永野芽郁

ポスト“綾瀬はるか”が消えた「あの事件」サッカー選手権マネジャーの黒歴史とは

日本テレビ系で中継される『第97回全国高校サッカー選手権大会』の14代目応援マネジャーを、女優の清原果耶が務めることがわかった。 同マネジャーは、これまでに人気女優が何人も通ってきている言わば登竜門のような仕事。今はまだまだ知名度の低い清原だが、これから大女優になる可能性は十分にある。 今回の報道で清原を知ったという人…

つづきを見る

淫行教師・有村架純だけじゃない!“クソ女”を演じて嫌われた女優たち

現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、中学生の生徒と禁断の恋に落ちてしまう教師役を演じている有村架純。このインモラルなストーリーは物議を醸し、有村本人にもバッシングが飛んでいる。 「拒否しながらも、強引に押されて…ならまだ分かるのですが、有村演じる教師は、生徒からのアプローチにあっさり陥落。口では『ダメ』と言…

つづきを見る

ヤメテ!「見たくなかった」悲鳴の上がる最新ドラマのキスシーン3選

恋愛ドラマに欠かせない「キスシーン」。視聴者から黄色い声が上がるはずのこのシーンだが、時には悲鳴が上がってしまうことも。人によっては、「キスが気持ち悪過ぎる!」と言われてしまうのだ。 そこで、最近放送されたドラマの“悲劇的キスシーン”ベスト3を上げていこう。 まずは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のキスシーンだ。…

つづきを見る

永野芽郁『半分、青い。』後の出演を控える“訳あり”の理由とは

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン、女優の永野芽郁が、来年3月公開の映画『君は月夜に光り輝く』で北村匠海とダブル主演を務めるという。永野にとっては朝ドラ後、初の映画出演だ。 永野が主演を務めた『半分、青い。』は、平均視聴率が21.1%と好評だった。近年の朝ドラは『あさが来た』が23.5%、『とと姉ちゃん』が…

つづきを見る

『半分、青い。』が朝ドラの歴史に残る「クソドラマ」になった3大理由

9月29日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』がついに最終回を迎えた。これほどまでに最終回を待ち望まれた朝ドラは、いまだかつてないだろう。 終了を記念し、同ドラマのツッコミポイントを挙げていこう。 《ヒロインの鈴愛がヤバい》 女優の永野芽郁が演じた鈴愛は、事あるごとに視聴者をイラ立たせてくれた。恩師が隠している重大な…

つづきを見る

大沢あかねは長澤まさみよりも人気だった? 子役出身で成功した5人の女性芸能人

2009年から13年にかけて放送された『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK)で、“まいんちゃん”を演じていた福原遥が今年で20歳になる。 “まいんちゃん”として絶大な人気を誇り、“大きなお友達”を大量に獲得してきた福原。しかし、成長してからもそのルックスは崩れず、今や注目の若手美人女優の1人に。ネット上で…

つづきを見る

人気爆発しやすい「ティーン女優」の暗部

昨年に公開された映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインの山内桜良を好演し、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した浜辺美波。彼女はまだ17歳だ。現在放映中のNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で主役を務めている永野芽郁は、この春に高校を卒業したばかりの18歳だ。 彼女たちは“ネクストブレイク”というより、現在ブレイ…

つづきを見る

4月開始の朝ドラ「半分、青い。」に早くも期待が集まる理由

現在放送中の朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)の次に4月から放送が予定されている『半分、青い。』(同)の取材会が1月18日に東京都内で開かれた。このドラマは女優の永野芽郁が主役を務める。 過去の朝の連続テレビ小説では『あまちゃん』(2013年放送)の台詞「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞を受賞。今作の口癖や印象的な…

つづきを見る

Young blonde woman sleeping in the bed

「僕たちがやりました」永野芽郁が不自然バージンキャラな理由

俳優の窪田正孝が主演を務めるフジテレビ系の火曜ドラマ『僕たちがやりました』は、人生を“そこそこ”で生きていければいいと思っている主人公のトビオ(窪田)たちが、事件を起こすところから始まった。そして、別の高校の不良に仲間をボコボコにされ、ちょっとしたいたずら心で仕掛けた不良たちへの復讐が、謎の爆発事件に発展してしまう。あ…

つづきを見る

NHK朝ドラ新ヒロイン永野芽郁の意外な素顔と過去

NHKは6月20日に、来春から放送が始まる連続テレビ小説『半分、青い。』に、女優の永野芽郁が主演することを発表した。同局で記者会見した永野は「誰かの(朝の)習慣になるドラマに出るのは不思議。自分らしく、楽しく演じられたら」と喜びを語った。 NHKのホームページによると、永野が演じる役柄『楡野鈴愛(にれのすずめ)』につい…

つづきを見る