松田聖子

『THE夜会』松田聖子の“顔面”に異変?「顔がない」 今週の“テレビ事件簿”ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します。(10/21配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 THE夜会 : 『THE夜会』松田聖子の“顔面”に異変?「隠す気なさそう」「顔がない」…

つづきを見る

『news23』“松田聖子”特集が不評「今やること?」「チャンネル変えた」

「第49回衆議院議員総選挙」の投票期日が迫ってきている現在、各ニュース番組は選挙の話題で持ちきりに。しかし10月20日放送の報道番組『news23』(TBS系)は、レジェンドアイドル・松田聖子の特集を放送。ネット上で大ブーイングが巻き起こっている。 同日の番組では、デビュー41年目の松田を迎え、キャスターの小川彩佳と対…

つづきを見る

『Mステ』松田聖子の“顔”に違和感…「真っ白」「絶対アップNG」

10月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)35周年記念4時間スペシャルに、歌手の松田聖子が出演。煌びやかな舞台で楽曲を披露したが、視聴者の注目は〝まばゆい照明〟に集まったようだ。 東京・豊洲にある『チームラボプラネッツTOKYO』から中継で登場した松田。1万3千株の蘭が咲く美しい空間で、30年ぶりに…

つづきを見る

『THE夜会』松田聖子の“顔面”に異変?「隠す気なさそう」「顔がない」

歌手の松田聖子が10月14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。『嵐』の櫻井翔と対談したが、まばゆくたかれたライトに視聴者が違和感を訴えている。 有吉弘行らと「夜会ハウス」に待機していた櫻井だが、松田との対談のために着替えて、車でホテル・アンダーズ東京のスカイスイートに移動した。 対談前、櫻井が先に入室し…

つづきを見る

34歳・神田沙也加の“ぶりっ子”にツッコミ殺到!「お母さんソックリ」

歌手で俳優の神田沙也加が5月6日に自身のツイッターを更新。夏を先取りした浴衣写真をアップしたが、その〝近影〟にツッコミが殺到している。 神田は、《わーい発表になりました 今年もcanoneから浴衣が出ます! 今年は林檎飴 #canone》とツイート。自身が手掛けるレーベル『Maison de FLEUR Petite …

つづきを見る

石原さとみ『アンサング』惨敗で窮地!三十路半ばのフルオープンへ… 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(10/1配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 石原さとみ : 石原さとみ『アンサング』惨敗で窮地! 三十路半ば女優の生きる道… 2…

つづきを見る

松田聖子“久々のテレビ出演”で異変「光当てすぎ」「目が痛くなる」

歌手の松田聖子が、9月27日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。スタジオの『関ジャニ∞』メンバーとは別のスタジオで、インタビューに応じた。視聴者は、松田に当てられるライトの強さに違和感を覚えたようで、「まぶしい」「目がいたい」と訴えていた。 松田は、「関ジャニ」メンバーが収録に臨む前に、別スタジオ…

つづきを見る

ももクロ・有安だけじゃない!“担当医”と結婚した大物芸能人たち…

先ごろ、元『ももいろクローバーZ』の有安杏果が、かねて交際を続けていた医師と結婚したことを明かした。 この医師は、有安が「ももクロ」時代から世話になっていたという精神科医。有安よりも24歳上で、結婚に対して、「いつの日も私の健康と幸せを一番に考えて、どんなときも私の味方でいてくれる、そんな安心感と優しさを与えてくれる人…

つづきを見る

松田聖子が紅白歌合戦での「大幅劣化」指摘される

昨年の大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』に出演した松田聖子に対して、“劣化”したという意見が広がっている。 松田は31番目という後半パートの早い段階で登場し、『新しい明日』という11月に発売された曲を歌った。 「紅白は“お祭り”ですから、別に新曲をアピールする必要はないはずです。思いっきり古いヒット曲でも…

つづきを見る

安室奈美恵、中森明菜、松田聖子の紅白歌合戦「目玉争奪戦」

今年の『第68回NHK紅白歌合戦』の目玉は誰になるのかを、女性週刊誌やスポーツ紙が中心となって予想合戦を繰り広げている。最も多く挙がっている名前は安室奈美恵で、“確定”だと報じるメディアもあれば、“落選”だと報じられてもいる。 「安室は昨年、NHKのリオデジャネイロ五輪中継のテーマ曲に『Hero』が使用されていましたが…

つづきを見る