棒読み声優

中村倫也『映画アラジン』の“歌唱力”に落胆の声「字幕で見よう!」

6月7日公開のディズニー映画『アラジン』の公開記念イベントが開かれ、日本語吹き替え版で主役『アラジン』を演じる俳優・中村倫也が出演、主題歌を披露した。しかし、中村の歌声にネット上では「ディズニーこれでええんか!?」「想像以上にヒドかった」と酷評が相次いでいる。 今回の「アラジン」役を務めることについて、中村は自身のツイ…

つづきを見る

HIKAKIN“アニメ声優”に挑戦も「棒読み過ぎる」と落胆の声

4月28日放送のテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系)に、人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)が声優として出演。本人役を演じたのだが、ネット上ではその演技力に落胆の声が上がっている。 HIKAKINが出演したのは『ゲゲゲの鬼太郎』第6期の第53話『自己愛暴発!ぬけ首危機一髪』。この回ではかつて“ウーチ…

つづきを見る

木村佳乃『ハリウッド版ゴジラ』吹き替え決定に「懲りてないのかよ!」

女優の木村佳乃が、5月公開の米映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本語吹き替え版で声優を務めることが分かった。ところが、「ゴジラ」の新作を楽しみにしていたファンからは、「木村佳乃は絶対にないだろ」と落胆する声が多く上がっている。 この作品の声優として、女優の芦田愛菜、俳優の田中圭、前作に引き続き渡辺謙も出演予…

つづきを見る

「棒読みすぎる」新垣結衣の黒歴史!?「アニメ声優」に挑んだ意外な芸能人たち

ディズニー/ピクサーの映画は俳優やタレントが吹き替えすることが多く、『トイ・ストーリー』シリーズは所ジョージ、唐沢寿明などが担当。そして『モンスターズ・インク』シリーズでは石塚英彦や爆笑問題・田中裕二がメインのサリーとマイクを担当した。 アニメ声優に挑んだちょっと意外な芸能人はまだまだいる。 まずは新垣結衣。2006年…

つづきを見る

演技が下手だと言われる佐々木希が吹き替え声優に起用された理由

女優の佐々木希が声優に挑戦する。これが大不評で、どうして彼女の起用だったのか、疑問の声さえ出ている。 佐々木が声優として登場するのは映画『キングコング~髑髏(どくろ)島の巨神~』(3月25日公開予定)の日本語吹き替え版だ。 「2月16日に行われた公開アフレコでは棒読み丸出し。もちろん正式な録音もNG連発。スタッフも呆れ…

つづきを見る