池江璃花子

池江璃花子“混合メドレー”出場に疑問「電通のゴリ押し」「適切だった?」

競泳日本代表の池江璃花子が7月29日、競泳混合400メートルメドレーリレー予選に出場。白血病から復帰して挑む2度目の五輪だったが、残念ながら決勝進出はならなかった。 予選2組の第2コースで登場した日本は、中国、オーストラリアなどと競り合うも、3分44秒15で6位、全体では9位に終わり、決勝進出はならなかった。 新種目と…

つづきを見る

瀬戸大也、池江璃花子、内村航平…代表選手の“予選敗退”に様々な反応

東京五輪・競泳の男子200メートルバタフライで決勝進出を逃した瀬戸大也が、自身に対する批判の声について言及。ネット上で物議を醸している。 瀬戸は大会初日の7月24日、本命種目400メートル個人メドレーで、まさかの予選敗退。決勝進出ラインに0.32秒届かなかった。レース後、瀬戸は決勝に向けて体力を温存させる作戦だったこと…

つづきを見る

電通に再び批判殺到! 東京五輪“開催派”も寝返るテレビ放映権のウラ事情

東京五輪のテレビ放映権を、日本最大手の広告代理店『電通』が所持していることが判明。この事実に、国民から怒りの声が噴出している。 『共同通信』によると、5月11日に香港政府は東京五輪の香港でのテレビ放映権を「電通」から買い取る契約を結んだとのこと。香港の民放テレビ局は税制上の問題があり、政府が初めて五輪の放映権を購入する…

つづきを見る

小林麻耶だけじゃない!“スピリチュアル”への傾倒が話題になった芸能人たち

フリーアナウンサーの小林麻耶が、夫で整体師の〝あきら。〟こと國光吟氏に洗脳されていると話題を呼んでいた。 昨年11月にYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局開局!』を開設し、仲睦まじい姿を披露していた2人。しかし、生配信で約15分間の〝瞑想〟を行ったことから、ファンをザワつかせていた。 「同チャンネルの配信当初は、…

つづきを見る

池江璃花子“奇跡の復帰”にウラ事情…パワーストーンの存在に心配の声

白血病から奇跡の復活を果たした水泳の池江璃花子選手。4月3日から10日にかけて開催された『日本選手権水泳競技大会』では、出場した4種目すべてで優勝し、表彰台で涙を流す姿に日本中が感動し、もらい泣きした。 まさに驚異的な回復力といっていいが、そんな池江選手の復活劇に芸人・なべおさみが深く関わっていたことがあらためて注目さ…

つづきを見る

池江璃花子“五輪内定”で日本中が手のひら返し「頑張れ、ニッポン!」

4月4日、競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権2日目が行われ、女子100メートルバタフライ決勝で、白血病から復帰した池江璃花子が57秒77で優勝。400mメドレーリレーの派遣標準記録の57秒92を突破したことで、リレーメンバーとしての東京五輪代表入りを内定させた。これにより、五輪開催の是非をめぐって壮大な手のひら…

つづきを見る

池江璃花子“元気な姿”のウラで囁かれる「手かざし療法」の効力

競泳女子選手・池江璃花子が、3月5日に自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの影響で献血者が減少していることを受け、献血への協力を呼び掛けた。 池江は、 《1人でも多くの方へ、ご協力お願いいたします》 とユーザーに呼び掛け、 《私も、血液内科にいたので、輸血の大切さは身に染みて感じていますが、献血の激減により、不安…

つづきを見る

池江璃花子「公式ホームページ開設」にプンプン漂う〝カネ〟のニオい

競泳女子の池江璃花子が5月8日、公式ホームページを立ち上げた。 池江は去る2月12日に白血病と診断されたことを自身のツイッターで発表。3月13日には、 《東京オリンピックまで499日 1日遅れちゃった まだまだ諦めないぞー!!》 とツイートし、前向きな姿勢を見せていたが、それ以降、更新のない状態が続き、ファンからは心配…

つづきを見る

池江璃花子も病床で心配している日本競泳陣“全滅”の危機

東京五輪に向け、日本競泳陣がピンチに立たされている。不正薬物の使用を取り締まるドーピング検査に対し「防ぎようがない」の声が出始めたのだ。 競泳日本選手権に男子200メートル個人メドレーのエース、藤森太将の姿がなかった。藤森は2016年リオデジャネイロ五輪・同種目で4位入賞を果たしている。東京五輪でのメダル獲得も期待され…

つづきを見る

カンニング竹山「池江にエール」直後に自著宣伝ツイートで批判続出

2月12日、競泳女子の池江璃花子が白血病を公表した。ワイドショーやSNSなどでは多くのタレントがコメントをつづっているが、カンニング竹山の発言が物議を醸している。 竹山は12日にツイッターで「池江さん、絶対に治る!絶対に治ります!」と励ましコメント。竹山といえば、06年12月に相方の中島忠幸さんを急性リンパ性白血病で亡…

つづきを見る