永野芽郁

トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応

1月13日より、菅野美穂と浜辺美波のW主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)の放送がスタートした。しかし初っ端から、視聴者が敬遠してしまう演出があったようだ。 主人公の水無瀬碧(菅野)は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家。〝恋愛小説の女王〟としてかつて一世を風靡したが、今はすっか…

つづきを見る

横浜流星、川口春奈、永野芽郁の共通点とは…大ブレークの裏にあるもの

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』で帰蝶(濃姫)役を演じ、2020年1月に開設したYouTubeチャンネルは登録者数123万人を誇るなど、業界内外に絶大な人気を得ている女優の川口春奈。川口にとって2020年は〝飛躍の年〟となったといえそうだが、そのデビューは今から約13年前、2007年のティーンファション誌『nicola…

つづきを見る

新垣結衣&永野芽衣“もらい事故”…『親バカ青春白書』に嫌悪感爆発!

バラエティータレントとオーバーリアクション俳優のナマクラ二刀流で、「ノリがうざい」などとたたかれながらも日々、ガンバっているムロツヨシ。しかし彼のオーバーな演技が特徴的な主演ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が、右肩下がりの視聴率を記録している。 同ドラマは、永野芽郁が演じる娘を心配するがあまり、父親役のムロまで…

つづきを見る

永野芽郁にセクハラ!?『親バカ青春白書』エロ台詞に批判殺到「かわいそう…」

コメディー大作を数多く手掛けている福田雄一氏が監督を務め、同氏から何度も起用されるほど寵愛されている俳優・ムロツヨシが主演するドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。8月16日に放送された同ドラマの第3話のセリフが、一部ネット上で物議を醸しているようだ。 今回の放送は、友人の思い付きでミスコンにエントリーすることにな…

つづきを見る

新垣結衣“待望ドラマ復帰”に拒絶の声…「見たいけど相手がなぁ…」

女優・新垣結衣が1年8カ月ぶりにドラマへ出演することが発表され、大きな反響を呼んでいる。 出演するドラマは、8月にスタートする連続ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。役どころは、ムロツヨシ演じる小比賀太郎の妻で、永野芽郁が演じるさくらの母親・幸子だという。 ドラマの制作を手掛けるのは、同系ドラマ『今日から俺は!!…

つづきを見る

浜辺美波、永野芽郁、上白石萌音…“清純派若手女優”の恋愛事情とは

売り出し中の清純派若手女優にとって〝恋愛〟はご法度。本人の努力か事務所の努力かは分からないが、熱愛報道が出ることはごくまれだ。しかし〝グレーなウワサ〟が囁かれてしまうことは多いようで…。 最近話題になっているのは浜辺美波。昨年12月放送の『アナザースカイⅡ』(日本テレビ系)で、「今までに彼氏が一回もいたことがない」と発…

つづきを見る

永野芽郁の意外な趣味にファン悲鳴…「それオトコの影響だろ!?」

若手人気女優の永野芽郁に、あらぬマナザシが向けられている。 3月1日、永野は『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し、乗り物好きを生かした〝ドリフトで縦列駐車〟に挑戦。時速60キロで走行する車に乗り駐車スペースへ向けてドリフトをかけ、インストラクターに「ほぼ成功」と言わしめるほど見事なハンドルさばきを見せた。…

つづきを見る

『しゃべくり007』名倉潤のウツロな目に心配の声「そんな簡単に治らない…」

2月24日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、名倉潤らレギュラーメンバーに催眠術を仕掛けるシーンがあった。メンバーは一様に催眠術にかかるフリをしたが、名倉の目がうつろになったシーンでは「名倉の目が怖い」と怯える視聴者が続出。「名倉には催眠術をかけるべきではない」と気遣う視聴者が相次いだ。 この日登場したゲスト…

つづきを見る

深田恭子インスタ投稿大失敗!?「さすがに劣化を隠しきれない…」

深田恭子が2月15日に、自身のインスタグラムに投稿した『UQモバイル』のCMで共演している〝2人の妹〟多部未華子、永野芽郁とのスリーショットが、一部から「大失敗」だと指摘されている。 深田はこの日、《先日、撮影終わりでみんなでごはんに行けたらうれしいなぁと、多部ちゃんが声を掛けてくれて、久々にお出掛けして来ました みん…

つづきを見る

多部未華子“くっきり二重”に騒然!「別人やん」「昔が良かった…」

女優の深田恭子が2月15日、自身のインスタグラムを更新。CMで共演している女優の多部未華子、永野芽郁との〝3姉妹ショット〟を公開したところ、ネット上では多部の顔に違和感を持つ声が続出しているようだ。 深田は投稿で《先日、撮影終わりでみんなでごはんに行けたらうれしいなぁと、多部ちゃんが声を掛けてくれて、久々にお出掛けして…

つづきを見る