松下洸平

『アトムの童』ヒロイン・岸井ゆきのに不要論?「一番何もしてない」

11月6日に日曜劇場『アトムの童』(TBS系)第4話が放送され、岸井ゆきのが演じるヒロイン・富永海にまさかの〝不要論〟が浮上している。 同作は、山﨑賢人演じる「ジョン・ドゥ」こと天才ゲームクリエイター・安積那由他(なゆた)が、老舗メーカー「アトム玩具」とタッグを組み、大企業「SAGAS」社長・興津晃彦(オダギリジョー)…

つづきを見る

日曜劇場『アトムの童』懐かしの格ゲーにおじさん歓喜「スト2で対戦は胸熱」

10月23日放送の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)第2話で、人気格闘ゲーム『ストリートファイターII』の話題に。全国のおじさんたちが喜びの声をあげている。 同作は、山﨑賢人演じる「ジョン・ドゥ」こと天才ゲームクリエイター・安積那由他(なゆた)が、老舗メーカー「アトム玩具」とタッグを組み、大企業「SAGAS」社長・興津…

つづきを見る

土屋太鳳の濃厚ラブシーンに騒然…『やんごとなき一族』に「放送していいの?」

6月23日、土屋太鳳の主演ドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の第10話が放送された。濃厚なラブシーンに視聴者から驚きの声が上がっている。 主人公の篠原佐都(土屋)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りしていた。 ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズ…

つづきを見る

土屋太鳳“低視聴率”覚悟でドラマ主演へ!「爆死確約」下馬評の行方は…

人気俳優の土屋太鳳が〝低視聴率女優〟と言われることを覚悟して、仕事に挑むという。 土屋は、4月14日より放送開始予定のフジテレビ木曜劇場『やんごとなき一族』で主演を務める。お相手役は松下洸平で、すでにクランクインしているようだ。 原作は『Kiss』で連載中の、こやまゆかり氏作の同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一族…

つづきを見る

『ゴチ』クビメンバーが決定?“売れっ子は卒業”の法則で浮上したのは…

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『ゴチになります』が、残り2戦でクビレースの佳境を迎えている。ここにきて、クビ有力候補が浮上しているようだ。 現在の順位は、以下の通り。 第1位 矢部浩之 6万50円 第2位 岡村隆史 38万9400円 第3位 中条あやみ 52万8200円 第4位 ノブ 65万…

つづきを見る

『最愛』松下洸平にツッコミ殺到!“ありえないシーン”に疑問「なぜ!?」

11月5日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第4話が放送された。作りこまれたストーリーが大好評を博している同作だが、〝ありえないシーン〟が流れて視聴者からツッコミを受けてしまった。 同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平…

つづきを見る

『最愛』田中みな実の“低音ボイス演技”に失笑「見てる方が恥ずかしい」

10月29日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第3話が放送された。田中みな実の演技について、回を増すごとに批判の声が大きくなっている。 同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士…

つづきを見る

吉高由里子『最愛』鬱すぎて悲鳴!「性犯罪は胸糞」「本当気持ち悪い」

10月22日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第2話が放送された。扱われている事件があまりにも胸糞悪いとして、視聴者からはドン引きの声があがっている。 同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守…

つづきを見る

『オールスター感謝祭』吉高由里子の“元カレ”だらけ?「たくさんいるw」

10月9日生放送の『オールスター感謝祭’21秋 30周年超特別版』(TBS系)に、俳優の吉高由里子が出演。共演者に彼女の〝元カレ〟が多くいたようで、ネット上で話題を呼んでいる。 今年で30周年を迎え、60回目の放送となった「オールスター感謝祭」。五輪イヤーということで、10月放送開始の新ドラマや映画に出演す…

つづきを見る

『ナイナイ』矢部も知らなかった!? 無名に“棒演技”…いまいちな朝ドラ俳優

俳優の登竜門と呼ばれ、出演をキッカケにブレークする芸能人も多いNHKの朝の連続テレビ小説。しかし出演したものの、ブレークにいたらなかった俳優も多いようだ。 松下洸平は、2019年9月から2020年3月まで放送された『スカーレット』で主演・戸田恵梨香の夫役を務めた。放送時は「塩顔イケメン!」と世の奥様方を虜にしたのだが、…

つづきを見る