永野芽郁

最大24コ差!年齢差があり過ぎる『ベッドシーン』を演じた役者たち

恋愛ドラマや映画で欠かせないベッドシーンだが、男女の年齢差があり過ぎて「全然キュンとしない…」「むしろ気持ち悪い」などとドン引きされたものもある。 2017年12月に放送されたドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(日本テレビ系)では、女優の藤原紀香が鈴木伸之との濃厚ベッドシーンに挑戦。藤原は胸をさらけ出し、…

つづきを見る

『3年A組』の“ラスト”「それは勘弁して」な結末とは…

毎週日曜の22時30分から放送されている菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)。視聴率は初回10.2%、第2話10.6%、第3話11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と右肩上がりで、注目度も増し続けている。 過激な演出や自殺事件の謎を追うミステリー要素が好評を博しているが、ネ…

つづきを見る

永野芽衣「朝ドラ」後のドラマに『3年A組』をチョイスした理由

昨年、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインを演じ、全国区の知名度を獲得した女優・永野芽郁。 彼女が現在出演している連ドラ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)は、初回の視聴率が10.2%、第2話が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調だ。 「朝ドラのヒロインはその後の仕事が難し…

つづきを見る

23歳で高校生!?『3年A組』川栄李奈の制服姿が「キツイ」と話題に

1月7日にドラマ『3年A組』(日本テレビ系)がスタート。菅田将暉演じる高校教師が教室で生徒29人を人質に取り、1人を殺す展開に視聴者は戦慄を覚えた一方、高校生徒役を演じた川栄李奈には「高校生を演じるには限界」との声も上がった。 ドラマの舞台は卒業式まであと10日に迫った高校。菅田演じる美術教師・柊は朝、生徒を教室に集め…

つづきを見る

永野芽郁“やる気ゼロ”のファースト写真集に非難と落胆の声

ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルも務める女優・永野芽郁が、来年3月に写真集を発売することが決まった。 各メディアでは発売に先立つ先行カットも公開されているが、ファンからは「ガッカリした」と落胆の声が聞こえている。 永野は今年上半期のNHK朝ドラ『半分、青い。』にヒロインとして出演し、一躍注目を浴びた期…

つづきを見る

ポスト“綾瀬はるか”が消えた「あの事件」サッカー選手権マネジャーの黒歴史とは

日本テレビ系で中継される『第97回全国高校サッカー選手権大会』の14代目応援マネジャーを、女優の清原果耶が務めることがわかった。 同マネジャーは、これまでに人気女優が何人も通ってきている言わば登竜門のような仕事。今はまだまだ知名度の低い清原だが、これから大女優になる可能性は十分にある。 今回の報道で清原を知ったという人…

つづきを見る

淫行教師・有村架純だけじゃない!“クソ女”を演じて嫌われた女優たち

現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、中学生の生徒と禁断の恋に落ちてしまう教師役を演じている有村架純。このインモラルなストーリーは物議を醸し、有村本人にもバッシングが飛んでいる。 「拒否しながらも、強引に押されて…ならまだ分かるのですが、有村演じる教師は、生徒からのアプローチにあっさり陥落。口では『ダメ』と言…

つづきを見る

ヤメテ!「見たくなかった」悲鳴の上がる最新ドラマのキスシーン3選

恋愛ドラマに欠かせない「キスシーン」。視聴者から黄色い声が上がるはずのこのシーンだが、時には悲鳴が上がってしまうことも。人によっては、「キスが気持ち悪過ぎる!」と言われてしまうのだ。 そこで、最近放送されたドラマの“悲劇的キスシーン”ベスト3を上げていこう。 まずは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のキスシーンだ。…

つづきを見る

永野芽郁『半分、青い。』後の出演を控える“訳あり”の理由とは

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン、女優の永野芽郁が、来年3月公開の映画『君は月夜に光り輝く』で北村匠海とダブル主演を務めるという。永野にとっては朝ドラ後、初の映画出演だ。 永野が主演を務めた『半分、青い。』は、平均視聴率が21.1%と好評だった。近年の朝ドラは『あさが来た』が23.5%、『とと姉ちゃん』が…

つづきを見る

『半分、青い。』が朝ドラの歴史に残る「クソドラマ」になった3大理由

9月29日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』がついに最終回を迎えた。これほどまでに最終回を待ち望まれた朝ドラは、いまだかつてないだろう。 終了を記念し、同ドラマのツッコミポイントを挙げていこう。 《ヒロインの鈴愛がヤバい》 女優の永野芽郁が演じた鈴愛は、事あるごとに視聴者をイラ立たせてくれた。恩師が隠している重大な…

つづきを見る