつき始めている。そんな中、小池百合子都知事の口から〝百貨店つぶし〟とも捉えられる発言が飛び出し、批判が殺到する事態に。 コトの発端は…

つづきを見る